悲劇

376: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/05/09(月) 02:26:17.90 ID:T2XSpShr
小さい会社の社長をやっていた母方の爺ちゃんが亡くなった、
遺産は長男と婆ちゃんで分けるって話に円満になって、
遺産を調べてみたら、ちょびっとしかなかった。
調べてみたら、亡くなる一ヶ月前に、ある親戚に8桁が渡っていた。
爺ちゃんに「俺がタヒんでも金の心配はさせない」と言われていた婆ちゃんがすっごい落ち込んでた。
でも、婆ちゃんが理由を知りたくないと言うので、何で親戚に8桁も渡っていたのかが分からない。
ちなみに爺ちゃんのタヒ因は突然タヒで前日までピンピンしていたし、事件性はない。

爺ちゃんに何があったのか、わけわからん。

689: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/07(木) 22:38:30.13 ID:1tcABjbf
頭悪いから文章がおかしかったらごめん。


高校2年の時に痴漢の容疑を掛けられた。
文化祭でトナカイのちょっとした着ぐるみを着てたんだけどその時に入ったお化け屋敷で女の子が肩をガッと掴まれたらしくトナカイの着ぐるみを着た人に掴まれたそうだ。
トナカイの着ぐるみなんてのは俺しか着てないから先生達は「お前がやったんだろ」的なスタンスで責め立ててくる。
身に覚えの無い俺は必タヒに否定したけど誰も信じてくれない。
一緒に入った友達が二人居たんだけどその二人はひたすら否定してくれていたらしい、だけど二人が否定している事も知らされず触ったと主張している相手が誰なのかも知らされずただ一方的にやったんだろと問い詰められた。
俺の学校は少し変わってて50分授業じゃなくて90分授業の5限ってタイプなんだけど3限までぶっ通しで尋問された。
勿論ご飯なんて食べてないし高校生って言ったって大人にそんな問い詰められたら不安にもなってくるし大分鬱憤もたまる。
国語教師の「お前のせいで私の授業が自習になっちゃったじゃん」の一言でその鬱憤が爆発した。

658: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/19(土) 16:56:50.95 ID:7DUA9GMk
先日解決したプチ修羅場。
見バレ怖いのでフェイクあり。

うちのマンションの隣の夫婦は月に4~5回壮絶な夫婦喧嘩をする。ぶっころすぞーオリャーバシバシお前がワリーんだろがガシャーン的なものが、今年の夏は節約してたのかベランダ開けっ広げで繰り広げられてて本当にウザかった。

夏の終わり、深夜1時頃。物凄い振動と絶叫で飛び起きました。そっから奥がベランダに引きずり出されたのか、「開けろードンドン」「ガラス割れたらお前のせいだからな!」「お前がワリーのに卑怯な手使うなよ!」と叫び続け、しまいには「タヒんでやるー!」と。

さすがにこれは寝れない、24しようとしたところナイスタイミングでパトカーが。別の方が先に24されたようで、私もマンションの通路に出て見てたところ状況を聞かれました。

長いので一旦切ります。
携帯なのでおそくなるかもです。スイマセン。

377: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/12(火) 22:48:37.04
なんというか、池沼の親ってモンスター(ペアレントという意味でなく)多いよ。
粘着差別厨っつーか。
そうじゃない人もいるけどね。

小学校のとき、特殊学級がなかったもんで知的障害のある子が同じクラスにいた。
たまに一緒に帰ってたんだが、この子は知能がかなり劣ってるってことと(繰り上がりが分からない)、
知能障害によるんだろう運動障害があるくらいで別に変じゃなかった。
みんな普通に遊んだり、接したりしてた。
親も挨拶とか、授業中騒がないとか、かなりきちんとしつけてた。

もう一人は前述の子より知能はあった(割り算が出来た)。
それでも親がおかしくて、全くしつけをしなかったからみんなに嫌われてた。
高学年くらいになったら体もすごく大きくなって、第二次成長と共に性欲もすごくなって、
所構わず自慰をしてた。
中学になって女と見れば盛った犬みたいになってて
(犬ゴメン。メスの同意がなけりゃしないんだよなお前ら)
自分の小学生の妹強姦して大騒ぎになったよ。
妹さんの逃げ込んだ先の近所の人があわくって救急車呼ぶくらいの大けがだった。
でも親は「可哀想な天使ちゃん」だった。

302: おさかなくわえた名無しさん ID:dGppEIF2
だいぶ前の話。母がくも膜下出血で亡くなった。
突然だったため通夜だ葬式だとあたふたしていたところに衝撃の事実が判明。
うちの家系を握っていた母が2000万近い借金をこさえていた。誰も知らなかった。
銀行からの催促状もきていたようだが、父も単身赴任で家にいないことが多く、
気づくとこはなかった。

父の名義の銀行関係一式を母が預かっていたのがまずかった。父の名義でも
銀行から借りていて、母の遺産放棄だけではどうにもならず、父は自己破産する
ことになった。

すべての処理が終わり、家族で落ち込んでいたところに追い打ちが来た。
『数日後に差し押さえをするよ』という市からの最終差押通知書だった。
母は住民税などの税金を数年前から滞納していたのだった。

直ぐさま市役所に走り、母の分は免除、父の分は分納になんとかしてもらった。
1年後、「もういいです」と父の滞納分も免除になった。何故かは未だに不明。

ちなみに母が何に金を使ったというと、知人の女性に貢いでた。その知人との
メールのやり取りで判明。後日呼び出して返す気はあるのか問いただしたところ
「体の具合が悪く~」だなんだとグダグダ言い訳をして、その後行方をくらませた。

母が亡くなってから数ヶ月が本当に修羅場だった。

このページのトップヘ