セクハラ

745: 名無しさん@おーぷん 2015/08/03(月)10:36:41 ID:5LF
私は大学進学のため18で実家を出て上京、そのまま関東で就職した。
私が大学3年の時、兄が結婚して兄夫婦が両親と同居。
小姑が泊まるのは兄嫁さんに迷惑だろうと、帰省する時は土産持って1~2時間お茶いただいてホテルに一泊して帰っていた。
なので実家に8年以上泊まっていなかった。
ある年、お正月前に母から電話があった。兄嫁さんが都合で実家でお正月を過ごすそうで、大掃除の人手が足りないから
今年は帰省して泊まってくれという要請だった。いーよと答え、29日に愛車で高速使って田舎へ帰った。
帰ってすぐ高校時代のイモジャーに着替え、掃除にかかった。
父が「久しぶりだな~、おまえが家にいると、普段の家じゃないみたいだな」とニコニコしながら寄ってきて
いきなり私の胸を掴んだ。驚きすぎて悲鳴があげられなかった。
「え?え?」となっていると母が「もうお父さんたら~」兄が「久しぶりでうれしいんだよ、スキンシップだよ」と…
「ええええ?」と混乱しつつ「出来心かも。次やられたら絶対悲鳴あげてビンタしよう」と決心した。
次、棚を掃除してたら後ろから尻にベタっと掌を当てられ、上にベロンと撫でられた。
気持ち悪すぎてやっぱり悲鳴が出せず、そばの母をマジマジと見ると、母は見なかったふりで目をそらした。
何この空気?実家ってこんなとこだったっけ?と兄をつかまえて、
物陰で「いつの間にお父さんはあんなセクハラ爺になったの」と詰問した。
兄は「おまえが帰ってきて嬉しいだけ。親父なりのスキンシップ。お前と距離を縮めたいだけ」と繰り返す。

729: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/23(木) 01:01:03.61 ID:VPwfP4gY
大学一年生の夏休みのことです。
温泉が好きで着付けも出来るので一ヶ月のみの中居のアルバイトに某有名温泉地へ行きました。
アルバイト自体初めてでしたけど、接客未経験でも大丈夫という文言をバカ正直に信じていたので
いたので、初日から心を砕かれました。
30分前に仕事場について遅いと30分説教
自前の着付けセット(祖母から借りた上等のもの)を豚に真珠と笑われる
団体客の朝食の部屋で、「すみません、新人なんですけど本当に能無しで今まで何して生きていたんでしょう。
多めに見てやって下さい」とお客様に挨拶
あだ名は動かないゴキブリ
仕事出来ない奴に休憩は要らないと休憩なし
草履を生ゴミシューターにポイ
初日から帰ろうかと思いましたが、交通費貰えないので我慢しようと思いました。
二日目は男性のみの団体旅行の宴会で、コンパニオンが大量に来てドン引き更にコンパニオンが脱ぎ出して二重にドン引き
酔ってるお客様だらけで、お尻や胸を触られる上に、おじちゃんが床上手に仕込んであげるから部屋においで
とか耳元で囁かれるその他セクハラ三昧
気持ち悪いので中居長に相談したら、相手してもらえるだけ儲けもんと思えと言われました。

767: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/30(木) 14:18:11.60 ID:LSjdRjbi
初めて教会での友人の結婚式に出席したときの話。
バージンロードに一番近い席に私は座ってた。
扉が開いてウエディングドレス姿の友人が父親と並んでゆっくり歩いてくる。
拍手の音で何を言ってるのか聞こえないけど、花嫁と父親が何か呟きながら歩いてくるのは気が付いた。
「幸せになれよ」「お父さん、ありがとう」「キレイだな」「てへ」・・・とか
友人の方はベールに隠れて口元が動いてる程度しか分からなかったけど、
そんな感じだろうと想像しながら微笑ましく眺め、拍手をしていた。
ところが私のそばまで来た時、突然花嫁が父親の方へ身体を向けアゴにグーパン入れた。
ピタッと拍手が止み、そこにいた全員が固まった。
花嫁は扉の方へのっしのっしと戻って行った。
父親はその場に腰を抜かしていた。そして追いかける花婿。
かなりザワザワしたけど事情が全く分からず、15分ぐらい経ってから
今度は母親と一緒にバージンロードへ出てきて、そのあとは滞りなく終了。
その後カジュアルレストランで簡単な披露宴があって、そのまま県外に嫁いで行ったので
花嫁である友人には何も話を聞けず、私たち友人一同謎のままだった。
が、たった一年でその友人は離婚して戻ってきた。
そこでやっと明かされた当時の話。

154: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/09/05(水) 22:30:38.30 ID:8Ck7bPP0
流れ読まずにフェイクいれて吐き捨てる。

数年前に福祉関係の仕事場に出向した時、私は専門の職員として行ったんだけど、
その仕事場は人手が足りず、事務だの何だのも良かれと思って手伝った。
それはそれで喜ばれ、「○○さん(私)がいてくれてよかった~」とか
言われながら、1カ月ぐらい普通に過ごしてた。
でも途中から、私とは別の専門職の人Aさんが、「○○さん、すご~い!」と
言いながら、「私は何もできなくて~」と自虐しだし、しばらくしたら目が冷たくなってきて、
「専門職員が事務することなんて無い」とだんだんと当たりがキツくなってきた。
Aさんは8時間勤務の中、他の人たちがどれだけ忙しくても、「専門職だから」と自分は
コーヒー飲んで新聞読んで、みたいな優雅な時間を過ごしていた人。
これについては私が手を出す範囲を越えていたから、賛否両論あるんだと思うけど、
目の前で仕事に溺れそうな人がいるのに助けないのはどうかと思った。

それで忙しい時が続いて、嫌味もほぼほぼ無視していたら、いきなり仕事中に泣きだして、
「○○(私)さんがいじめる」と周囲に訴えだした。
でも周囲の人にも私の仕事状況は見えるので、全員「そんなことないよ」と全否定してくれて、
職場の聴き役みたいな人が、Aさんと話をしてくれたところ、結局彼女が思っている
「いじめた」という話は、「Aさん、こうした方がいいんじゃない?」という私が直接注意した
一言で、それはAさんがずっと(もっと強い言葉で)注意され続けていることだった。
さすがに私では対処できないので、施設のトップがAさんを面談したけれども、
Aさんは「私が怒られることなんてしていない!」と大騒ぎ。さらに面談が二人っきり
だったから、「施設長が私をセクハラした!」といろんな人に訴えだした。
それでスタッフは全員、「生温かく見つめよう」みたいなこと言いながら、遠巻きにしていたら、
Aさんは施設利用者にそのことを訴えだし、利用者がだんだんと施設を退所して
半年後には、施設利用率がえらいことになる。さらに、利用者の一部が、「セクハラがあった」
とかと県や市を巻き込んで騒いだため、施設が機能停止になるまで追い込まれて、
施設が閉所。最悪な状況になった。

916: おさかなくわえた名無しさん ID:Bin6Izjd
結婚後、義実家の法事で親戚一同集まる中で、男性親戚一同にセクハラされたのが人生最大の修羅場
夫は止めるどころか、ベロンベロンに酔って、率先して人前でセクハラしやがった
もう嫌だ!と叫んで、そのまま実家に避難
あったことを両親に話して、離婚する方向で動いた
夫からは酔っていたんだから、仕方が無いじゃないかガッハッハと謝罪する気ゼロ
半年くらい揉めに揉めて、先月ようやく離婚成立
「君のその大きなおっぱいじゃないと生きていけないんだ!やり直そう!」と昨日メール来てたが、無視してる
胸が大きいから結婚してやったんだよガッハッハとあの時親戚中に言って回っていたのだけは忘れられん
今では男性恐怖症みたいな状態になってしまっているよ
もう一生独身でいいや

このページのトップヘ