お葬式

337: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2015/10/28(水) 23:36:55.49 ID:CMe8pTZD.net
高校の時に隣のクラスの男子が事故で亡くなった
私は同じクラスになったこともなくよく知らない子だったんだけど
お葬式とか終わった後にその子の母親が訪ねてきて
「実は息子はあなたの事が好きだったらしい。分骨するので傍に置いてあげて」と言われた
うちの親も困惑してやんわりと断ってくれたが
「お願い!傍に置いてくれるだけでいいの!この年で死んだ息子を哀れと思うなら!」としつこかった
息子を亡くしたばかりでショックもあるだろうからあまりキツくは言えなかったけど
両親がなんとか追い返してくれた
その後もたびたび訪ねてきたり電話かけてきたりしたので一度警察に相談しに行ったけど
相手は女性、要求は遺骨を受け取ってほしいということだけ、ってこともあって
あまり真剣に聞いてもらえなかった
むしろ「遺族の方の気持ちを考えて遺骨を受け取るくらい~」みたいに言われた
あれから6年、私はもう社会人になったけど未だに時々「遺骨を傍に置いて」と連絡が来る

58: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/30(木) 09:56:59.95 ID:n2lRnUwk
長いです。吐き出しをかねて。
うちの近所に、いわゆる聾唖のおじいさんが住んでた。
祖父母と同世代くらいで、事情があるのか、家族はいないそうで、親戚とも離れて一人暮らしだった。
私は、小さい時、「聾唖」ということがわからなくて、どうしてあのおじいさんはいつもニコニコしてるのに、
挨拶しても返事してくれないのかな?と思って、母に尋ねた。「おじいさんは耳が聞こえなくて、喋ることもできないの。
だから、あんたが挨拶しても聞こえないの。無視してるんじゃないのよ」と教えられ、聞こえない、喋れないってつらいなと思った。

そんなおじいさんに、弟はよく懐いてた。おじいさんは手話もできなくて、意思の疎通は基本的に筆談。学校もまともに行けてないそうで、
ひらがなばかり。弟が「今日ね、○○(差別用語)さんに漢字教えてあげた!」と言った時、母が卒倒しかけたけど、その差別用語は、
おじいさんが幼少期からずっと、周囲に言われ続けたことだった。自分が耳が聞こえないのは本当だから、と。
両親は弟に「いくら本人がいいと言っても、そう呼んじゃ駄目」と言っていたが、6歳の弟にはよくわからなくて、結局、親が折れた。
幸い、近所の人達も、おじいさんが自分のことをそう言っているのはわかってたから、弟は責められなかった。

189: 1/2 2013/04/22 12:30:23
お葬式の精神的な修羅場話でひとつ。

老人ホームに入っていた、身寄りのない知人が百歳目前で大往生したんで、
私と母と弟二人でお葬式に行ったことがある。
そこはカソリック系の特別養護老人ホーム(っていうのかな?)だったんだけど、
お葬式はどんな宗教宗派でやってもおkだったので、
知人亡くなった旦那さんの菩提寺の、曹洞宗の坊さんがやって来た。

シスターがウロウロしてるなか、仏教式の祭壇がしつらえられ、
坊主がお経を上げてるってだけでもかなりシュールだった。
しかも曹洞宗は読経の途中で立ち上がって、喝入れるのね。
いきなり「かあ~~~つ!かあ~~~つ!!」と眉毛の太いギョロ目の坊主が
立ち上がり、印を切りながら(?)大声で叫ぶのでびっくりした後、
視界の隅にシスターが入ったもんで、
シュールすぎる光景がおかしくなって、笑いを堪えるのに必タヒだった。

このページのトップヘ