結婚・再婚

41: 名無しさん@HOME 2013/11/15(金) 16:44:32.50 0
金銭目的で資産家ヒッキーと結婚したのに
妊娠を機に自立すると宣言したのが修羅場

夫とは見合いで結婚した
引き篭もりを絵に描いたような人で
悪い人じゃないんだけど、暗くて他人と面と向かって話せないような人だった
大学在学中に心が折れたそうで、卒業後からほとんど家の中から出ないような生活だったらしい
ニート可という条件は、悉く見合いを断られた夫の両親が自分たちの死後を
心配した結果らしく、「金はあるから一生面倒見てくれる人を!」と
嫁というよりは世話人募集みたいだった
当時の私はお金に困っていたので、ありがたくこの話を受けることにした
夫の人間性はこの際、害がなさそうならいいかと、何かあれば逃げればいいかなって
結婚後、マンションをもらい、二人で生活することになった
私は夫の両親の話を丸々信じたわけじゃなかったので
仕事はやめずに働き続け、家事をしてハウスキーパー代は着服
私も夫も物欲ないので2~3年たつとにやける様な額がたまった
夫とは、次第に慣れたのか、少しづつ会話するようになり
一緒に家事をやったり、時たま外へ出るようになった
何の問題もない日々だったのに、妊娠が発覚して一転、夫が覚醒、
「私のおかげだ、子供に恥じない親になりたい」と突如就職活動開始

384: 愛と死の名無しさん 02/10/05 00:19
できちゃった結婚披露宴の途中でお色直しでもないのに花嫁が不在になりました
数分後、花嫁側の親族がパニック状態に!
私は新郎側の出席者だったので「もしかして逃げた?でも妊娠してるはずなのに」
と首を傾げていると、そっと耳打ちの伝令が届きました。

「新婦、流産しちゃったってさ」

当然、新郎は新婦に付き添って病院へ。
高砂席に誰もいないまま、披露宴会場はただのお食事会となりました。
残念ながら切迫流産で子供は無くしましたが
新郎新婦は今も仲良く暮らしているらしいので、まだよかったです。

469: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/02(月) 15:49:01.92 ID:leN5JB58
昔の話ですが。
17歳の女の子から50代のおっさんと結婚すると嬉しそうに報告された時、死ぬほど驚いた。
しかもおっさんは低収入、おっさんの母親&2人の独身姉と同居すると。
当時独身で結婚生活の事がわからない私でさえ地雷踏みに行くようなもんだとわかる。
必死に説得したが、彼女は入籍してしまった。
案の定、義母義姉達からはいびられまくり、肉体的精神的経済的奴隷と化した。
暫くはメールや電話で愚痴を聞いていたが、私もイライラしてきたので徐々に距離を置いて疎遠になった。
このスレ見てて急にあの衝撃を思い出したので書いてみた。

6: 名無しさん@おーぷん 2015/03/29(日)16:39:50 ID:Ma7
大学時代から付き合って結婚するつもりでお互いの親にも話をしていた彼が
社会人3年目を終えた頃に「本当にやりたいことが出来たから」と会社を辞めたことを事後報告してきた
そろそろ結婚の話を具体的に詰めようって時期だからびっくりしたし、
都会のマンション育ちの彼が突然農業やりたいと言い出しても現実味がなさすぎる
本人は「ちゃんとこれから働き農家も見つけてある。国の支援制度で固定給を貰えるから大丈夫」と言うけど
その固定給っていうのは総支給額が15万。雇用保険以外の福利厚生一切なし。
彼自宅から片道1時間かかるのに交通費さえ出ないという。
せめて働くならもうちょっと近所か福利厚生のしっかりしたところに行かないと駄目だよ、
それ以前に来年結婚する予定はどうなるの?と問いつめたら
「男が自分の生きる道を見つけたんだから女は黙って支えるもの」と逆に説教されて一気に冷めた
それでも何年も付き合ってたし好きだからかなり別れるまで悩んだけど、職場の先輩に
「その男は本当に農業やりたいんじゃなく、前の会社や(私)との結婚が
なんとなく重荷に感じて逃げてるだけじゃないの?
そんな男、一回でも支えたら一生全力で(私)の背中に
子なきジジイみたいにしがみついてくるよ」と言われた
その瞬間、子なきジジイのコスプレした彼氏が私の背にのっかってくる絵が脳内で鮮やかに浮かんで
「うわ、無理だ」と自分でも驚くほどスッキリサッパリ吹っ切れた

その元彼の近況を、最近たまたま聞いた
働いてる農家で、完全に彼の過失で高価な農業機械をオシャカにして
固定給から最低賃金の時給制に格下げされても辞めるに辞められなくなってるらしい
早く別れといて良かった

578: 愛と死の名無しさん 2010/05/18(火) 19:20:04
じゃあ、プチプチの上にメインは二次会な話ですが…

三年前、職場の女の子が社内恋愛で結婚することになった。
社内恋愛なので、もちろん新郎も同僚。
会社は大規模小売店なので現場をカラにすることはできず、職場から披露宴に参加するのは幹部・上司とあと数名。
その代わり、新婦は寿退社するんで送別会兼ねて二次会をパーッとやろう、ということになっていた。

ここで、なんでか、ホンットーになんでかわかんないけど、古参事務員のオバさんがはっちゃけた。

そもそもこのオバさん、大学出た子供もいる歳なんだがものすごい恋愛脳の持ち主で、
どうも新郎新婦のことも『アタシが二人を結び合わせて、結婚まで持っていった!』と思ってるフシがあった。
(実際は昼食時の雑談で、付き合いだした頃の新婦の惚気愚痴りデートコース選びのアレコレに口を挟んだ程度)
んで、なんでか、ホンットーになんでかわかんないけど、新婦が新郎と付き合う数年前に付き合ってた元カレを
二次会に呼ぼう!!と言い出した。 
新婦と元カレはきっちり終わってたし、元カレの転勤・転職もあり、すっかり疎遠になっていた。
現在は300kmも離れた県で別の会社に勤めているらしいし、いくら元同じ職場の仲間だったからって、
呼ばれる方も迷惑に決まってる。
と、そういうことをある人は諄々と、ある人はオブラートにくるんで、ある人は激しく直球で諭したのだが、聞き入れない。 
というか、我がプランに陶酔して、思考回路がそこへのみショートカットで繋がってる模様。
「新婦ちゃんの素敵な花嫁姿を元カレくんに見せてあげるの!」(なんでさ)
「元カレくんは今までアタシが見た中で一番のイケメンだから、新婦ちゃんと並んだところが見たい!」(なんのために?)
「きっと新郎くんと新婦ちゃんの姿を見て、元カレくんは『しまったー!!』って思うわよね!思ってもらわなくちゃ!!」(…orz)
そして事務員の立場をフルに活用wして、二次会の幹事役に内緒で元カレ氏に招待状を送ってしまった。

このページのトップヘ