嫁・旦那

72: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/10/10(金) 20:41:13.08
飲み会が急遽中止になったので、嫁に知らせず真っ直ぐ帰宅。
リビングに入ったらデパ地下で買ったと思われる旨そうなグラタンやサラダを嫁が食べていた。
俺には炭化した野菜炒めとかの安物食わせといて自分はこれか…と一気に疲れが出たよ。

547: 名無しさん@おーぷん 2015/09/28(月)21:33:13 ID:7mr
今しがたの出来事。

旦那とは結婚して10年目なので、結婚記念日も近いし奮発してお財布をプレゼントした。
サプライズで何も伝えてはいなかったが、以前から旦那が欲しがっていたブランドのもの。

旦那が今使っている財布は私の前の彼女からプレゼントされたもので、10年以上使っているにしては綺麗な状態。
別に前の彼女に未練があるとか思い入れがある訳じゃないらしく、まだ使えるから使っているだけだとか。
だから「気持ちは嬉しいけど、まだ使えるんだから別にいらない」「それなら趣味の道具が欲しかった」「金の無駄だ」と。

サプライズは自己満足なのは分かっているし、旦那が持ち物にこだわるタイプなのも分かっていたけど、だからこそ欲しがっていた物にしたのにとモヤモヤ。

「気持ちは嬉しいけど」と前置きはしていたけど、あまりにもこてんぱんに言われすぎて、嬉しい様子には全く見えない。

欲しがっていたやつだし、どんな反応するかとワクワクしつつヘソクリ貯めて買いに行ったのになぁ。
あまりにも言われたものだからもうどうでもよくなってきた。
きっと財布を使うことは無いんだろう。

旦那にこんなことを言ったら、更に文句言われそうだから愚痴らせて頂きました。

778: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/12(木) 15:54:47.35 .net
ヒスではないかもしれんが、専業の嫁と喧嘩するたびに
「家計簿付けてる私のおかげで貯金が貯まってる!」
「結婚以来欲しい物は何も買ってない!我慢し続けてる!」
_と言われ続けてる。

家計簿付けてるから貯金出来るんじゃなくて、私が仕事して
働いたお金を嫁がちゃんと管理してるから貯金出来ているんで
あって、嫁が家計簿付けてるから貯金出来てるわけじゃねーよ!
って毎回言ってるんだけど、聞かないので、独身時代の家計簿
付けてなかった頃の私の毎月の貯金額を見せつけた。倹約
しまくってて、家計簿じゃないけどエクセルデータで収支を付けて
管理はがっちりしてたのと、独り身だった事もあって結婚以降の
倍は貯金出来てた。だから家計簿のおかげで貯金出来てるって
言われるのはどうしても許せなかった。

結婚以来欲しい物は何一つ買ってないというけど、一緒に買い物
言ったとき、欲しい物があれば買ってあげている・・・というか財布の
管理は前述の通り嫁が家計簿を付けて握ってる状態だから、貯金が
問題なく出来てるなら好きに使って良いと話をしてあるし、その場で
欲しい物はお金あるなら買って良いよ!って言ってるんだが、それで
「欲しい物を買って無い!」はないよ。ちなみに私のお小遣いは無し。
申告制で仕事でどうしても必要な冠婚葬祭や出張時に必要なお金を
少し多めにもらってる。そう言う状況なので私も自分が欲しい物なんて
高くてせいぜい1000円以内のものしか無理。

喧嘩のたびに上記を説明してるんだが、嫁が全く理解してくれない。
家事は、出来る限り手伝っているけど、私が何か悪いのだろうか?
あまりに嫁が主張を曲げないんで自分がおかしいのかなとも思い始めてる。

663: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/18(金) 17:24:17.80 .net
俺の馴れ初め

5年位前、カゼでフラフラになり会社を早退
車で信号待ちしていると追突される→突き飛ばされて前の車へ衝突。
俺がぶつけた車の運転手のおっちゃんが降りてきて
「玉突きかよ、あんちゃん大丈夫?」と話しかけてきて無事な様子。
道路脇へ車を寄せて追突してきた車へ行くと車はクレスタ
ボンネットが曲がって飛び上がっていた。
運転していたのが女の人(現嫁)
「ごごごごめんなさい」「すすすすすみません」と
かなりパニくってるようだったが
「とりあえず車寄せようね」と言い携帯で警察に電話しようと車に戻りかけたら
なぜかクレスタが急発進→俺撥ねられるw
俺をボンネットに乗っけたままクレスタはまたおれの車(カリーナ)に追突w
ぶつかった衝撃で地面に落とされ俺気絶。
気が付いたら病院でした。
骨折と捻挫でしばらく入院。
クレスタが急発進したのは車動かそうとしたら
飛び上がったボンネットで前が見えず
運転席窓から身を乗り出して前を見ようと乗り出したら…その分アクセル踏んでしまい急発進w
その後責任を感じてか何なのかマメに見舞いに来たりして2年位して
交際すっとばして結婚。

このページのトップヘ