メンヘラ

11: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/12(金) 17:14:10
友達だった子の彼氏の浮気現場に友達と一緒に遭遇したことかなぁ

しかも、彼氏の浮気相手が友達の姉
もともとメンヘラだった友達包丁持ち出して暴れたんでこっちまで殺されそうになった

532: 恋人は名無しさん 2010/06/05 22:27:28 ID:WK/bVd560
修羅場なんて無縁だなー皆スゴイなーと、暢気にロムってた自分だが突然封印されていた記憶の扉が開いた。
巻き込まれたプチネタ投下。
10年近く前のことなので記憶が曖昧だけどスミマセン。


○井私子・・・自分(女) 社会人2年目 彼氏はいない パッと見は愛嬌があり派手顔らしい(友人談)が、内面は喪
A山さん・・・職場の先輩(男) 35歳 ×1で再婚している(子供はいない) 陽気で面白いが、怒るとコワイ 女性に優しい(若いコには特に)
       長期の海外出張から私子と同じ部署に戻り半年
A山奥 ・・・A山さんの奥さん 29歳位 A山さんとは社内恋愛(退社済み) 元事務員なだけあり、電話での口調は丁寧


私子は新卒入社後、事務職の割に多忙な日々を送っていた。
A山さんは同じ部署だが研究職の為、私子がいる部屋とは少し離れた研究室で働いていた。
研究室には電話がないので、研究職の人への電話は事務職が受け、保留をして研究室まで呼びに
行かなければならなかった。

A山さんが海外から戻って来てから、ひと月に2~3回は奥さんから電話があり、その度にA山さんは
小さい子供に話すような優しい口調だったので、ラブラブな夫婦で愛妻家なんだな~と勝手に思っていた。

ある平日の昼休みに自分の席で休んでいると、公衆電話から私子の携帯に着信が。
普段は着信音をサイレントにしているが、たまたま目に入ったので携帯片手に廊下に行き、電話に出ると
女性の声で「・・・あっスミマセン、間違えました。」
私子「いいえ~。」と切ろうとしたら、相手の女性「お名前聞いてもよろしいですか?」
「?」と思いつつ、やましい事も何もないし平凡な姓なので「○井です。」と素直に答え電話を切った。

302: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/29(火) 20:31:23.38
母親が自さつしたんだけど、搬送先の病院のICU手前の控室で、
父方親戚一同と母方親戚一同が一堂に会してて、
父方のみなさん「ふじこふじこ」『あqwせdrftvぎゅhじ』{『(}.・・・くぁwせdrfgy
母方のみなさま「ふじこふじこ」『あwせdrftgyふじk』{≪(},ぱしろへんだす!

ずっと当時の記憶がスッパリ飛んでたけど、なんか唐突にこのシーンだけ思い出したので下記子

11: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/12(金) 17:14:10
友達だった子の彼氏の浮気現場に友達と一緒に遭遇したことかなぁ

しかも、彼氏の浮気相手が友達の姉
もともとメンヘラだった友達包丁持ち出して暴れたんでこっちまで殺されそうになった

811: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/01(月) 16:28:09
暇なので長文投下。

ありがちな修羅場だけど自分が小学の頃、父の愛人が家に凸ってきた。
夫婦仲が微妙になってるのは毎夜繰り返される両親の言い争いで理解はしてた。
ただその言い争いの理由が父の不倫で、まさか愛人が私も知ってる人だとまでは
知らなかった。

その日は母の誕生日だった。
放課後、貯めた小遣いを持って母へのプレゼントを買い帰宅。
その日は父が珍しく風邪を理由に仕事を休み、今のコタツで寝ていた。
父にプレゼントを見せ、隠し場所の相談をしているときにチャイムが鳴った。
母は電話中だったため、私が玄関に向かう。
「どちらさまですか?」と聞くと父の同僚の女性。
何度か私も会ったことがあり、優しくて綺麗なお姉さんだった。

「お父さんにお話があるの、今日お休みだったから」と言うお姉さんに
「ちょっと待っててねー」と告げて父の居る居間へ。
「○○さん来たよ?お父さんにお話があるってー」と父に言うが
父は「寝てるって言え、帰ってもらえ」としか言わず、動かない。
仕方なしに玄関へ戻り、「父は寝ています」と言うがお姉さんは帰らない。
困り果てて未だ電話中だった母に
「○○さんが来てね、お父さんは寝てるって言えってしか言わないし・・・」
と告げた瞬間、母が電話を叩き切って
「二階に行ってなさい」と言い残して玄関に走っていった。

このページのトップヘ