2014年08月

168: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/26(月) 01:26:31.31 ID:n/uOqqja
もう数十年以上たってるし社会的制裁もされてるだろうからアホらしい修羅場でも…
小学生の頃の担任の先生は新任教師で、今思い出せばとても可愛かった。
新任教師だけあっておっちょこちょいでドジだったけど生徒皆に優しくクラスの人気者だった。
ただよく生徒指導の怖い先生とかにはそう言った点を叱られてる事が多く
泣きべそをかいてる姿を良く見る生徒もいた。

俺は放送委員でよく給食の時間の音楽の放送やお昼休みに流す音楽の放送等の係をやっていた。
で、俺は物忘れが多い性格で生徒指導の先生に良く叱られてた。
「そんなんだと中学になってからやってけないぞ。成績も悪いししっかりしろや。ただお前は性格が良いし優しいからそう言った長所で頑張れるからめげるなよ!」
と生徒指導の先生は厳しいけど叱った後にちゃんと相手の良いところを褒めてくれたり放課後テスト勉強の面倒を見てくれる良い先生だった。
担任の泣き虫先生も含めて。そのおかげで学校が楽しかったんだけど俺のミスのせいで事件は起こった
放課後になってから思い出した。
放送室のマイクをONにしたままずっとそれを忘れてた。
で、急いで放送室に向かおうとした次の瞬間。
男女の声が校内に大音量で流れた。
「…ほれ…ほれ!!!」
「ちょ…や!だめ…あぁぁぁぁぁ!」
「どれだけよがっとんねんwww」
「だしすぎ…すご…w」
みたいな聞きなれた男女の音声が…

後日二人の教師が居なくなったのは言うまでも無い。
あるいみ俺のせいだ罠w

で、生徒指導の先生と泣き虫の担任の先生は今現在夫婦で仲良く居酒屋をやってます。
俺がその事を掘り返す度に
「過去のことはもう忘れたい」
といわれてます。

36: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/19(月) 20:15:21.43 ID:2VuHfqJC
中学の修学旅行の後。
担任が「修学旅行の件で大事な話があります。LHRの後、皆、部活に行かずに残っているように」と
通達してきたので「何があった…?」「何かやった…?」「野球観戦の時に盛り上がりすぎた…?」と
全員gkbr。

色々話し合ってたら、担任と副担任が箱抱えて入ってきた。
「全員、この箱から一つずつ取りなさい」と指示された箱はポカ○スエットと上等なシャーペン(多分2000円くらい)。
「野球の観戦の時のお弁当に入っていた切り干し大根が傷んでいたそうで、お弁当業者さんからお詫びが届きました。
シャープペンシルは自由に使って下さい。ですがポカ○スエットは教室外への持ち出しは禁止します」
「先生、意味が分かりません」
「要するに今すぐ飲み干しなさい。他の学年にバレてはいけないので」と飲まされたこと。
500mlならともかく、2Lはきつかった。
しかもうちの学年は切り干し大根を食ってたのは一人か二人で、食った奴も特段異常はなかったのだが。

これも修羅場だったが、最大の修羅場は、高校に進学してこの時のことを思い出してネタにしていたら、
「班行動で撮影した記念写真」、私が買った分だけどう見ても心霊写真だったこと。焼き増しだから同じ写真のはずなのに、
私の分だけAくんの肩の辺りに口髭のおじさんがはっきり写っていた。
ネタにしていたのが8月15日だったので、友人達は「私の分は普通の写真だからっ」「私聞かなかったことにする!」と
逃げ帰りやがった。

356: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/02(月) 23:17:26.37 ID:I2uuTpwW
現在進行形の修羅場。自分語りもあってちょっと長くなるんだけど書かせてもらう。
小学生の頃から両親は仲が悪かった。当時平屋の一軒家?に住んでいたんだけど、襖一枚だけで隔てられた向こうの部屋で毎夜両親は喧嘩していた。
自分は長女で弟が二人いるんだけど、まだ小学校低学年と幼稚園の弟がスヤスヤと寝ているっていうのに大声で喧嘩。
テレビのリモコン投げて壊すわ結婚指輪?を投げ合うわ、翌日のゴミ箱にはビリビリに破かれた家族写真が捨ててあったりもした。
静かに気持ちよさそうに寝ている弟達の寝顔を見ては、「弟達は私が守る」とか「離婚になったら兄弟ばらばらになるのかな」とか色んなことを考えながら二人の耳をふさぐように毛布を動かして起こさないように必タヒになってた。
破かれた写真をゴミ箱から出してセロテープでつなぎ合わせたり、捨てられてた指輪を拾って写真と一緒においたりもしたな。
でも小学生の自分はそんなことし続けるのも限界で、おばあちゃんに泣きながら両親が毎日ケンカして嫌だって電話をしてしまったことがある。
離婚してほしくないし、兄弟ばらばらになるのも嫌だって泣いて訴えて、おばあちゃんに両親を説得してもらいたかった。おばあちゃんが言ってくれたら喧嘩もしなくなるかなって、今考えると本当に馬鹿なことをしたと思う。
当然のように、すぐに話は伝わったようでお母さんにものすごく怒られた。
なんで電話なんかしたんだとか、余計なこというなとか、私の理由も聞かないでものすごい勢いで怒られた。
それからはおばあちゃんに助けを求める電話をしなくなった。というか、誰にも話せなくなった。でもそれ以来、両親の喧嘩の声は聞こえなくなった。
だけど、今度は時々パチンコに行くようになった。
夜両親が揃って家をあけることが増えてきて、でも喧嘩の声を聞くこともないし、勝つとD社のビデオとかお菓子とかゲームを持って帰ってくれるようになって、弟達も私も喜んだ。両親も私達が喜ぶのを見て笑ってくれた。
ああもうこれで大丈夫だ、と安心したけど、そううまくいくわけがない。
いつしか両親はパチンコに行くことはなくなった。喧嘩の声も相変わらず聞かずにすんでいたけど、今度はお互いの愚痴を聞かされるようになった。

225: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/28(水) 20:13:48.66 ID:xQPL9O3h
今から30年以上前の小3のとき、土曜の午前中授業が終わり家に帰ってきた。
当時、カギっ子だった俺はいつものように用意してある昼飯を食って、午後は遊びに行こうと呑気に考えていた。

家はアパートだったんだけど、ちょっと変わった構造で、一階部分が駐車場になっていてその上に2階建ての建物があるという形だった。
俺の家は101号室で、下から階段上がってすぐのとこだった。

アパートの下の階段に着いたとき、ふと上を見上げると、2階の手前の部屋(201号室=俺ン家の真上)前に作業服みたいなのを着たオッサンがいた。
そこの部屋は女子大生のお姉さんが住んでいたと思ったが、よ~く見るとオッサンの手には包丁が!

オッサンは片手で包丁を前に突き出すように持ち、もう片方の手でドアノブをガチャガチャと回している。
「え?泥棒?強盗?」
と思いながら、俺はその場から逃げ出すのではなく、オッサンに気づかれないようにそおっと部屋のカギを開けて家に入った。

もちろん、すぐにドアのカギをかけてチェーンロックもした。

124: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/23(金) 11:31:54.51 ID:5kReGzpx
ちょうど10年前の最大の修羅場
姑が作った農薬入りシチュー食べて、病院に運ばれた
結婚三年目で子供を妊娠したことがわかって、お祝いという事で呼ばれて行った義実家で起きたことだった
良姑だったのに、子供ができたことによって何かのスイッチが入って私もろとも子供を殺そうとしたらしい
シチュー食べたら、なんか味おかしいな~苦いような~と考えていたら、嘔吐感に襲われて、トイレで吐いたというところまでは覚えてるけど、気がついたら病院のベッドの上だった
丸二日寝てたらしいが、本当にやばい状態だったらしい
それが原因で、赤ちゃんは空へ旅立ってしまった
義父と夫には泣いて謝られて、姑はお前を殺そうとして今警察に行ってると聞いた
赤ちゃんがいなくなった喪失感+農薬入りシチューのトラウマで、食事ができなくなった
食べても吐いてしまい、常に点滴で栄養をとっている状態だった
今では、何とか食事できるが、時々トラウマが蘇って、吐くことがある
シチューは見るだけで気分が悪くなるようになってしまった
こんな状態では、もう子供は望めないだろうな
これ書いてて思ったが、今でも修羅場続いてると思う
ちなみに姑は塀の高い病院に入ったと聞いたが、正直どうでもいい
今でも生きてるのか知らないけど、生きてるなら今すぐにでも赤ちゃんに詫びてタヒね

このページのトップヘ