2014年11月

836: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/24(金) 12:31:01.87 ID:k1APE+9S
流れに乗って。
火にまつわる修羅場。私はよく火事に遭う。
子供の頃習い事していたが3年生と4年生と5年生で3回どうしても行きたくなくてずる休みししてしまった、することなくてフラフラしていたら3回とも火事にあった。
ただ、家に帰っても言うことができなかった。
社会人になり夜遅く会議してるとなんか外が明るい。
なんだ?と出てみると目の前にひらひらと火の粉が落ちてきた。
お隣の2階からゴーって表現されるほどの火が出ていた。
お隣さんはお爺ちゃんとお婆ちゃんが果物屋さんをしていて、玄関掃除など手伝ったり、果物よく買っていて仲が良かった。
で、一階覗いてみると、店の奥の方でお爺ちゃんとお婆ちゃんが逃げようとモゴモゴしてる。
ワーって声が出て中まで走って火事場の糞力か両脇にお爺ちゃんとお婆ちゃん抱えて外まででてこれた。
その後500mほど離れた息子さんの家まで走って呼びに行き息子さんに知らせた。
息子さんと現場に着くともう、そこは火の海で大きな2車線の交差路の一角が全焼するほどの大火になっていた。
気が動転した息子さんは沢山のやじうまに「家が燃えとるのが楽しいか?」と殴りかかった。
一生懸命止めること小一時間。現場の警察官に「抑えてください」と言うも「我々の仕事ではない」とマジ糞野郎。
最後は頭に来て息子さんを投げ飛ばして関節決めて「お爺さんとお婆さんのそばにいてやれ」と年上に説教して落ち着いた。
我々の方の被害は隣との少しの隙間に消防車がずっと放水してくれたおかげで火事は免れたが水破損多大で建て直し。
原因はお爺さんの痴呆発症でストーブ蹴飛ばしたらしい。
後日ありがとうとお礼を言われた。悲しかった。

少し続く

585: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/20(月) 00:11:48.90 ID:x6kHdhJD
修羅場というか辛かった経験。

10年程前、母親が持病で長期入院した。同居し始めたばかりの俺ら夫婦が交代で
病院にいっている最中に父親が倒れた。
検査結果は進行した大腸がん。一応手術はできそうなので即手術。
母親もかなり状態が悪かったので母親には隠して同じ市民病院に入院。
ニヤミスを恐れる毎日。父親にも本当のことを言えず重めの潰瘍みたいな説明
をした。その後父、母の順で退院したが退院後父の病状を仮の病名のまま母に説明して
結局両親には隠し通した。

2年後、恐れていたんだがやはり父親が再発再入院。今度ばかりは病状を説明せずに
治療は不可能との医師の進言で告知が決定した。

告知前夜、母親に父親の病状を説明しなければいけなくて両親の寝室に向かおう
とするんだが、辛くて向かえない。嫁に促されてなんとか部屋にはいっていった。

親父の病気のことだけど、実は、、

話しているうちに座ったままの母親がうなだれてしまってね。やっと喋ったのが
心配する俺に 一人で寝れるからもういいよ。だった。

次の日の午後、担当の医師の前に父親と俺が二人して座っていた。医師はゆっくりと
病状を父に説明している。みると父の肩が震えていた。気が付いたら父の肩を
左手で抱いていた。親父の肩を抱くなんてそれまで記憶になかった。

告知は辛いね。

88: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/06(月) 14:19:30.34 ID:nnV85dmS
今、振り返れば全然大した修羅場ではないですが投稿します。
旦那が相談女寄せ付け体質です。
うち1人の相談女から、妊娠中に2回ぶつかられて、机にお腹をぶつけてしまったこともありました。

その次の相談女の話です。
当時、私は出産したばかりで、生後間もない子供世話で大変な時期でした。
旦那の携帯に毎晩11:30頃にメールが来て、携帯の画面にはいつも相談女の名前が表示されていました。
気になって、旦那に聞いてみると、大学の後輩(学生)で恋愛相談に乗っているとのこと。

旦那に見せてもらったメールの内容をまとめると、
・旦那のことをお兄ちゃんと呼ぶ、タメ口
・相談女の彼氏との旅行について行くべきかどうか旦那に聞いてる。
・彼氏との状況を逐一旦那に報告
・「お子さん見たいなぁ」と送られたメール発見
旦那は当時、研究の手伝いで大学に行っていたため、そこの研究室の学生である相談女と研究室で顔を合わせている状態でした。
旦那は、「大切な後輩だから相談に乗ってあげたいし、お互いにやましい気持ちはない。男目線での意見がほしいだけだと思う」と完全に相談女の肩を持つ。
旦那に、相談女との距離を少しずつ離して欲しいというも、効果なし。
少しずつ、相談女の件で家庭の中がギスギスして行きました。

そしてついに、「お兄ちゃんと会いたい」とメールで相談女に言われて旦那は、初めて相談女を突き放した。

長いので分けます。

20: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/04(土) 19:01:53.77 ID:HbTWU2zF
中学の同窓会で先生に人ころしと言われたこと。

先生は15歳年上のいとこと同窓生で親友だったんだが、それがわかったのは
私が高校生になったばかりの時、いとこの通夜での席だった。

当時はいとこのタヒ因は
「もとから心臓が悪く薬を飲んでいたが、突然の発作で薬を過剰に摂取してしまったことが原因」
と説明されていたが、よくよく考えるといとこの心臓が悪いなんて話は聞いたことないし、
たしかスキーのお土産とかもくれたはず。
なによりいとこは医療従事者だった。いくら慌てていたとはいえ仮にも専門家がそんなタヒに方をするのか?
とおかしな感じはしたが誰に尋ねるわけにもいかず、なるべく気にしないようにしていた。

それから4年後、成人式の後に中学の同窓会を開くことになり、
当時の先生方も参加してくださることになった。

当日用事があり少し遅れて会場に入り、友人とあいさつしていのだが、
いきなり背後からビールをかけられた。
びっくりして振り返ったら先生がすごい形相で立っていて、
「この人ころし!」「阿婆擦れ!」「おまえのせいでいとこちゃんはタヒんだんだ!」と罵られた。
私も含めその場にいた全員突然のことで固まってしまってたが、先生がグラスを持った手を振り上げたとき
男性陣が先生を後ろから羽交い絞めにして抑えてくれた。
それでも私は固まったままで、友人と騒ぎをきいて駆けつけてくれた店員さんに連れられて
他の座敷に避難したところでようやく我に返った。
とりあえず両親に連絡して迎えに来てもらったが、待っている間ずっと先生の怒鳴り声が聞こえてきた。

次の日、その場にいたもう一人の先生から謝罪の場を設けたいと連絡があり、
両親と一緒にその場に赴くと本人はいなかったが連絡をくれた先生、先生のご両親、同窓会の幹事がいた。
幹事も先生に呼ばれたらしい。

194: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/12/16(月) 16:54:13.32 ID:0lv6Xm1P
他人の修羅場
因果応報って本当なんだなと思った話
あまり詳しく書くとバレるかもしれないから、簡単に

知り合いAが、Bの旦那と不倫して、結果その旦那はBと離婚してAと結婚
A結婚後も、不倫のすえの離婚なのでBと子供(一人娘)に慰謝料と養育費を払い続ける
10数年後、Bが難病にかかり治療費がえらいことに
ストレスからわずらった難病ということで、娘が父親に「お前のせいだ!治療費負担しろ!」と怒鳴り込む
治療費も負担することに
父親を恨んでいたらしい娘は、お前のせいで介護生活だと怒鳴り込んできたり、お金せびりにきていたらしい
そんな状態でいつも極貧生活
そんな中、旦那が職場で事故にあい、もう元の職場には戻れない身体に
まともな職にもつけないかもしれないらしい

このページのトップヘ