2014年10月

12: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/16(木) 22:26:27.39 ID:yHzpqR5k
28年間彼女いなくて、ぜんっぜんモテた事なくて
告白してはフラれ・・・という人生歩んできた男なんだけど、
この間いわゆるお見合いパーティーって言うのにいってきたら、
「すげー!!これがモテるっていうことか!!」というくらい、女の人にいっぱい話しかけられて、
自分にとっては初めてのモテ体験だったんで、すげー衝撃&感動した。

理由は俺が公務員って言う事だけなんだけど、
「おれ、公務員なんですよ」って一言言うと、相手の女性がパッと明るい顔してくれて
色々話しかけてくれて嬉しかった。
公務員とはいえ高卒の地方公務員なんで、給料も安いし現実には厳しいんだけど・・・
それにモテるっていっても相手の女性はほとんど30代だったけど・・・

でも人生であんなに女の人に興味持ってもらって、話しかけてもらえたのは
初めてだったから、すごく衝撃体験だった。

470: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/13(木) 23:48:36.43
もう終わったことだけど、前にとある事情で借金を抱えた時がホントに最悪だったな
数百万だったから、利息とかでドエライ金額になった
おまけに当時既に長女がいたから、凄まじくきつかった

そん時思ったんだけど、この世で最も怖いのは幽霊でもお化けでもなくて、完全に金が尽きることだな
健康で生きているのに、生きていけないほど金がない
入って来る給料はすぐに返済に吸い込まれる
金を借りることも出来ない
給料日に手取りが四桁ってのが3か月続いた時は、ホントに一家心中するかの瀬戸際だったよ
嫁さんは風俗で働くとまで言いだして、毎日が修羅場だったな

まあ最終的には何とかなったけど、あの日々があるから、多少キツイことがあっても“あの時に比べれば大したことない”って思えるな

365: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/07(金) 07:00:36.64
流血注意
文才ないしまとめ下手なので長文になった。

父 俺父親、弁護士 元裁判官?検事?
母 俺母親 専業
パパ 嫁父親 警察の偉い人
ママ 嫁母親 専業
パト 元警察犬♂ 訓練期間に病気になって退官後に家族となる
嫁 幼馴染で物心ついた時には既に俺の世話女房だった おっとりしてるが明るい性格
俺の前では結構しっかり物 女性にしては高身長の分類170前半
俺 父方祖父の影響で幼稚園のころから武術(主に剣術)を嗜んでいる江戸っ子気質な性格
高校1年になるまで二次成長なく小さかったがその後一気にでかくなりすぎた150~190
中学のあだ名は「如月瞬」高校以降は「ルガール・バーンシュタイン」両方見た目から付いた

嫁とは両方の親同士が幼馴染親友で家も近所、幼稚園から大学まで一緒
特に母親同士の画策で俺たちは許婚(笑)状態だった。
俺家は使用人がいる程度の代々の金持ち、嫁家も一般よりは金持ち資産家
ネタ認定してもいいけど友人知人から「何てエ□ゲ?何てラノベ?お前ら少女漫画のカップルかよ?」
等言われるぐらいのハイスペック

約20年前の話中学の頃、本来は車で送迎してる家庭教師を駅まで見送るついでに日課である素振り稽古、
パトの散歩及び公園でのボール遊びをすることに
家庭教師と別れ、おもちゃと木刀を嫁に持たせ先に公園で待ってるよう指示
俺はパトを連れ往復10分程度のロードワークに出発した

23: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/17(金) 16:29:15.54 ID:QivvolXO
高1の時、クラスにふわふわの巻き毛で天然茶髪のA子と言う女の子がいた。
うちの高校はパーマ禁止が厳しかったから、もともと巻き毛のA子は女子の羨望の的だったが
耳の下で巻き毛を指にクルクル絡めながら、ちょっと小首を傾げてぶりぶりするしぐさの彼女を
私は内心ウザーと思っていたw
その彼女があるとき、教室でみんなの前で堂々とB君に告白。
きっとOK貰える自信があったんだろうと思う。
しかしB君は「ごめんなさい」。
真っ赤になったA子、好きな子がいるのか?誰だ?教えろと迫り、その迫力に負けて同じクラスのC子だと吐瀉る。
C子は日本人形みたいに真っ黒でツルッツルの直毛の女の子。
あまり目立たない子だったけど、いきなり話題の中心になってビックリしながらも彼女も「ごめんなさい」。
あとで分かったんだけど、C子には他校に彼氏がいたらしい。
みんなの前で恥をかかされたA子、下僕を従えて放課後C子をトイレに連れ込み
家庭科の裁ちばさみでC子の髪をほぼ坊主状態にまでザンバラに切った。(つづく)

241: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/01(土) 21:26:06.73
うちの父はクールで格好いいと思っていた。あの日までは。
新年会で父が泥酔して帰って来て玄関で倒れこんだ。何故か手には箸が握られている。
いつもは多少酔っていても、凛としているのに、今回みたいなことは初めてで、
最初はびっくりして心配したけど、絡んで来るのでだんだん腹が立って来た。
私と母が文句を言いながら助け起こして布団まで連れて行って寝かそうとしてたら、
父が、ハグしようずwwwwwwwwwwwww
な、ノリで母に抱きついて、キレた母が見事な「うっちゃり」を決めて
強制睡眠させた。
その日以来、父に対するイメージが変わった。

このページのトップヘ