2015年01月

827: 名無しさん@HOME 2011/08/22 19:57:54
前に働いてた業界1位をウリにしてた店は修羅場ばっかりだった。
1.契約社員A(50代男)が会社の領収書を盗み
偽の領収書を作ってお客に渡して、お金はポッケナイナイ。
店には「あのお客さん、いくら催促しても振り込んでくれませーん」と報告
発覚後は、逃亡。一週間後に警察に保護される
2.正社員B(30代男)もお客さんのお金をポッケナイナイ。
奥さんが厳しくお小遣いが少なくて、ついつい売掛金でパチンコ
後で戻せばばれないと思っていたら大負け。でばれる。
この人も逃亡して、3日後に保護
3.正社員Cの嫁DとCの上司Eが不倫していたのが発覚。
そして、Dのお腹にはどちらが父親かわからない子供が。
さらにE、ほかの女子社員2人(F、G)と合計3股かけてた。
Fは心労がたたり、倒れて退職。これ以上人にやめられたら困ると
Gには真相を言わなかった。
(D、F、Gはそれぞれ自分だけだと思ってたらしい)
Cは自分は被害者だ!!といっていたけど
「上司に嫁を差し出して出世したひどいやつ」というのが周りの見解。

1で使われた領収書はうちの部署で盗まれたもので、
「なぜなくした!!」と2月の寒空のした6時間探させられた。そして始末書書かされた。
そりゃ盗まれたんだもん、あるわけないわな

331: 名無しさん@HOME 2012/12/30 18:40:37
学生の時、ノイローゼになり毎晩悪夢を見ていた。そんな私にとってたまたまUFOキャッチャーで取ったクマのぬいぐるみは、夜抱いて寝ると怖い夢を見ないお守りだった
それは今でも変わらず、旅行にも必ず持って行く大事なもの。ところがある日、仕事から帰るといつもベッドに置いてあったぬいぐるみがなくなっていた
実家住まいの二世帯だが、同居の兄家族に聞いても知らないと言う(というかぬいぐるみのことは言ってなかったのを忘れていた。おかげで「まだぬいぐるみなんて抱いて寝てるのか」と兄に叱られた)
抱いて寝るのが習慣となっていたので、なくて寝る夜が怖かった。案の定、怖い夢を見て眠れなくなってしまい、それからは眠るのが怖かった
数日後、義姉から探していたぬいぐるみを渡された。何でも甥っ子の所に遊びに来ていた友達の一人が、私の部屋に勝手に入りぬいぐるみを見て持って行ってしまったらしい
たまたまその子の親が部屋に入り見馴れぬぬいぐるみを見つけて発覚
義姉が手にしたぬいぐるみが輝いて見えた
「申し訳ありませんでした」という手紙も添えられていたが、別に許す許さないもなかった
ただぬいぐるみが帰ってくればそれでよかった

が、気持ちが落ち着いてよく考えたら、ぬいぐるみを抱いて寝ることを不特定多数の人に知られてしまったことになる
30独身女のわびしさと思われたら・・
とはいえ抱いて眠るのはやめないけど

473: 名無しさん@HOME 2012/11/01 10:54:44
正規雇用に就けるだけマシ、と言う話は先日実感した。

A社のプロジェクトに参加した際に知り合った、B社の女の子と仲良くなり
プロジェクトが終わってからも個人的に逢ったり相談受けたりするんだが、
この間たまたま夜に晩御飯を食べに行った際に、

彼女「会社の後輩の子がですねー。研修生からバイトに昇格したんですよ!」
自分「…研修生とバイトって何が違うの?」
彼女「研修生は交通費しか出ないけど、バイトになったらちゃんと仕事した時間分、時給が出るんです~」
自分「……」

どうもそこの会社は数年前から、「仕事の斡旋」と称したてそう言う制度を導入してるらしい。
…どうやって衣食住が成り立ってるの?
実家暮らししてなきゃ無理だろと、頭がすごく痛くなった。

B社とは私の属する会社とは取引は無いが、同じ狭い業界なので
何と言うか、そう言うカースト制度があることに驚いたよ…。
自分が彼女の歳の頃にこの職種に就いたけど、そこまで酷いピラミッドの底辺は無かった筈と
この数日間頭の中身がぐるぐるしてる。

352: 名無しの心子知らず 2013/03/22 14:27:11 ID:/ci/su6F
話がおかしな方向に進んでるけど投下
さっき電車で起きた話

ベビーカーごと赤ちゃんを放置して電車から降りたキチママ
慌てて私はベビーカーを押しながらキチママを追いかけ呼び止めると
キチママ「それは捨てたの!」と赤ちゃんを睨みながら絶叫
その後キチママは、ブツブツ言いながら大人しく帰ってった

なんか書いてみると大した事ないかも
でも私としては、電車に赤ちゃんを放置するのも、赤ちゃんを「それ」呼ばわりするのもキチとしか思えない
スレチだったらごめん

800: 名無しさん@HOME 2012/12/20 22:49:51
もう離婚したけど、夫が交通事故で一時的に記憶喪失になったのが修羅場かな。
少しでも記憶が戻るきっかけになればと、姑や義姉と協力して夫の交遊関係を探して会ってもらったり話しかけてもらったりした。
夫の大学の友人達も来てくれた。
皆さんは久しぶり的な感じだったんだけど、ただ一人だけは久しぶりではなさそうな態度。
しかも馴れ馴れしくておかしい気がした。
夫の元カノかと思ったらなんと現カノ。
学生時代からの付き合いで私と結婚してからも付き合ってた。

姑と義実家にある夫の部屋兼物置を整理してたら現在進行形の不倫証拠がザクザク。
昔のアルバムでも見せて記憶のきっかけでもと思ってた姑も呆然。
記憶のない相手にどうこうも出来ず舅姑も私も私の親も途方にくれた。
その間も不倫相手もとい現カノは頻繁にお見舞いに来て女房気取り。
キレた姑と現カノが病院のロビーでつかみ合いした。
あまりのことに私は気が抜けた状態。
なんだか投げやりになり別れることを決心した。

そうこうしてるうちに混乱しながらも夫の記憶が戻った。
私より彼の方が修羅場だったかもしれませんね。
記憶が戻ったとたん妻から離婚の要求、父親から怒鳴られる、泣きついてくる不倫相手、不倫相手に頬を引っ掛かれてガーゼを貼られてる母親。
「なあ待ってくれ頼むから待ってくれ」
と言い続ける姿だけが鮮明に思い出されます。

何故彼女と結婚しなかったかですが、
しばらく彼女と別れてた時期に私と出会い結婚を考えた時に彼女が
「たとえあなたが結婚してもあなたと一緒にいたい」言ったからだそうです。
それで、既婚者でも構わないと言うような女はやはり結婚相手には出来ないと思い彼女を選ぶのを止めて二番手の女が似合うと考えたそうです。
それを聞いて怒り狂った彼女にボールペンで彼は太股を刺されました。

元夫は今も彼女から結婚を迫られてるみたいですが、何故か元夫は逃げてるらしいです。

このページのトップヘ