その他

935: 名無しさん@HOME 2013/03/31 11:19:55
入院中、痛みで不自由なところを社長にセクハラされた。
すぐさま同じ会社に勤めてる叔母に報告と相談をした。
「胸を触ったことを、叔母に言いつけたか?」というメールが社長からきたので
「本当に嫌だったので、相談しました」と返信。
「お前と叔母に、長年尽くしてやったのに、こんなに嫌われていたなんて情けない」
「あんなに良くしてやったのに、嫌われていたなんて泣きたい。ひどい」
「心を鬼にして考えなければいけませんね」
というメールがきた。
返事のしようがないから無視してるけど、叔母まで巻き込んでのクビフラグに病院のベッドの中で静かに修羅場。
確かに気にかけてもらっていろいろ面倒みてもらったけど
そういうのをセクハラ行為で一瞬にして台無しにした自覚がないのに驚く。
たった一度、胸を触っただけだろうと思われるかもしれないけど
あの日以来繰り返し思い出しては嫌な気持ちになって、ろくに眠れなくてつらい。

334: 1/2 2011/02/22 17:43:45
去年の事。従姉妹(新婦)の結婚式での不幸と最悪なおまけ。

新郎はオタク。新婦はそれを承知。
俺と弟は新婦と仲がよく、婚約する以前から新郎はもちろん、その趣味の友達とも交流があった。
優しい人たちで、たまーに会う時は兄弟共々よくしてもらってた。俺達はオタクがどうとか気にした事もなかったんだけど…。

新郎友人の席は結構な割合で趣味の仲間がいたようで、俺の見知った顔もちらほら。
新婦側や職場関係に気を遣ったらしく、新郎紹介ではオタク趣味に関して一切触れてなかった。
(良く思わない人も多いだろうから…と友人たちが助言したと後で聞いた)
途中までは何事もなかったんだけど、新郎友人による余興が申し訳ない事に…。
モノは六人での楽器演奏。メンツは全員知ってる人。曲目はクラシックだった。
「新郎の御友人による…」
てな紹介に、同じテーブルにいた別の従姉妹(中学生)が
「…あの六人すんごい年齢バラバラじゃない?何の友達かな?知ってる?」
と訊いてきて、弟が何の気なしに
「漫画のサークル。いい人たちだよ」
と答えた次の瞬間。
従姉妹の感情が大爆発。裏返った声で絶叫した。

273: 名無しさん@HOME 2013/03/21 19:16:42
去年の話
具合が悪くて、仕事を早退した(この時点では風邪だと自己判断して、家で寝ていれば良くなると思っていた)
熱が高くてめまいと耳鳴りが酷くて
車を会社に置いて、タクシーで帰宅
タクシーの女性運転手さんが気遣ってくれ
玄関まで支えてくれた
玄関をあけたら、無人のはずの家の中に誰かいた
知らない男性だった
「誰?!何してるの?」と叫ぶ私、キョドる男
これが第一の修羅場
タクシーの運転手さんが携帯で警察に通報
逃げようとする男を、玄関の傘立てに入れていた木刀で牽制
男は駆けつけた警察に確保、空き巣でした
私はショックで体調が悪化してそのまま入院

うちの家は家族全員車通勤で、シャッターを空けて庭に車を停めているので
車を留める音がしてから逃げれば良いと空き巣に入ったらしい
事前に家族の生活パターンを調べられていた
たまたま私がタクシーで帰宅して、シャッターの音がしなかったので空き巣は逃げ遅れた

タクシーの運転手さんが一緒じゃなかったら、どうなってたかゾッとする
空き巣が万が一見つかった時のために刃物を持っていたと聞いて
運転手さんと私の心の中が第二の修羅場

病気がただの風邪では無く、この入院のおかげで早期発見出て
初期で手術出来たので、無事完治したので記念カキコ

105: おさかなくわえた名無しさん 2005/01/17 13:21:52 ID:ZhSVkysO
宗教の話で思い出した。
大学生の時一人暮らしをしていた。
夏休みで、周りの子はみんな実家に帰り、すごく暇だった。
2chなんてまだなかったし、TVを見てすごす毎日。
暇で暇でイライラしているときに、ピンポーンと訪問客が。宗教の勧誘でした。
毎日一人で過ごしていて、人に飢えていて、誰とでもいいから
話がしたくて、勧誘の話を聞くことにした。
勧誘の話は矛盾だらけ。○○が前世では××で、神の子がどうたらこうたら。
電波ゆんゆんの内容だったので、矛盾点を一個ずつついていった。
最初は「神の思し召しなんです」とか分けわかんない回答が帰ってきたけど
負けじと矛盾点をどんどん挙げていったら、しばし沈黙し、「そういえばそうですね」と
少しずつ納得し始めた。最終的には、「私だまされてるんでしょうか?」と聞いてきた。
「宗教をというフィルターを通さずに、世間を見てみたらどうですか」と言うと、
「わかりました、一度帰ります。ありがとうございました。また伺いに来ます」と言って出て行った。

宗教勧誘を撃退してすーっとした。
でも、そのあとウチに来ることはなかったので、彼女が宗教をやめたのか続けてるのか
詳しいことは不明。思い返すと、危ないことしたなぁと思った。

513: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/08 22:01:23 ID:UYLzysAw
お正月休みが明けると旦那の会社は一気に忙しくなる。
休日出勤は当たり前、帰宅は最終電車に乗れるかどうか。
間に合わないときは会社で寝泊りするので寝袋をロッカーに置いてある。
最終で帰ってくる時は乗る前に電話があって、駅まで車で迎えに行く。
そんなこの季節になるといつも思い出す事がある。思い出したくないけど。

その夜もいつものように娘を同居している姑に任せて迎えに行った。
駅前で車を止め、ぼんやりと外の景色を眺めていた。
そしたら20代ぐらいの女の子がべろんべろんに酔っ払って歩いてた。
フラフラ歩いてはシャッターの降りた店の前で前かがみになって吐いてるみたいな。
連れらしき人は見当たらないし、危ないな・・・と気になった。
保護した方がいいのかな・・・と思いながら、でも女性とはいえ知らない人だし
周辺には同じように酔っ払ったサラリーマンや、ちょっと危ない感じのする男もいたので
車の外に出るのは怖かった。
そうこうしてるうちに、シャコタンにした車が路肩に止められ、
そこから出てきた数人の若い男の子たちが女の子に声を掛け、
ニタニタ笑いながら抱えるようにして車に乗せて走って行った。
あれは絶対危ないと思ったけど、110番しようにもその日に限って
いつもは必ず免許証と一緒にポーチに入れてる携帯を忘れてきてて、
かといって、大声を上げるのも追いかけるのもやっぱり怖くてできなかった。
ナンバーを覚えるにも暗くてよく見えなかったし、
ただ車の形からプレリュードってことだけは分かった。

このページのトップヘ