2016年05月

479: 名無しさん@おーぷん 2015/05/15(金)01:52:21 ID:NdQ
気付いたら自分が極妻になっていたこと。
旦那の仕事内容は現場監督としか知らされていなかったし、義実家も義父母や義兄弟も至って普通だから驚いたというより呆然。住んでいる地域的にそういう筋の人が多いのは知っていたけど、まさか自分が巻き込まれるとは思ってなかったよ…
旦那も義実家も大好きだけど、いつか周りにバレテしまった時の事を考えると離婚した方がいいのか、将来子供はどうするのか、いろいろ考えて一人で修羅場

466: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/14(土) 02:51:37.11 ID:sbbG4Gfq
ある時私+先輩+後輩の3人で御飯を食べに行く事になり、
3人で本屋の駐車場で待ち合わせをしていました。

私は少し早く着いてしまった為、本屋の中から外を見ながら立ち読みをしていると先輩到着。
私の本屋から出ようとすると、先輩がスクーター2人乗りのDQNに絡まれていました。
D「金だせや。」先「え?なんですか?」D「イイから金だせや。」
こんな感じで。

私が警察に電話しようとしてたら…。

イキナリ先輩がDQNの突きだした顔に向け、左パンチ!
そして、バスケのディフェンスみたいに後方に回り込んで、
バックドロップを決め、そのまま抑え込み?みたいな方法で制圧してしまいました。

完全KO状態のDQNとまさかの反撃に怯えてるDQNに向かって、
「ごめんなさい…。体が勝手に…。大丈夫ですか?」
と必死に謝ってオロオロしている先輩が非常にカッコよかったです。

546: 名無しさん@おーぷん 2015/11/11(水)10:31:17 ID:Zh4
母がここ一年でヒステリックを起こすようになった。
それまでは優しくて温厚、いつもニコニコしていて家庭を明るくしてくれる人だった。
私と兄はすでに結婚して実家を出ており、母の変化にヘルプを出してきたのは父。支えきれない、離婚したいと何度も言っている。
兄はさっさと離婚すれば?と言っているけど、私は父の離婚して母を見捨てる思考に憤りを感じている。
私達兄弟が子供の頃、父が会社をクビになり、母がダブルワークをして家庭を支えた。父を正社員で採ってくれるところが見つからず、バイトをしながら就活。
私はこの時点で、何故父がダブルワークをしないのかと思ったけど、ダブルワークをしてたら正社員になる就活をする時間がなくなるからだと無理矢理納得。
母は家事子育てに+してダブルワークをこなし、父の就職をサポート、正社員が決まりようやく解決。
私達兄弟が成人して少したった頃、父が骨折した。まだ実家にいた私と母が父をサポート。どうしてもできない部分だけ、手を貸したり、うまく歩けず落ち込む父に母は頑張って豪華な料理を振舞ったり
足が治ったら夫婦で〇〇に旅行に行きましょうと計画を練ったりしていた。ちなみにこの頃は母の仕事が軌道に乗り、生活にかなり余裕があったから出来た事だった。

905: 名無しさん@おーぷん 2015/02/04(水)07:10:08 ID:qfR
就活(パートだけどw)終了記念に投下。

就職情報誌を見てたら、電車で隣駅の距離でパート事務を募集していた。
個人でやってるデザイン事務所のようだった。
時給はそう高くはないけど勤務時間が希望に合ってたので早速電話したら
履歴書を持って明日の10時に面接に来てくださいとのこと。
翌日訪問したら、20畳ほどの部屋の隅に衝立で仕切られた応接セットがあって
そこで面接が始まった。
ガランとした部屋で社長と名乗る40代ぐらいの男性と2人っきり。
いかにも神経質そうに右足を貧乏ゆすりさせて、テーブルを中指で高速で叩く様子に
なんか・・・嫌だな、と思った。
面接中、電話が鳴った。丁度質問していた所だったので言葉を切って黙っていた。
すると「なにやってんの?電話出て。これも面接だよ」と言われた。
ビックリしたが、とりあえず「はい、○○デザイン事務所でございます」と出た。
そして「○○さんと仰る方からです」と受話器を渡した。
険しい口調で30分近く話し込んでいた。途中かなり口の悪さが目立った。
いくらなんでもちょっと失礼だなと思い、
もし採用なんてことになっても断ろうかなと考え始めていた。
電話が終わるとA4の書類を数枚渡され「コピー2枚ずつ。これも面接だよ」と言われた。
仕方なく事務所の隅にあるコピー機を操作しながら、やっぱり断ろうと思った。
社長と合わないこともそうだけど、事務所に活気が無さ過ぎる。
この会社、本当に動いてるんだろうか?って感じ。機材には埃溜まりまくりだし。
なんだかんだで解放されるまで2時間近く経っていた。
そしてその2日後「会社を畳むことにしたので面接の話は無しということで」と電話があった。
つい「でしょーね」と言ってしまった。本心から。
ちなみにその会社、一週間ほど経って車で前を通ったら、入口がベニヤ板で塞がれていた。

それから少し経った頃、近所に新規開院する個人病院が事務員を募集していたので
履歴書を送ったら、面接の日時を奥様らしい上品な声の女性から連絡してきた。
病院はまだ完成してなくて、院長の自宅の応接間で始まった。
一番最初に聞かれたのは「皮膚科なので、困った状態になった男性器を目にすることもあるが
あなたはそういうの大丈夫ですか?」と。
どう答えていいのか分からなくて「一応既婚者ですので大丈夫です」と答えたが
それが正しかったのかどうか分からない。
あとはごく普通の質疑応答があり、最後に応募者が13名いることと、採用は2名だと言う事を聞かされた。
その時点でたぶん無理だなと思っていたが、数日後きれいな自筆の手紙で不採用を知らされた。
品番からして多分5000円ぐらいの洋菓子の詰め合わせも一緒に送られてきた。
新規の病院だからこんなふうに丁寧にお断りするんだな、医者って大変だな、と思った。
が、その話を友達にしたら、多分私は応募した時点で不採用だったと思うよと言われた。
「だって患者さんからしたら、ちんちん見せるのに近所の奥さんがいたら嫌じゃん」って。
なるほど。

その後、事務パートに絞っていたせいか一年ぐらいかかったけど
ようやく就活は終わった。

754: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/20(木) 13:17:07 ID:ALMjTkrX
マンション1階のテナントに引越したうちの営業所。
学生の多い町なので、とにかくマナーが悪い。
上階に遊びに来た奴が、うちの契約駐車場に無断駐車は当たり前。
朝、出勤してみるとゴミとゲロが散乱してたりしてた。
無断駐車する奴には貼紙と注意を繰り返すことで、ほとんどいなくなったのだが、
ある日出勤してみると斜めに駐車して3台分潰してる車がある。
クラクションを鳴らしてもでてこないので、でられないように私の車でブロックして、
いつもどおり駐車料金10万円の貼紙をしておいた。
夕方になって違法駐車の本人がヘラヘラしながら「車どけて貰えますか~?」とうちの事務所へやってきた。
10万払ってくれたら動かしますよと俺が言うと「そんな金ないっすよ~^^」とまだヘラヘラしてる。
なぜか、観葉植物の鉢を移動させたくなった俺は観葉植物の鉢を手につかんだのだが、
手がすべっておもいっきりその兄ちゃんの足元に投げつけてしまった。
あ~もったいない・・・

すると、なぜかお兄ちゃんの態度がしおらしくなったので、駐車料金1万円と免許証のコピーで許してあげました。
もちろん、別れ際に「今度、停めてあるの見つけたら実家のほうに行きますね^^」と声をかけるのも忘れませんでしたよ。

このページのトップヘ