2014年05月

277: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/12(火) 14:23:56.28
実家にいた時は毎日修羅場だったなあ
池沼の弟が一日中股間弄っててズボンに精○べっとりで家の中徘徊。それも毎日毎日…

私ノイローゼ。
私含め他の姉妹、ドアノブとか家の物を素手で触れなくなり物やティッシュを使う

父親「(ドアノブを)触れぇぇえ!!」
母親「嫌なら出てけぇええ!!」

嫌なんで家を出ました(^O^)


今は妹関係以外での連絡は一切してない。
(妹達が義務教育終了してないから縁は切れないでいる。)
私が4人分稼げたら連れ出してあげられるかもしれないんだけど…

628: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/03(日) 18:34:06.22
さっきまで修羅場だった

俺は家庭板で言うところのエネ夫ってやつだったらしい
だから家庭板デビューしてみた

なんだかんだ言ってもうちは平和だと思ってたが
嫁は本気で母のことが嫌いだったらしい
早く言えww
母も本気で嫁のことが嫌いどころか憎んでるそうだ
口うるさいが腹の底では仲がいいと思ってたんだがな

さっき娘に「お父さん大嫌い、最低」って言われて
はじめてうちが修羅場ってるという実感が沸いたw
俺最低らしい

533: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/02(土) 12:12:07.47
小学校低学年の頃のお話。
下校時、人気のない墓地の間を通り抜けて
繁華街に向かうビルにはさまれた路地に差し掛かったときの事。

ガッシャーンと派手な音とともに、空からガラスの灰皿とガラス片が目の前に降ってきた。
見上げると、歯科医のあるビルの2階の窓が割れていた。
その後、ヒステリックな女の人のわめき声と男の人の怒声が聞こえて
窓から顔をだした男の人と目が合ったので、怖くなって墓地に走って戻り、別ルートで家に帰った。

怖くてしばらく親に話せなかったのだが、親が商店をしていたので
お客さんの話でどうやらそれが夫婦喧嘩だったらしいことを知った。

奥さんが浮気をしていたらしく、責められて逆切れしてガラスの灰皿を窓に向かって投げたそうだ。
繁華街側にいた大人たちがわめき声と、灰皿&ガラス片を見て警察に通報したそうだ。
奥さんがキチが入っていたらしく、先生(歯科医だったらしい)かわいそうねえと話していた。

私がもう少し早くあそこにいたら、ガラスまみれになってさらに修羅場だったと思われ。

46: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/07(木) 09:42:50.25
つなげつつ違う話題に流してみる。

学生時代、友達とアパートをシェアしてたが、二人で何も考えずに近所の猫に餌付けしていた。
その猫は他に本宅があると思っていたが、うちの餌がうまかったらしく、本宅をうちにシフト
していたらしい。(そんなのは向こうが言葉を話すわけじゃないので知る由もないが)
そしてある日帰宅したら、家の絨毯に点々と血がスプラッタ。友達に何が?と焦りつつ掃除してた時、
いつもの猫とは違うミューミュー声が・・・
見ると、自分のベッドの上に猫が増殖していた・・・ もちろん布団はアウトだし寝る場所はないし、
子猫触らせてくれないのに飼い主探さないといけないしで、数日間まさに修羅場だった。

・・・っていう話が実は前振りで。その後数年しての話。

就職して会社の独身女子寮(3LDKマンションの借り上げ。他の独身社員と共同)に
残業して帰宅したところ、共有のリビングの床がスプラッタだった。
前の経験があったから、「・・・誰か猫連れ込んだ?」とかわけのわからないことを思って
とりあえず自分の部屋のベッドをチェック。一応猫はいない。
なぜかほっとしつつ、「もしかしてケチャップか?」とか変に冷静になりながら雑巾とか用意して
掃除しようとしてたら、今度は前の時とは違う鳴き声が。いや「鳴き」じゃなくて「泣き」。
これって・・・人間の小さい方の声?・・・と、いうことに気づいた。
他の二人の部屋をノックして覗いたら、一方が・・・ 人間が増殖してた・・・

その子は、その当日も普通に出勤してて会社で会ってたりしたのだけど、会社の人は
誰も妊娠にすら気づいてなかった。ちょっとふくよかさんだったから。
本人も生理が不順だったので気づいたのはかなり遅かったらしい。しかも、相手の男が
既婚の社員だったことから、社内と社外でまた別の修羅場が連鎖していたとさ。

246: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/29(火) 16:54:32.50
今回の被爆者差別見てると、うちの祖母の昔話思い出す
うちの祖母は広島出身
祖母自身は他県の親戚の所に預けられていて被爆しなかったが、
祖母の母親、つまり曾祖母が被爆して終戦後数年して亡くなった
だから祖母自身は放射能と何の関係も無かったんだが、
年頃になってから被爆者の娘だと言われて結婚できなかった
それでも祖父と知り合って、そんな事関係無いとプロポーズされた
ところがその後、祖父側の家族が別れさせようと総出で祖母を誘拐した
みんなで取り囲んで吊るし上げやったんだが、祖父の伯母がこっそり抜け出して祖父に連絡した
それから夜に全員の隙を付いて祖母を逃がし、
家の近くで待機していた祖父の元へ送り届けてくれた
祖父母は無事他県に駆け落ちして結婚した
最初は苦労したけど小さな会社を立ち上げ、子供に5人も恵まれた
今はのんびり楽隠居の身で、孫の目から見ても仲が良い
放射能や被爆について正しい知識が手に入る今でもこんな騒ぎなんだから、
昔の差別はさぞきつかったんだろうな

このページのトップヘ