ワロタ

473: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/12/24(火) 21:28:00.21 ID:okl+dCBZ
夏の出来事
前提条件
マイカー:インプレッサワゴン
親父(50):身長160cm50kgスキンヘッド&ヒゲでサングラスで甚兵衛服と下駄(元関西人)
俺(25):身長156cm70kg体脂肪9%のヒョロオタ(5歳まで関西)

家族(俺運転、父、母、姉)で東北旅行で山道走行していたら後ろから走り屋らしき車に煽られた
メンドクサイから待避所に車止めて先行させようとしたら走り屋の車が後ろに止まって男2人が降りてきたんだ
親父が降りて話をしようと「なんや、なんかあったんかい?」(声デカイ)
相手の男2人は何故かすぐに車に戻った

俺は念のために仕事柄車に積みっぱなしの短管パイプ持っていった
相手の車のウィンドウを指でノックしたり
俺「すいません、なにかありましたか?」と無理のある標準語で優しく声かけたり
ドアをガチャガチャ開けようとしたり(ロックしていた)
したけど、男たちは車の中で固まって動かなかった
親父はタバコ吸ってノンビリしているw
親父の一服終わるまで俺はノックしたり声かけしたりしたけど相手の反応がないorz
親父「もうええやろ、帰るで」
と、何事もなくそのまま山道をノンビリ走行して帰ってきた
走り屋らしき車は煽ることなく遙か後ろをチンタラ走っていた

東北の山道は怖い
姉ちゃんが一番修羅場だったかも

679: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/02/20(木) 00:05:18.44 ID:QEUt4ZtQ
殺人疑惑で警官に自宅訪問されたのが修羅場。

身内が大の釣り好きで、しょっちゅう釣り船に乗って魚を釣ってくる。
ある日、21時頃に魚が重すぎて運べないとマンション駐車場からヘルプの要請電話がかかり
行ってみるとマグロがゴロリ。
頭から尾びれは身長160センチの私の骨盤くらいの高さ。重さは不明。恐らく30数キロの子どもくらいか?
デカすぎてクーラーボックスに入らなかったとかでビニールシートにくるまれてた。
ビニールシートにくるまれたマグロはまさに人型。

それを二人で、ひぃひぃ言いながら運んだ。
覚えてる会話は「どうすんのこれ!」「家に運ぶしかないだろ」「お前は頭を持て!」「血が垂れるから傾けるなよ!」
他には「ノコギリで解体できるかな?家庭包丁じゃ厳しいかな」とか。

どう見ても遺体運び出しです本当に(r・・・な状況。
駐車場に入りたそうにしていた奥さまがいたなぁとは横目に感じていたけど距離もあるし気にしてなかった。

家にに運び込み、新聞広げて包丁、ノコギリを駆使して解体してたらピンポンが鳴る。
出たら二人の警官\(^O^)/
そこには血塗れの私\(^O^)/
血生臭い部屋\(^O^)/

マグロ見せたら納得して帰っていった。
翌日、通報した奥さまに謝られたから、明らかにこちらのやり取りに落ち度があったから
気にしてないよと伝えてマグロの切り身をあげた。

身内はそれ以来、マグロなんかの超大物狙いはしてこなくなった。

444: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/02/13(木) 12:11:21.24 ID:e4apfnIa
今朝頭のフケが酷い同僚が出勤してきた時にいつにもまして頭や肩に付いていたからつい魔が差して
「あれ?雪が降ってきたの?」って聞いたら一瞬間を置いて理解した後に発狂して大暴れ。
怪我人こそ出なかったもののPCモニターやら椅子やらが破損する事態に。
その後その同僚は落ち着いたものの俺とそいつは今日は帰宅するように言われて今家にいる。

600: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/02/16(日) 01:45:30.57 ID:v4aqKJl3
友達にスナックに連れて貰った。あとから来た客が既に酔っ払ってるのか絡んでくる。
「ワレ俺が巨人ファンとしってその服きとるんか」と私の黒白ボーダーにケチをつけてくる。勿論違うし野球は見ない。
私が何かするたび「阪神女ァ!」と高圧的に呼び続けてくる。
店の子は外国の人で良く判ってない。

友達の連れてきてくれた店で喧嘩するのもな~と思いつつやっぱムカつくので
「何スか?ちんげ頭さん」と相手を呼んだ。
「そのちんげみたいな頭、何かのギャグっすかw」と煽ると全員大爆笑。

友達がボソッと「勝っ~た~勝った~巨人にまた勝った~」みたいな歌を謡いだして、修羅場なくらいちんげ頭以外再び大爆笑の渦に。
「このクソ阪神女ァ!」とキレだしてきたけど、ちんげフレンドが「やめろ。お前から絡んだんや。お前が悪い」とちんげ頭をたしなめ始めた。

すると向こうで友達が股間に手をやり、ちんげをつまみ、頭に乗せるジェスチャーをしてるのを見てちんげフレンドが吹き出した。

ちんげ頭マジギレしソファーや椅子を蹴り倒し警察の御用に。

ちんげがゲシュタルト崩壊しそうで修羅場。

508: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/18(土) 17:01:52.51 ID:PfHW1LJA
山に山菜を採りに行ったとき、後ろから「フゴっ」聞こえたので振り返ると、2.3mの距離に軽自動車の半分くらいのイノシシ。
とっさにしゃがんで石をつかんで投げようと思うが、イノシシは自分より小さいものには向かってくるんじゃないのか?と恐怖でしゃがめず。
そういえばイノシシに向かってジャンプ傘を開いた人が助かったとか聞いたことあると思い出すも、当然ジャンプ傘などない。
「要は、大きく見せればいいはず」と、コートの前を開き、山菜の入ったビニールをかぶり、前衣をバタバタさせながら「おひょー!!」と高笑いをすると、イノシシが後ずさり。
これはいける!と高笑い&バタバタをしながら追いかけると、面白いように逃げて行った。
修羅場は、この様子を山のふもとでたまたま見ていた祖母さんに、「アレはキツネが憑いとる」と線香で燻され、数珠の大きいのでひっぱたかれたこと。

このページのトップヘ