パワハラ

454: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/09/05(木) 05:08:19.00 ID:Auk5wop6
携帯からなんで読みにくかったらすみません

昔働いていた職場は徒歩10分。
そこの職場が経営する老人用マンションに住む顔見知りのAと言うお婆さんがいた。
職場でも時々会うそのAさんは良い所で育ちましたみたいな感じでお化粧して服装もお上品な感じで愛想も良くて面倒見も良いから顔と名前を直ぐに覚えた。

ある日、仕事から帰っていると橋の上によれよれのお婆さんが立っている。
薄暗いから良く見えないけど、Aさんに良く似ている気がした。
普段なら気付いて向こうから挨拶してくれるのに、真横を通ったけど挨拶も無い。
だから別人だろうと思いながらも、なんだか幽霊みたいで怖いなーと思いながら帰宅した。
翌日出勤したらAさんが橋から飛び降りて入院した、うつ病らしいとの事。
あの時、声をかけていたら、何か変わったかもしれないと落ち込んだ。
それから数日後、夜に犬の散歩に出ようとした母親が「何してるの?」「こっちに来て」とか玄関で言ってる。
犬でも迷い込んだのかな、と思ったけど、母親の声が何かおかしい。
揚げ句父親を呼びはじめて自分も玄関から顔を出した。
ちょっと複雑な構造をしてるから説明しにくいんだけど、我が家は三階。
玄関開けると屋上みたいなスペースがあって、柵の向こうに人がいらっしゃる。
しかもAさん。
子供の頃に柵の向こう側で遊んでたから抵抗無く、無意識にAさんと同じ場所に立って、足を踏み外しても大丈夫なようにガッツリ支えて親に通報して貰った。
因みに柵は胸元まであるから下手に引き上げようとして、暴れられたら間違いなく落ちる。
警察が10分たっても来ないから急かすように父親に伝えたり、Aさんを落ち着かせようと声掛けしたりした。
警官二人で引き上げてもらい、入院先と住所と名前を伝えたりした。
病院から抜け出してなぜか我が家にたどり着いてタヒのうとしたらしい。
深夜に上司に電話して事情を伝えて、一段落したら気が抜けて私、大泣き。
本当に怖かった。


一旦切ります

378: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2011/12/12(月) 21:58:30.37 ID:wc1vuFoS
会社でスゲー執拗なパワハラに遭ってた人、何か声かけるのも躊躇するくらい
日に日に弱ってきて、いきなり出社しなくなったかと思ったら、実は逮捕されてて
(放火とか不法侵入とか繰り返したらしい)、会社首になって拘留終わって実家に
強制的に帰らされて、しばらくしたら自さつしてたな。
もともとはおとなしくて思いやりがあって朗らかでよく笑ういい人だったんだけど。
仕事も真面目で一生懸命だったし。発達障害とか何とかで要領が悪かったから
目を付けられちゃったんだな。会社で最後に見たときなんか目がタヒんでたねw
本当犯罪するような人じゃなかっただけにみんなかなりショック受けてた。
俺はそいつあまり好きじゃなかったから別に辛いとか思わないけど、人って
そんなに変わるものなのかと思った。

430: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/13(日) 21:53:45.32 ID:Yicn+aN8
数年前、直属の上司にパワハラを受けてたのが修羅場。
「実家暮らしは自立できない甘ったれ」
「お前の仕事のダメっぷりは周囲も呆れてる。誰も何も言わないのは心底お前に失望してるから」
「お前のような存在を育てた親はゴミ同然」
「臭い、汚い、目障り」
こんなことを1年以上、毎日言われ続けた。

何もしなくても涙が出て止まらなくなったり、臭いが気になって何度も自分で上着の臭いを確かめたりもした。
当時母子家庭で、父親タヒ亡時の保険金も微々たるもので、年の離れた弟と要介護の祖母のためにも絶対に仕事は辞められなかった。
自社から客先へ出向する形で上司と私しかいない職場だから誰にも相談できず、耐えるしかなかった。
あいつが異動になる時期が分かっていたから耐えられた。

今思えば暴言を録音してもっと上の上司に訴えれば良かったんだと思う。

最近やっと、フラバも起こさず薬も飲まなくて良くなったから記念カキコ。

このページのトップヘ