キチ

7: 名無しさん@おーぷん 2015/05/18(月)00:17:27 ID:kPW
独身♂の話なのですが、流れを豚切り投下します。

1年ほど前の修羅場。
長文になります。

登場人物
・俺♂(当時25歳)
・キチ♀(40超えてると思ったら30代だった)

当時の俺は、仕事の関係で地方都市に住んでた。

俺は趣味でロードバイクに乗っていて、
休みの日にはポタリングに出かけたりしていた。

ある日、少し遠出をした俺は、尿意を催し、公衆トイレに立ち寄った。
カギは持ってきていなかった為、
トイレの中から見えるところにロードを置き、用を足しているとき、
外に置いてあるロードのそばに、怪しい人影が近づくのが見えた。

よく見ると、妙な女が俺のロードをジッと見ている。
「倒れたりするとシャレにならんから、手を触れてくれるなよ…」
との願いも届かず、
俺のロードを手にかけたと思いきや、手で押しながら、ロードと共にその場を去り始めた。

740: 恋人は名無しさん 2013/09/12 18:51:59 ID:MZSXqUcF0
結婚して一年平和に過ごせたので、記念に投下
多少のフェイクあり
長文です

スペック(当時)
彼男=元彼、2流国立大4回生、自己愛と(本人は気付いていない)劣等感で歪む。高校は公立のトップ高
私子=私、Fラン国立大3回生、面倒なことが嫌い。中高一貫の難関高出身(落ちこぼれw)

彼男とは、友達の紹介で知り合う。
初めて「???」と思ったのは付き合って3カ月のとき。
彼男が勝手に私子のケータイを勝手に見て「ほかの男とメールするなんてヒドイヨ」とDQNなのことをのうのうと言ってのけるため、私子ドン引き。
それで別れ話を切り出したら、「話し合い」と称して私子の門限(夜11時)に帰してくれない彼男。
私子母「常識ない」「私子のこと大事に思ってないんじゃないの?」と激怒。
とりあえず別れ話は顔見てだよな、と思っていた私子は会って別れようと頑張る。でも帰してくれない、というか車に軟禁!!(力づくで押さえつけられて出られない)
もういい、と着拒すると来るわ来るわロミオメール。別に浮気したわけでも暴力されたわけでもないからいっか、(めんどくさいしw)と放置。(これがすべての誤りの始まり…)
1度目の修羅場(人生初修羅場)

そのうち、彼男の本性が露呈し始める。
当時はデートDVなんて言葉普及してなかった。(鈍感すぎる私、気付かない)
・「男女の友情なんてありえない」→「男友達をすべて切れ」(男友達とは共通の友人がいなかったので、だれか交えて3人で会うとか無理)
・私の父が末期がんに→「俺と父親どっちが大事なの?」
・父の葬式→「俺、顔も見たことない人の葬式行きたくないし、線香もあげにいかない」(このときには将来結婚しようとか言われてた。私は流してたw)
・私、大学卒業し、父も亡くなったので、就職する。→「一人暮らしするなら、俺の大学の近くにして。」→そんなに不自由じゃなかったし、まあいっか。

700: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/03/09(土) 08:51:02.21 ID:agDdtnf1
自分は家以外畑と田んぼしかないど田舎に住んでいた
小学校低学年の頃、自転車で下校中周りが田んぼのあぜ道を走っていたら、後ろから母が乗る車が
車一台がギリギリ通れる広さの道だから端によけたが、母は追い抜かず自分の真後ろをゆっくり走っていた
自分がスピードを出すと母も少しスピードを上げて追いかけてくる
自転車のガキと車の追いかけっこになった

轢かれるどうしようと焦って自転車こぎまくっていたときが修羅場だった
6歳が出した結論は、ピコーン!ものすごい端の方に行けば車はついてこられないから諦める!だった
もうちょっとであぜから田んぼに落ちちゃうギリギリのところまで行った。自転車を降りてドヤ顔した
追いかけてきた母はおそらく止まろうとしたがブレーキとアクセルを間違えたのか、
そのまま自転車ごと田んぼに突っ込んだ。自分は無傷
一歩間違えたら自分はタヒんでいたかもしれなかった

その後父が田んぼの持ち主に謝罪に行くので同行しろと母に言うと
私は悪くない、(自分)が避けたから田んぼに突っ込んだ、(自分)が悪いと斜め上の理論をかまし
轢くつもりだったのか!?→違う、逃げる(自分)の慌てる顔が面白かったからやっただけだ!と堂々巡り
田んぼの持ち主含むいろんな人と揉めに揉め
母はこんな糞みてえな田舎住んでられっか!と家を出て行ったらしい(これらは父談)

未だに母の考えがよくわからん

370: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/05/08(日) 23:07:15.12 ID:rACi3zDE
アスペルガー持ちの人がホントに一般の人と考え方が違うんだな、ってこと。
自分で行ったたから間違いないんだろうけど、会議長引くと当たりのものを壊し始めるんだよ。
「6時半までって言ったのに!6時半までって言ったのに!」
とか言いながら携帯折ったり、ペン折ったり、鞄の中身の紙引き裂いたり、
イヤホン引きちぎったりとまあなかなか衝撃的な光景だった

このページのトップヘ