2015年03月

134: 名無しさん@HOME 2012/10/21 02:56:47
かなり前の修羅場。嫁と結婚直前にカニ目当ての温泉旅館へ行った時の事。
たらふく食って、滅茶苦茶飲んで「さあ!やるぞ」って感じでエッチしたら、妙に嫁のある部分がグチュグチュとする。
嫁も違和感を感じて体を離すと、嫁の股間から大出血!当然布団も手の平3っつ分の血の跡。
呆然とする嫁を抱きかかえてシャワーへ。すると、出血はすぐ治まり痛みも何もない。
一体どこから出血したと思ったら、俺のち○ぽからだった。
すごく恥ずかしい思いをしたが、フロントに電話して病院へ、医者は「ああ、毛切れだね、たまにあるんだ」と言って大爆笑された。
笑い事じゃない!でも、俺も痛みは感じなかった。と言う修羅場でした。

552: 名無しさん@HOME 2012/11/15 15:29:24
息子がまだ1ヶ月位の時かな
自分は独りで朝食摂って出勤準備してたら嫁さんの悲鳴と息子の泣き声でびっくりして寝室へ。
なんでも添い乳してたら寝てしまって、子をベッドの端に押し出して落としてしまったらしい。
普段は子を外側に寝かすことも無いのに疲れが溜まってぼーっとしていたのだろう。
嫁は泣いて動揺してるし、とりあえず落ち着かせて乳幼児の緊急ダイヤルとか電話して大変だった。

落とされた本人はびっくりして泣いただけの様ですぐ落ち着いて、異常が無いか体中チェックしてると構ってくれてると思ったのか笑顔で御機嫌。
何事もなくて良かったけど、ほんと青くなったよ。

461: 名無しさん@HOME 2012/11/01 09:12:39
俺の修羅場。
父ちゃんが借金を残して消えた。
母ちゃんが連帯保証人のため、債務が母ちゃんに。
自己破産するのに必要な金の工面もできないぐらいの借金だったみたいだ。
姉ちゃん当時16歳が高校を中退して「自分が働きに出る。」と
家を出て給料の前借りかなにかでどうにか母ちゃんが
自己破産するための金を作った。
姉ちゃんは俺に「学校だけはきちんと出るように。」と何度も言った。
俺は頑張ったよ。大学まで奨学金で卒業した。
姉ちゃんの住所は知っているけど、「絶対に会いに来るな。」といってた。
会えるのは向こうから来るときだけ。
言いつけは守った。母ちゃんもその方がいいから、というから。
母ちゃんのパート給料だけでは生計が立たず、姉ちゃんの支援も
受けてたと思う。
googleマップが発達してから姉ちゃんの住所をチェックしたら、
そこ、昔は遊郭街の住所だった。今も近いような、法律スレスレの
商売してるような街っぽい。姉ちゃんはこれで金を工面したのか・・・。
俺が堅い職種の社会人になったら、「自分とは疎遠の方がいい。」と
ますます交流がなくなった。
究極の底辺の町から出て、水商売でもいいから、自分で商売できるだけの
金を作ってやりたい・・・と思う俺はまだ貧乏サラリーマン。
宝くじでも買うか・・・。

279: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/24 16:33:39 ID:aFHJ/Df9
流れに関係なくて悪いけど

昔電車に乗ってたら痴漢に遭った
高校生だった頃の話なので制服の上からおしりとか触られたんだけど、
とうとうスカートの中に手が伸びてきた
しかし「やめて下さい」と言う前に周りの同じ制服を着た女子高生達が
痴漢の腕をガッと掴んで離さず、駅に止まるなり鬼の形相で痴漢を引きずり下ろした

痴漢は平静を装って「俺が何したって言うんだ」としらばっくれたが女子高生が
「マジキモイ、こんなんあたしのお父さんだったらホント引く」と言った途端
ハッとして項垂れたのは覚えてる
まあさらに「ホント気持ち悪い」「○○先輩(私)に痴漢とかふざけてんじゃねーぞ!!」
「超キモい!!氏ねばいいのに」と罵る辺り容赦が無かったけど

実は部活の遠征の帰りで、数十人単位で移動してたので車内が混んでただけで
痴漢以外の乗客は8割方うちの部活のメンバーだったんだよね…

みんな制服とはいえ大人しそうな格好してたのは
文化部かつルールに厳しい部活だったからで、中身は普通の女子高生
しかも最高学年でリーダー的存在だった私を痴漢したとあって頭に血が上ったらしい
後輩がこの状態だったんで私は怒り損ねて逆に冷静になってしまい
やってきた駅員さんに「はい、ええ、触られました」と淡々と説明してた

駅員が痴漢を連行する中、痴漢の「お前らコイツ(私)の何なんだ!!」と言う叫びに
「後輩じゃボケ!!」と叫び返して痴漢を呆然とさせた後輩達の勇姿は忘れない

「普段は先輩胸触らして下さいよウヘヘwとか言ってくるような子達なんですよ」とは
まさか言えなかったけど

199: 名無しさん@HOME 2011/10/07 15:42:19
従兄弟は田舎の落ちぶれた旧家の跡取り。妹は早くに嫁にでした。
父親はDVもある典型的勘違い親父で数年前に愛人の上で腹上タヒした。
母親は病弱で家で寝たり起きたりで、家業ができないので従兄弟が一人で
頑張っていた。

従兄弟はまあいまどきの女性に嫌われる容姿で、ずんぐりむっくりで
顔はビートたけしもどき。大人しくて、もくもくと家業に励んでいた。
親戚中が心配して見合いをさせるけど、どうにもまとまらない。
三十回はしたんじゃないかと、うちの父親が言っていたがすべて断られた
ようだ。

あんまり断られるので従兄弟も嫌になったのか、見合いをやめて三十後半になった。
ずっと入退院を繰り返していた母親がどうしても孫を見たいと言いだして
また見合いをすることになったけど、普通のお嬢さんじゃうんと言ってくれまいと
遠縁の都会で不倫をして、不倫の子を身ごもって故郷に帰ってきて子供をおろして
実家に住んでいる遠縁の女性に親が言い含めて見合いさせ、やっと結婚する事に
なった。

このページのトップヘ