2014年01月

548: ◆OLdrT2DCIg 2011/07/21 15:31:35
4年前に妊娠中に不倫発覚、ストレスから流産し離婚した元旦那から最近来たメール。
携帯からにて、見辛かったらすいません。原文誤字そのままです。

「件名」
久し振り
「本文」
久々にデズニーの映画を見て、思わず連絡してしまった俺を許してくれ。
〇〇はデズニー映画が好きだったね、そんな夢見る少女の様な所が好きだった。

俺は悪い魔女に騙され捕らえられていたんだね、魔女の作った毒リンゴで苦しめられた君に気付かないママ。本当にごめん。
大丈夫、もう魔女はいない、だから安心して助けにいける。
魔女の毒で星になってしまった△△の分まで幸せになろう、今度こそ大切な小さな命を守ってみせるよ。

〇月〇日の俺の誕生日
0時ちょうどに迎えに行くよ
君の好きなデズニー映画の王子のように
ガラスの靴を片方持って
毒ランゴを食べた君を生き返らせに
君の声を取り戻しに

どうか愛のキスでプリンセスが目覚めましよう
そしてそのままベットの上であの頃の様に熱く愛を確かめ合いたい、バースデープレゼントはプリンセシ、なんてな(笑)


気持ち悪い。
ついでに何を勘違いしてるか分からないが、私の好きな デ ィ ズ ニ ー 映画はピクサー作品だ。
つか流れてしまった命をさも自分は被害者だと思っている他人事な口振りにはらわたが煮えくり返りそうだ。

362: 本当にあった怖い名無し 2012/07/29 17:22:34 ID:bfNQ78/s0
自分も欝の“友人”を「頑張ろうよ!」と励まし続けてボロボロにしたよ。

そいつとは長い付き合いだったんだけど、実はそいつには“親友”がいて
私を二人で馬鹿にしまくってた。
中学の時は秘密の打ち明け合いをやろうって言ってきて、私の秘密(身体的
な●形)を聞き出したあと、どうでもよさげな事を打ち明けて、後で私の
秘密を“親友”とやらにバラした。
“親友”は別のいじめっ子に「体育の時に見たんだけど」とバラし、私は
それをネタに徹底的にからかわれて登校拒否までした。

高校の時はそいつが私に親身に接してきて悩みを聞き出し、“親友”経由で
こっそり周りに広めまくった。
恋愛絡みだったんだけど、嘘も織り交ぜてて(私が腐女子で男の子同士の
カップリングを楽しんでる等。“友人”が腐女子だったので思いついたん
だろう)、一部の男子からかなり酷い扱いを受けるようになった。
そしてそれで悩んでる私に「私が打ち消してあげるから任せて!」と行動を
制限させて状況を悪化させまくった。
挙げ句の果てに、「告白して状況を打開しよう!誤解もきっと解けるよ!」
と私に告白させ、もちろん玉砕した。
後で知ったがその彼には“親友”経由で付きあっている子がいて、そこから
私の事が無いこと無いこと吹きこまれていたらしい。

532: 名無しさん@HOME 2012/11/15 13:26:26
ささやかですが…
赤ん坊がビニール袋をちぎって飲み込んでしまいました。
げほげほやってるんだけどでません。
「赤ちゃん相談センター」みたいなとこに電話したら
「すぐ救急車呼んで!」と言われたので呼びました。
その直後にビニールが出ました。
あわてて119に電話しなおしたのですが、
「一度受け付けたら行って患者を病院で診てもらうのが決まり」と言われました。
(あとから子供の救急の本を見ていたら、ビニールを飲んで救急車が必要なのは
ビニールが喉を塞いで、呼吸ができなくなった場合のはなしだったようです、私の説明が悪かった)

そんなわけで健康そのものの赤ん坊を救急車に乗せてもらい、病院に付く間、救急士が
「まあ何もなくてよかったよ。ひまだからおじさんの娘の話でも聞いてよ。
まだ大学生なのにさ、一人暮らしの部屋に男連れ込んでるみたいなんだよ」
とずっとおじさんの気遣いゆえのお話を聞いたときが修羅場でした。
気楽に救急車を呼ばないでと言われている昨今…気まずかったです…

760: 名無しさん@HOME 2014/01/06 21:24:30
元旦那が893から私を勝手に保証人にしてトータル800万の借金をしていた。
私の知らないうちに、自分が中国に売られる準備が着々と進められてたことが最大の修羅場。

546: 本当にあった怖い名無し 2012/08/06 16:59:53 ID:qRgLF8zO0
中学1年~2年で結構ひどい虐め受けてました。
原因が容姿のことだったので、思春期の私にはとても辛かったです。
(今はお化粧で隠せますが…その頃は家でも学校でもどんな理由であれ中学生にお化粧はNGでした。)
陰口だったのが暴言→罵言と変わり、校舎横の裏道で小突き回されたり、お金を取られたりしました。
その癖証拠が残るような事はされず、その上「チクったらもっと非道いメに遭わせるから!」と脅され、どうしようもなくて病んでました。
図書館が安らぎだったのですが、学校の図書館は虐めっ子らが巡回してくるようになり、早退したり休んだりしては市立の大きな図書館で過ごしました。

このページのトップヘ