中学

240: 名無しさん@HOME 2012/11/22 23:04:16
中学二年の時にクラス替えがあって
一年の時から文武両道で秀才と有名だった女子と同じクラスになった
仮にその彼女をAとします
おっとりしていて、色々なことが出来るけどそれを鼻にかけることもなく
私も勉強とかを教えてもらったりしていた
でも、ある時パンッ!という良い音と一緒にそのAがBを平手打ちしていた
BはAの席の隣の女子。授業中だったのでクラス中に音が響いたのを覚えている
Bは奇声をあげて大暴れ。Aは冷静に先生に手をあげたことを説明しながらBの上に乗っかって
暴れさせないようにしていた
でもやっぱりBも騒ぐもんだからクラス中パニック
Aの家は母子家庭(お父さんは病タヒ)Bは医者の娘
「貧乏人があたしの隣にいると反吐が出る、なんで私立中学にいるの?
あんたのお母さん汚いよね。あ、お金を稼ぐのに大変だからか」
と言われたから思わず手が出たというA。これはBも言ったと断言している
中学一年の頃からずっと言われていたそうでもう我慢できなかったとか
大人しくて普段ふわふわしていたAの怒った顔は今でも忘れられない。すごく怖かった
Aと久しぶりに会って思い出話としてそんな話がでたので書き込み

187: 本当にあった怖い名無し 2012/05/13 11:03:00 ID:1WZJTK3a0
中学高校とすれ違う度に複数人にキモいと言われ続けて、高3で精神崩壊して中退した。今は高認取ってそこそこの大学に通ってる。
去年の夏休みに実家に帰る途中の電車の中で、中高一緒で俺にキモいと言い続けた奴が前の座席に座ってた。
俺は大学に入ってから20kg近く痩せたから相手は気づいてないようだった。相手はいかにも田舎のヤンキーみたいな格好してユニクロの袋にペットボトルとか入れて漫画読んでた。
その時点で少し恨みも減ったけど、何かやり返さないと気がすまないと思ってたら相手が降りてしまった。

546: 本当にあった怖い名無し 2012/08/06 16:59:53 ID:qRgLF8zO0
中学1年~2年で結構ひどい虐め受けてました。
原因が容姿のことだったので、思春期の私にはとても辛かったです。
(今はお化粧で隠せますが…その頃は家でも学校でもどんな理由であれ中学生にお化粧はNGでした。)
陰口だったのが暴言→罵言と変わり、校舎横の裏道で小突き回されたり、お金を取られたりしました。
その癖証拠が残るような事はされず、その上「チクったらもっと非道いメに遭わせるから!」と脅され、どうしようもなくて病んでました。
図書館が安らぎだったのですが、学校の図書館は虐めっ子らが巡回してくるようになり、早退したり休んだりしては市立の大きな図書館で過ごしました。

767: 恋人は名無しさん 2013/09/13 14:06:14 ID:bv9gUtEI0
決着がついたので投下。

中学3年の間しつこく私を粘着して虐めてきた女を、兄が婚約者として連れてきた事。
事前に婚約者を連れて帰ると聞いていたので、母と二人でwktk待機してた。
玄関で奴の顔を見た瞬間、今までされた事が頭によみがえってきた。
奴はにこにこと笑って「はじめまして」って言ったよ。第一印象だったなら、きっと好印象を抱いたと思う。
茫然としてる私を尻眼に「婚約者様」の紹介は滞りなく進んで、母も大層奴を気に入って
いい人捕まえたわね!なんて帰った後兄の携帯に電話するほどに気に入ったようだ。パニック障害が残ったせいで
通勤が出来ず在宅で仕事をする私と、バリバリ稼いでる奴。味方なんていないと思った。学校でもそうだったんだから。
私の事を覚えていないのなら、視界に入らないよう気をつければいいと思った。でも奴は私を覚えてた。
兄からメアドを入手したらしくすぐにメールが来た。結婚したら同居するつもりな事。私を追い出すことは考えていないから
よろしくねって。昔みたいに仲良くしようね!って

すいません長くなります。続き

230: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/01 01:48:05 ID:K06MnXG6
初カキコ。豚切ごめんなさい。
だらだらと勝手に書く。主に友人の話。

中学の時に知り合い、親友になった子がいた
(以下親友)
すごく明るい子でおっさんぽいところが
あるけどそれがまた魅力な親友は
高校入学と同時に彼氏ができた(以下親彼)
だけど入学から2カ月ほどで病気になり
入退院を繰り返すうちに留年決定。
体の回復を最優先に、また親彼も
もっと近くで支えたいとのことで
親友の家に居候しながら
親友父の会社で働くことに。
私「同棲じゃん羨ましいキイイ」
親友「肉くいたい」
みたいな微妙な会話ばっかりだったけど
毎日連絡とりあって惚気を聞いたり相談にも
のったり本当に幸せそうな感じで安心してた。
生活基盤がある程度整ってから
親友と親彼はアパートを借りて2人だけの同棲開始。
私は私で高校生活もうまくいってて
あっという間に一年が過ぎていった。
ある時、珍しく早朝に親友から電話が。
私「早起きだねー三文の得だねー」
親友「朝早くにごめん」
私「いーよ!どうした?」
親友「妊娠した」
私「ファッ!!??」

このページのトップヘ