浮気・不倫・離婚

474: 名無しさん@おーぷん 2016/02/08(月)20:21:35 ID:uEB
デモデモダッテ状態が急にすっとひいて完全に目が覚めたときの行動力が、我ながら凄かった。
元旦那は義実家を巻き込んだ旅行が大好きで、そのプランや予約は決して自分からはやり始めない。
「やり始めない」と言うのは、まず最初に私に丸投げして後から全て元旦那案になるということ。
家を出る時間から帰宅時間に至るまで、私に計画をたてさせて何度も何度もやり直しをさせられ、それを1週間繰り返して、次こそは大丈夫かなと思った矢先で
ぽっと出の元旦那案で決まる。たまに元コトメ案。
2年間その繰り返し。最終的に元旦那案になるなら何故最初に私に丸投げするのだろう。
ちなみにその旅行に私は参加できない。周りからは散々離婚を勧められていたにも関わらず、究極のデモデモダッテ状態に陥っていて2年も奴隷状態。

173: 名無しさん@おーぷん 2015/11/20(金)17:08:17 ID:8gE
大沢さんの実子鑑定裁判とでもいうのかな?
あれ見てなんか暗い気持ちになった。
俺も4年間自分の子と信じて子供育ててたから。
結婚して2年ほど子供できなくてやっとできた子供だったからうれしかったし、
ほんと大事に育てたんだよ。
でもさ、別れた嫁の本命が院卒業して就職決めたとたんに
離婚したいって言われたよ。
ひどいと思わない?
それでも親権は俺がとろうと思ったらさ、俺の子じゃないって。
俺とするときはやった後事後に飲む薬みたいなの飲んでたから絶対俺が父親だってのはあり得ないだって。
DNA調べたらやっぱり俺の子じゃなかった。
嫁は専業主婦だったし、本命は学生だし、慰謝料も取れない、謝罪もされない。
もうどうしていいんだか。
ひどい話だよね。
結局子供は嫁と本命の子なった。
正直俺もここまでされて自分の子供と思えるのか自信が持てなくてね。
大沢って人もつらいだろうなって思うわ。

188: 名無しさんといつまでも一緒 2006/03/28(火) 12:50:49 0
嫁が不倫した。
つまらない男だった。
見つかったらすぐに尻尾を巻いて逃げた。
慰謝料は少しずつでも必ず払うから、家族には内緒にして欲しい。と言って。
嫁はごめんなさい。あなたのお陰で目が覚めた、私が愛してるのはあなただって今回のことで気づいた。
やり直して欲しい。と言われた。
あれから1年経った。
無理wwwwwwww
よって離婚して嫁と間男に慰謝料請求wwwwwwww
勿論間男の嫁にも連絡したwwwwwwww

124: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/27(水) 12:12:23.21
5年前の話。
元義父母が泊りがけで遊びに来たときに、元夫に離婚を切り出した。

滞在中、元義父母はわがまま三昧プラス嫁いびりに精を出す。これはいつものことで、
元夫は私に我慢を強いるだけ。元夫への愛情でなんとか我慢できてる状態だった。
でも、元夫の浮気が発覚。前々から怪しんでて、いわゆる興信所みたいなところに調査を
依頼してたんだけど、その結果を、元義父母が帰る前に聞いた。
で、枯渇寸前だった愛情も枯れ果てた。

元義父母と食事を終えた後、元夫帰宅。
リビングに入ってきた元夫に、笑顔で、
「ご飯にする?お風呂にする?それともリ・コ・ン?」
と聞いた。手に持つ緑の紙には私の分だけ記入済み。
呆気にとられる元夫、義父母に、離婚の理由、証拠があること、慰謝料請求も
するつもりであることを告げた。
それらは全部おどけながら言った。反論されても謝罪されてもずーっと。
そうしてないと泣きそうだったからなんだけど、多分ちょっとおかしくなってた。
元夫に「何ふざけてるんだ!!」って言われときに、「ふざけてんのはテメエだよ!!!」って
言ったのが唯一切れた瞬間かな。

あとは最低限の荷物と忘れないように証拠を持って、ビジネスホテルへ(実家遠い)。
結構勢いに任せてやったんで、我に返って弁護士探しとか苦労した。

25: 名無しさん@おーぷん 2016/02/05(金)13:46:48 ID:K9F
もう何年か前の話
旦那が頻繁に私の車に乗って泊まりがけで出かけていた
その後頻繁に車に落し物が落ちていることがあった
最初はピアス、口紅、ネックレスとかで椅子の下に落ちていたのを娘たちが気づいた
旦那に聞いても知らないといい、娘たちが「母さんこれ頂戴」というので全部娘たちにあげていた
後日「しけてるねー」「ほんとほんと」と言うので何のことが聞いたら、落し物を全部売ったらしい
「プラチナとかならよかったのにねー」「母さんみてー、ピアス一個じゃ使えないから携帯の飾りにしてみた」とゴミになるものを有効活用していた
そのうち、女物の手袋、ニット帽、靴下、ストールも落ちていて、靴下以外は綺麗だったので洗濯して自分で使うことにした
靴下はいつの間にか他人の匂いがついたものはズタボロに痛めつける愛犬のいいおもちゃにされていた
ごめんよ靴下

ある日、旦那が運転した後に娘が乗りこんだら中身そのままのお弁当がおいてあって腐っていた
娘達は密閉できるジップロックにお弁当を詰め込み、上の娘が達筆な字で「生ごみ」と書いて後部座席に返していた
そして一月ほどして、生ごみの持ち主からお礼の電話があった
最初に電話をとったのは上の娘で、少し話した後、私に取り次いだ
相手は馴れ馴れしい口調でお弁当の謝罪といかに自分が旦那と仲睦まじいかの自慢が始まった
暫く一方的にマシンガントークをした後、横で聞き耳を立てていた下の娘が我慢の限界という感じで、受話器に向かって言い返した
「お父さん、ゲ●治ったんですか!?」
一瞬にして無言電話になって切れた
翌日、女性にも思い当たるフシがあったらしく、電話がかかってきて確認された
旦那は周りに黙ってるけど間違いなくゲ●
男らしく勇ましいのは好みのタイプが初代仮面ライダーであの人に近づきたいから
見た目に騙されちゃダメよと宥めたら、相手は泣き出してその後は失恋話に付き合った
旦那と女性の馴れ初めは、旦那の夜釣り趣味の仲間の男性が女性の元カレ
ある日彼氏に夜釣りに誘われて行ったら旦那がいてあまりに紳士で惚れたらしい

私が旦那と結婚できているのは、旦那と幼なじみで同じ釜の飯をくい、同じ風呂に入って育ったため、旦那は私を女と認識していないから
どちらかといえば相棒的な存在に近く、私もそんな感情なのでお互いうまくいっている
私も女として愛されてるわけじゃないのよ

と説明したら少し立ち直れたようで、その後結婚しましたの報告がきたきりその女性とは話してない

最近久しぶりに落し物があったので思い出した出来事
娘たちはもう二人共結婚して家を出て、私も一人のんびり過ごしていた矢先だ
今回の落し物は男物のボクサーパンツなんだが、はて、旦那はトランクス派なのにコレは一体誰のだろうか

このページのトップヘ