修羅場

465: 名無しさん@おーぷん 2014/11/22(土)20:51:55 ID:iGV
社会人一年目で初任給は家族でディナーをしたいと思っていた
家族が私含め7人と多かったので、1人あたり2500円~のレストランに予約をした
母親が丁度誕生日を迎える事もあったので、予めそれも伝えてお祝いの準備もした
妹が酷い食物アレルギー、母が医者に止められている食べ物があるので、それも伝えミスがないよう念入りに確認した

当日、予約をしたレストランに行ったら、飛び込み予約のお客で待合所がごった返していた
私たちは15分早く着いたので、店員さんを呼び止めで到着した旨を伝えると、待合所で待つように伝えられた
座る場所もなく、15分ほどだし七人で立っていてはジャマになるからと、予約した私が残って家族は車で待つことになった
私は待つ間お手洗いにその場を離れたのだが、これが間違いだった
抜けていた時間は5分にも満たないくらい
戻ってきて暫くしたら
「6名様でお待ちの木下(私の苗字)様」
と、私と同じ名前の人が呼ばれて通された
ただ人数が違うので別人だろうと思ってたんだけど、その後待っても待っても私が呼ばれない
予約時間から30分、到着から45分たった頃に母親が「まだなのか」と聞きに来た
混み合っているとはいえ、流石に予約からこれだけ待たされるのはおかしいと
私はまた店員さんを呼び止めて、まだなのか確認した
すると驚きの返答が・・・
「木下様でしたら、すでにご到着されておりますのでご案内致します」
「え?」
「こちらです」
案内された先には知らない家族
私がお店に依頼して母の為に用意したプレゼント(名前入り)を前に談笑している見知らぬ家族6人
「私の用意したプレゼント!この人たち私の家族じゃない!!なんでプレゼントが盗まれているの!?」
思わずレストランで叫んでしまった
ピアニストが驚いて手を止め、他の客も私に注目
慌てて店員さんに奥に連れて行かれたけど、母へのプレゼントを奪われたショックで私はパニック

母がやってきて起こったことを順に照らし合わせると、簡単なことだった
6人という大人数で飛び込みできた客
待ち時間一時間半以上と言われてどうするか悩んでいたところに私がやってきて予約確認
その後トイレにたつのを見て、私の予約を横取りしようと思いつき実行
1人キャンセルと伝えて人数がずれたことで、私に気づかれる事無くすんなり成りすまし完了
これが一通りの流れ

病気の母とアレルギーの妹のために準備してもらっていた料理はその家族に食べつくされ、プレゼントも包装を開けられ、残っているのは私が頼んでおいたバースデーケーキだけ・・・
母と妹の食べられるものを準備できるかと聞いたら、母はともかく、妹は特殊なアレルギーなので無理だと言われた
プレゼントも人様が包装をあけて身につけたものをうばいかえす気にもなれず、何もかも諦めるしかなかった

734: 名無しさん@HOME 2012/01/16(月) 10:44:01.24 0
7割方片付いたんで、厄落とし書き込み。
箇条書きにしても長いかも。

・隣町の泥ママに車盗まれ&物損と人身事故起こされる。
・体調不良とショックで倒れ救急車で運ばれ即入院。
・入院中に泥ママ家族がなぜか被害届取り下げろと自宅凸
・何度か凸。しかし私入院中。(泥家族知らず)
・謝ると言っているのに、会わないとはなんという嫌がらせか!と大暴れ。
・泥家族なぜかヒートアップ。全然関係ない住人殴って通報され御用。
・盗難車に撥ねられ怪我した泥ママ親戚子の親が、うちに慰謝料請求。
・医療費請求する相手間違ってますよ?と注意。任意保険加入している会社が
 紹介してくれた弁護士大活躍。
・盗難車なので、私保険からも泥保険から保障が出ないなんて!と
 テンパってただけの親戚子両親すぐに謝罪。
・なのに、親戚子叔父がしゃしゃり出てきて、慰謝料払え!
 車の持ち主としての誠意を見せろ!と意味不明な事いうので弁護士に一任。
・弁護士に撃破された叔父、実は私の勤務する会社の取引先課長。
・私会社に嫌がらせ。
・参った直属上司が、私に謝って穏便にとか言い出す。
・更に参った私が、元上司(現別部署部長)に相談。
・元上司、現上司を蹴落とすネタゲット!!とはっちゃけ。熾烈な派閥争いへ・・・
・しかし元上司のおかげで、親戚子叔父僻地に飛ばされる&うちの会社が優位な
 お取引できて元上司ウハウハウハ。


と秋口から現在までの大修羅場でした。職場はまだ若干修羅場状態ですが。。
事故った車は廃車にして、保険&慰謝料で購入しなおし、年明け一番に
納車されひと段落中です。
先日弁護士さんが預かったという、泥ママ反省の手紙をちらっと見たのですが
あまりの電波にまた具合が悪くなりそうでした。

159: 名無しさん@おーぷん 2015/09/10(木)05:00:57 ID:Xrd
命の危険とかじゃない、些細なことなんだけど

私は旦那と16歳の頃からお付き合いさせてもらってた
旦那が1個うえ
旦那が成人式迎えた前年に震災で旦那が私の家に避難してきた
両親は幼い頃に亡くなってたので身一つで逃げてきて、私の両親に支えられながら一から生活を作り直してた
翌年私の成人式で、写真を残すことになった
そういえば旦那は写真も無くなってるんだよね、一枚撮っておく?と提案したら
「一緒に撮った写真がほしい」と言ったので、私の撮影プランに追加料金5000円を払い、ツーショット写真を撮影した
写真屋の人は「普通みなさん追加撮影はご家族でされるんですよ、彼氏とは珍しいですね」と言っていた
旦那はその写真を大事に大事に額に入れて、何故か我が家の玄関に飾ってた
私の家族は「面白い子ね」と笑ってとめないし、来客が来るたびに胸のあたりがムズムズして恥ずかしかった
そのまま彼とは籍を入れて私の家で生活してた
籍を入れた翌年は妹が虐待されている犬を引き取ったので家族が増えた
人間を怖がって最初は誰も触らせなかった
暗くて狭くて人の生活音が届きにくいところが好きなようなので、室内犬だったけど庭に犬小屋を起き、人が居る間は玄関を開けっ放しにして自由に出入りできるようにしていた
しばらくは誰にも構われない自分の小屋から出ようとしなかったけど、そのうち玄関から家の中を覗くようになり、家族が出かけたりする時は出てきて見送ったりしていた
そろそろ冬が迫ってきているし、家の中に小屋をうつそうかと話し合っていた時期に、見知らぬ女が開け放たれた玄関に飛び込んできた
犬が吠えるので何事かと駆けつけると、旦那の大切にしていた写真をビリビリに破いていた
私の顔を念入りに刻んでいて引いた
呆気にとられていると母が駆けつけ、同じくして犬が女の首に噛みついた
女の悲鳴で近所の人が覗きに来て、犬を見て玄関に挿してある傘で叩こうとしたり、それを母が体を張って止めたりとテンヤワンヤ
おじさんが「警察呼べ!」と叫んだのですぐに家電から110に通報した
女は錯乱してたので取り押さえられ、母も警察に連れて行かれた
私は犬小屋を部屋の中にうつし、吠えまくって失禁する犬をどうにか落ち着かせようと必至だった
女の正体は近所にある宗教団体の勧誘員だった
いつも私の家に勧誘にきていたらしいんだけど、私も母もインターホン越しにしか対応しないので気付かなかった
「私の話を聞かないくせにあんな写真見せつけて!」と一方的に恨まれていた
「私は彼との写真なんてないのに私も写真とりたかったのに私も彼とデートしたかったのに」と、要は私の旦那に一方的に好意を寄せてたらしい
旦那から聞いたけど、仕事帰りよく宗教勧誘の冊子と新聞を持って話しかけられてたらしい
でも私が宗教大嫌いなのを知って家に入る前には処分して黙ってたそうだ
ビリビリになった写真を見てドラマで見るように脱力系して膝をついてしばらく呆けていた
そんなに大切に思ってたなんて思わなくて、「写真はまた撮ればいいから」と慰めたけど
「この振り袖を着たお前が凄く気に入ってたんだ、こんなに綺麗な写真をなんで・・・お前なんで・・・」と言葉にならない言葉で呻いていた
事件のあとは写真のことを知る方々に「あんなにいい写真を失うなんて・・・」とほうぼうから慰められた
母にその話をしたら「あんないい写真もそうないと思う」と言われて、不思議な気分
もう私や旦那がどんな顔をして写っていたのかも思い出せない
あんなに毎日見ていたのに
友達にもこの話をしたら、「いいな、旦那との成人式のツーショット写真なんてなかなか残せるものじゃないよ」と言われて、今更惜しくなった
そんなにいい写真だっただろうか

908: 名無しさん@おーぷん 2015/08/18(火)11:28:15 ID:7aX
夏休みなので一人旅を計画し、妹が一人暮らししている県も通りかかったので
その晩は妹のアパートに泊めてもらった。
妹はちょっと変わっていて、何時に食事、何時に入浴と決まったサイクルで動かないと落ち着かない。
妹が風呂に入っている間、俺はテレビを見ていた。
玄関の方から何か、ガチャガチャ音がした。
ドアの向こうで数人が何か話している気配がする。スコープを覗くと若い男が数人いた。
いやな予感がして、音をたてないようチェーンをかけた。
かけ終わってほんの数秒後、ドアがいきなり開いた。
ニヤニヤ顔の若い男と俺、お見合い。どっちもしばらく呆然としてた。
俺「……誰?」男「あ、いや、間違えました」
ドアが閉まった。
何かゴチャゴチャ話している音がして、一回ドアを思い切り蹴られた。
混乱しすぎて「なんだ?なんだ?」としか思えず、とりあえずまたテレビを観出したが
ぜんぜん頭に入ってこなかった。
妹が風呂から上がってきて、妹の顔を見てようやく「あ!あいつら妹狙いか!」と気づいた。
たぶん妹が風呂に入る時間等も知ってたんじゃないかと…
妹に「こういう人相でこういう服装の男たちが4人来た」と説明するが
妹はまったく知らないと言う。
なぜ合鍵を持っていたのかも謎。
朝一番で大家に連絡し、俺の持ち金で鍵を変えさせた。
おかげで金がなくなりその場で旅行は切り上げになったが、俺がいて本当に運がよかったと思う。
帰ってすぐ親に報告。親父が真っ青になり
「金は出すからすぐ引っ越せ!」と妹に電話していた。

982: sage 2015/01/25(日)21:50:50 ID:1VB
さっきまとめに似た話が載ってて思い出したので書き逃げ。

当時大学生だった俺は、久しぶりに下宿先から実家に帰ってきてた。その日、親父は飲みに出てるとかで家にいなかった。

深夜なって酔っ払った親父が帰ってきて、俺の部屋の向かいのカーチャンの部屋にごそごそと入って行くのが見えたんだ。

大学生俺 (夜這いか?!つか両親まだヤってんのかよ…)

いろいろと衝撃だったが、まぁ邪魔するわけにもいかんので、息を殺して見守ってたのよ。

父 (ごそごそ…)
母 (zzz)
俺 (うおっ!早速ズボン脱いでる!)
父 (股間ごそごそ…)
母 (zzzz)
俺 (いやいやいや、せめてドア閉めてからにしろよwwつかカーチャン起こせよwww)
父 「…」
俺 (…?)

父尿「ジョ…ジョロロロロロ」

このページのトップヘ