2014年08月

432: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/04(水) 17:40:23.78 ID:ICfxAFr0
スレチかも知れないけど…

出会い系で怖い思いをした話。

二年程前、わたしは長年付き合った彼氏にふられてひどく落ち込んでいた。
激やせしてまわりから心配されるくらい。

とにかく悲しくて寂しくて、なんでもいいから気を紛らわせたかった。
それで、ふと出会い系に登録してみた。もちろん、本当に会うつもりなんてまるでなかったけど。
そしたら、色んな男からメッセージが来るわ来るわ。内心「みんな必タヒやな…」と引きながらも、誰かとメッセージを交換しているだけで、寂しさが少し紛れた気がした。

10: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/17(土) 12:22:03.22 ID:zuKP4qbG
優しくて高給取りでイケメンの婚約者が、妹を虐待している鬼畜だった。
しかも性的虐待もあった。
婚約者の子を中絶した妹さんが、周囲の助けもあって覚醒したらしく、
彼女の弁護士さんから連絡があった時は目の前が真っ白だった。
最初は「俺を信じろ」だった婚約者が、だんだんおかしくなって行って、
最後には「俺を信じないのか!」と言って髪を掴んで引きずり回された。
顔をひっかきまくって、昔やっていた空手の蹴りを顔面に入れて逃げた。
もちろん婚約解消したけど、「大人しそうだったから告白したのに、詐欺だ」と言われた。

最近、違う男から告白されて付き合ったら、同じこと言われてふられた。
背が低くて黒髪だからって、大人しそうだと思われるのは心外だ。

833: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/17(火) 23:33:50.72 ID:XcvqC39l
私の4歳の時の話

母、私を連れてデパートに買い物に出かける
 ↓
尿意を催し、母に訴えるも、母「ちょっと待ちなさい、我慢しなさい」で放置
私、我慢しきれずにお漏らし
 ↓
それから私、母との外出をギャン泣きで拒否するようになる
短気な母、ヒステリーを起こし「我儘を言うな!言うことを聞け!」と暴力を振るい、力尽くで連れ歩くようになる
 ↓
目撃した近所の人、保育園の先生、「すわ、虐待か?」と単身赴任中の父と児相に鳩る
 ↓
父&祖母&叔母 激怒
連係プレーで証拠と弁護士を揃え、サクッとリコーン
記憶にないがどうやら母、私をプリン相手との逢瀬に利用してたらしい

先日の姉の結婚式で久しぶりに会った母の妹に、母がK国の男性と結婚して相手の国に渡ったと聞いたので思い出しカキコ
寂しさも懐かしさもない
そちらで骨を埋めてくれ、と思ってる

447: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/04(水) 23:22:42.03 ID:kkC/G6UR
義兄嫁の姉って言う一回位しか合った事ない人に息子チェンジしろって家凸されたww

シングルマザーで息子と同じ年の子がいる。
義兄嫁宅でお盆の時に撮った集合写真とかにいる息子見て、うちの子だ!って思ったらしく、
再婚相手にも、息子だと紹介して写真見せたらしい。


だから夏休み中で息子しかいない我が家に突撃してきた。
アナタは本当は私の子なの!って連れ出そうとしたらしい。
部屋に逃げ込んだ息子から電話が合ったので、駆けつけたら、ドア傷だらけだったわ。

とりあえず連絡してあった義兄と一緒に捕獲した。
話し合いしたが、よくわからなかったわ。
私と王子を引き離すのねーとか、アレと交換しろ!とか、破談したらお前らのせいだーとか。髪の色違うじゃねぇかとか。

最終的に、精神のお薬貰う人なのと、子がいると言う事で相手の家に強制送還で話がまとまった。  


息子が相手の言葉を受けてか、躊躇いがちに、家族だよね?って聞いて来た時は悲しかったわ。

髪の色違うのは、息子が色素が薄いので、明るい茶髪みたいになってるからだし、
妻がお腹痛めて産んだ子が息子なのは間違いようもない。

手首に掴まれた跡みたいなのも合ったし、連絡してる間、ドアをガンガン叩かれてるし、トラウマみたいにならなきゃいい。

322: 1/2 投稿日:2013/08/31(土) 12:54:41.02 ID:cX8kpmuU
小学5年生のある朝、半分寝ぼけた状態で起きたわたし。なぜか毛布を引きずりながら台所のドアを開けた。
が、その台所は炎の柱が立ち上ってて、その炎のまわりで両親が「水ー!!火事ー!!」と大騒ぎしてた。
寝ぼけてるわたしは今一何が起こってるかわからず、ただその光景をぼーっと見てるのみ。
そのうちわたしの存在に気づいた母が「その毛布貸して!」と言うも、わたしは「これお気に入りだから嫌!」と拒否。
両親は燃えさかる鍋の火を何とか消そうとするも、一軒家で消化器なんてなく、仕方なく父が床のキッチンマットで鎮火させようと鍋の上から被せた。

このページのトップヘ