夜中

534: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/01/30 01:06:38
夜中の3時以降に泥酔して帰ったら、その日一日は嫁の命令を絶対聞かなくてはならない
というルールが我が家にはあるんだけど、この前の飲み会で盛り上がってしまい、
酒も入ってたのでまあ1日ぐらいいいやって感じになって、帰ったのが朝方4時頃

嫁の命令は、「脚の毛全部剃ってメイド服で1日家事をしろ!」だった
嫁は元コスプレイヤー

俺「コスプレはいいけど脚の毛は無いだろ!」
嫁「誰かに脚の毛見られることあるの?」
俺「無いけどさ…」

まあいっかと思い、脚の毛剃って、洗濯したあと鼻歌を歌いつつ掃除機をかけていたら、
知らない間に嫁の友達2人が居間のドアの前で固まっていた
掃除機の轟音で気づかなかった

嫁の友達のうち一人は、固まっていたくせに突然写メとりやがった
先に事情聞けよ!

最後は事情聞いて笑ってたけど、もう二度と夜中まで飲まないと誓った

346: 名無しの心子知らず 2005/01/27 01:00:36 ID:fOXhitF0
先程の事です。スヤスヤ眠っていたムスコ@8ヵ月が突然泣きだしました。オッパイあげようとしてもダメ。
抱っこしてウロウロしても、あやしても全く泣き止まなくて、アパートの1階だから上にも隣にも近所中にも響き渡っているわけで、
もう必タヒで泣きやませようとしていました。泣き始めてから30分くらい経った頃、ピンポンとチャイムが鳴りました。
苦情だろうなぁと、かなり欝でドアを開けると、上の住人である年配の女性。私が「うるさくてスミマセン…」と言おうとするのを制して、
『怒りに来たんじゃないのよ。』と笑顔。『ちょっと抱かせてもらえる?』と言われ、ギャンギャン泣き喚くムスコを託すと、
女性が持ってきた毛布でムスコを巻いて『心配だったら一緒にいらっしゃい』と、外へ。
呆気に取られたままついていくと、5分もしないうちにムスコが泣き止み、間もなくスヤスヤと寝息をたて始めました。
『昼間だけでなくて、夜中でも気分転換してあげるといいのよ』と言いながらムスコを毛布ごと私の腕へ。
私は母がいなくて、その上旦那が単身赴任中なのですが、
『よく頑張っているわよね。偉いわ。でも、時には誰かを頼ってもいいのよ。私は他人だけど、たまには役に立つと思うわよ』
…もう涙が溢れてきて止まりませんでした。何もかも1人でやらなきゃって、ずっと溜め込んできてしまって、
育児に息詰まっていて、このままでは虐待してしまうかもと、どうにもならない思いを抱えていました。
本当に嬉しかった。涙でグチャグチャだったり、ムスコを布団に寝かせたりで、ロクにお礼も言えないまま女性は自室へ。
明日は旦那が送ってきてくれた林檎でも持ってお礼に行こうと思います。あっ!毛布も返さなくちゃ。
長文スマソでした。

このページのトップヘ