義兄弟・義姉妹

730: 名無しさん@HOME 2014/11/03(月) 19:18:18.19 0
うちも義兄嫁がやや潔癖症。
義実家に人が集まる時は、トメの手料理や出前で頼んだお寿司などの
ごちそうの他に、必ず大量のおにぎりが出て来るんだけど、
義実家で同居している義兄嫁はふりかけ等を混ぜ込んで、ラップで
奇麗に包んだもの、トメのはワシワシ握った塩むすび。
そして、義兄をはじめ皆が食べるのは、トメの塩むすびの方。
義兄嫁はそれが面白く無いらしく、
「他人が素手で握った物なんか食べたく無いよね~」
みたいな事を私に囁き、しつこく自分の無菌おにぎりを勧めて来るが、
どちらのおにぎりを食べても角が立ちそうなので「後で頂きます...」と
スルーしていた。
最近は義兄嫁が、私の取り皿に勝手にラップおにぎりを置くようになり
私は私で義兄嫁が席を離れた隙に元に戻すという、嫁同士の静かな戦いが
始まってしまったw
今の所私はお客様状態で、食後の皿洗いくらいしか手伝ってないけど、
そのうちおにぎり作りに参加しろと言われそうで戦々恐々。

550: 名無しさん@HOME 2015/10/07(水) 17:48:37.68 0.net
九月の連休に旦那の実家に帰ったんだけど、小梨の旦那妹がいちいちうちの子の躾に対して口を出してきて気が抜けなかった。
もう少し優しく言ってくれればいいんだけど、言い方がまるで鬼教官みたい。
確かにうちの子も行儀が良いとは言えないんだけど、普段周りにガミガミ怒鳴る人がいない分
旦那妹に怒鳴られてさすがの子供達も最後の方は小さくなってご飯を食べていた。
まるで遠回しに自分が駄目母認定されてる気分。

445: 1/2 2016/03/11(金)17:30:41 ID:fmd
去年の話だけど、私が外出中に事故にあい、意識不明になった
生死の境をさまよっている間、夫が義兄家に娘(5)を預かってくれるように頼んだ
それまでお互いの子を預けあっていたこともあり、義兄夫婦は快諾

私が意識を取り戻したのは事故から2週間後、さらにそこから2ヵ月後に退院
冬でノロやインフルが怖いから娘を病院に連れてくることはせず、ずっと義兄家で
預かってもらっていた(義兄娘と同じ幼稚園だったので送り迎えまでしてもらってた)
その間、時々夫が様子を見に行って、そのつどお礼を包んで渡していた
ちょうど繁忙期だった夫の帰宅が毎日遅かったこともあり、義兄夫婦が
「お互い様だから、退院するまでは遠慮なく預けていてかまわない」と言ってくれたので
その言葉に甘えていた

退院して娘を迎えに行ったら「娘ちゃんです」と出してきたのが、娘ではなく義兄娘
義兄娘もぎこちなく「おかあさん」なんて呼びかけてくるし
「その子はお宅の娘だから連れてかえってくれ」という義兄夫婦の意図がわからず
困惑しつつも、もちろん受け入れるわけに行かず大揉め
最終的に2階に閉じ込められてたうちの娘を発見して無事連れて帰った

257: 名無しさん@HOME 2015/08/20(木) 00:36:11.90 0.net
半二世帯同居の兄嫁が嫌い

「婦人系の病気が見つかった。早くしないと子供が産めなくなる」と当時学生の兄を脅した末に結婚
その癖難無く子供3人ぽこぽこ産んで、共働きの約束破って主婦業も疎かな寄生虫化

働いていると嘘の書類を作成し上の子2人を保育園に入れて、「身体が弱い」だの「難病だから…」だの言いつつ毎日毎日末っ子とお出掛け週末は兄を引き摺り遊びまくり
寝込みもしない風邪すら引かない、頑丈そのもの

日中家にいないから兄夫婦スペースは埃だらけ、床の色が違うほど
それなのに両親スペースに髪が1本落ちてるだけで「子供が喘息になる」と嫌味たらたら

兄の洗濯、朝食とお弁当は母の仕事
勿論かかった費用は一銭も払わない

法事や家のこと何一つ手伝わないのに、お供えや頂き物分けるときには急に仕切り出して狙った獲物をまとめて強奪していく

些細な失態をした子供を気分次第で胸倉掴んで揺さぶったり怒鳴りつけて泣かせて放置、見兼ねて周りが子供を宥めようものなら更に追加で体罰

イライラが全て子供や兄に向かうため両親も歯向かえず、私も我慢するよう強いられているけど耐えられない

早く兄嫁から遠ざかりたいけど、私は事故の療養中で実家に戻ってきたため今は出たくても出られない
兄嫁は自分が一番辛くて可哀想じゃないと気が済まない性質だから、いかに私の後遺症大したことないかを毎日のように語ってくるし髪切られそうになるしもうやだ

220: 名無しさん@おーぷん 2015/11/04(水)02:35:06 ID:EGX
叩かれるの承知で投下

私の旦那はサラリーマンだけど
旦那の家系は飲食店など自営業者が多い

先月末に義兄の経営する飲食店が閉店したので
臨時で私も手伝いに行った

義兄の店は閑古鳥ってほどでもなかったけど
大盛況の行列のできる店ではなかった
儲かってはいないけど、客もちらほら入ってて
かろうじて黒字でやってるんだろうなと思われていた

ところが実情が違った
これは経営者としてのミスだから叩かれても仕方ないけど
縁故で雇った使えないバイトを切れなかった
その人が使えないので優秀なバイトも必要で
客入りの割に無駄に従業員が多かった
そして全員バイトだったらよかったものの
従業員の中に一人だけ正社員がいて、その人の人件費も嵩んで
結果的に経営者である義兄の収入は微々たるものだった
そして閉店に至った

このページのトップヘ