地獄

77: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/08/31(土) 09:56:00.74 ID:3w+1rcZy
坊主頭のメガネ猿のような男に「お前が俺のことを好きなのは知ってる。俺のことをかぎまわっていることも、俺の彼女に危害を加えて自分が彼女の座につこうと画策していることも全部知ってるぞ」とボコられたこと。
まだ高校1年だった私をメガネ猿本人と、その彼女の弟の男二人に、夜の路地裏で小突き回され、蹴られ、往復びんたや腹パンチをくらった。
いきなりの事で、「好きではない。好きだったこともない」と何度言っても信じず、あふれ出た鼻血をみて、さらにエキサイトする二人に、このまま犯されたらどうしよう、殺されたらどうしようと考え続けた時間は地獄だった。
それまで普通に生きていただけに、人にあんなに殴られたことも初めてだったし、好きじゃないことを信用させる言葉が出ない自分にも腹が立った。
「これ以上、俺をかぎまわったら次はこの程度じゃ済ませない」と唾を吐きかけられ、2・30分後に解放された。
今だったら警察に駆け込むとかいろいろ出来ただろうことも、その当時の自分には出来なかったし、そのことを人に話すのも恐ろしかった。
後日、その男が「あれは俺の勘違いだった。俺をかぎまわっている奴は別にいた」と報告された。謝罪は無かった。
狭い町なので、いずれどこかで会うかもしれない。
その時には「私、あの件を忘れてないから。絶対に許さないから」となんの恐怖もなく言えるようになっていたいと思う。

394: 社畜 投稿日:2014/01/27(月) 23:01:01.08
会社に勤めて2年目に彼女ができ順調な日々を送ってましたがある日突然地獄になった話

上記でも書いた様に彼女ができ毎日が楽しかった、休日にはデートして幸せの絶頂でしたが彼女と付き合って2ヶ月目に
地獄に落ちました。
会議があったので先輩に書類の整理を頼まれてソレを会議室に持って行くと扉の真ん中がガラスなので中が見えました、彼女が
中にいてお茶を机に置いたりと雑用してた様です、彼女と課長(30代女性)がいて話していましたが少し変な感じがしました
課長が彼女の腰に手を回してるのです、私は「セクハラ?・・・へ?」と思いましたが彼女の顔を見ると笑っていて課長の腰に
回した手を握っていました。

265: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/06/27(木) 16:05:46.07 ID:tMEeGwBW
消化不良の話だが、消化するために書き込ませていただく。
多少フェイクも入れておく。


俺が小~中学のころ、1年上にやたらと暴力をふるう奴がいた(以下クズと呼ぶ)。
自分より弱そうな下級生にニヤニヤしながら近づいて周囲から見えないように
殴ったり蹴ったりを繰り返し、被害者が泣くのをなめるように見ながら笑う奴だった。
当時非力だった俺は、やけっぱちになって武器を持って暴れたが、
足が遅いので武器を持って追いかけても追いつけず、逆に俺が疲れたところを馬鹿にするように
いびってくる奴だった。嫌いだった。

中学へ行っても変わらず、俺が1年のころは良い3年生に恵まれてたいした被害もなかったが、
俺が2年に上がればクズは3年。横暴さに磨きがかかり下級生からは言うまでもなく嫌われる。
俺の「嫌い」は「憎悪」に変わっていた。

不憫なのは俺の1年下、クズの2年下のクズの弟。
少なくとも暴力を好まないタイプで、兄であるクズの所行に心を痛めていた。
俺がねちねちとやられているのを見て、止めようかどうしようかと涙目で見てた。

やがてクズも卒業して高校へ移ってからは、まあ平和な日々。
俺は別の高校へ行って、クズとの接触もこれっきりだった。

しかし、俺の恨みは全然晴れてなかった。復讐してないんだから当然だ。
夢にクズが出てくれば、手にしたバットで西瓜割り。もちろん一発だけじゃなく、滅多打ち。
何度も何度も夢の中でたたきのめした。辺り一面を血まみれになるくらい。
それでも夢だと気が付いて、目が覚めると、こわばった手には汗が浮かんでいた。
何度打ちのめしても所詮は夢。異常な興奮とむなしさだけが残ってて、いい加減逃げられないのかと悩んだ。

このページのトップヘ