419: 恋人は名無しさん 投稿日:2011/07/04(月) 16:48:18.97 ID:EeuiPhpL0
彼に癌で1年の余命宣告されたって言われた
半月くらい泣き暮らして、覚悟と決心がついた
彼を看取りたかったので実家住まいの彼のそばに引っ越して通い妻みたいに、できれば彼と一緒に住むと決心して自分の親説得した
彼と彼のご両親に話してみてどうなるかだなあと思い彼のお母さんに電話をかけたら寝耳に水だったらしくて大騒ぎ
彼のお母さんと一緒に彼を問い詰めたら私の愛情確認のための嘘だった
いくらなんでもやりすぎだよ
私が顧客と電話をしているときは感情表現が豊かなのに俺には向けてくれないから不安になったらしい
お客さん相手に普段の雰囲気はあまり良くないから矯正して作ってただけだったのに
そんなに感情表現豊かなタイプじゃないし彼だって理解してると勝手に思い込んでいたのが駄目だったかな
私の気持ちをゴミみたいに扱われた気分になって心が粉々にされてしまって今日は仕事に行けなかった
落ち着いてきたらもう彼の事どうでもよくなってきた
親身になってくれて大きな仕事渡さないようにしてくれた上司にどう説明したらいいんだろう

9: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/09/15(火) 20:15:00 ID:L5c0UUvCO
いつの頃からか、彼が私の生理周期を完璧に把握している。
私の生理周期が安定しているので、単純に足し算すれば次が分かるんだけど、
それを頭の片隅にでも置いておく彼に引いた。キモいとさえ思った。だって私本人でさえ覚えてないのに。
だけど、3年経った今では 最早無くてはならないスケジュール機能。「次いつだっけ?」でポンと答えが返ってくる便利さよ

888: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/12/23(月) 16:11:55.40 ID:194GnVlS
5年前の事

結婚予定で同棲してたんだけど彼の借金の為彼に頼まれて泡姫になって稼いで渡してたんだけど
仕事から帰って来たら彼の荷物すべてなくてもぬけの空になってた。いつか帰ってくると思って彼の為にずっと働いていたし、ずっと彼の口座に振り込んでた。
周りに騙されてるとかいわれたんだけど彼を信じてたし、ずっと尽くすのが当たり前って思ってた
ある時旅行先で彼と奥さんと子供を見て
友人達のことが本当だったんだ…って冷めた

675: 名無しさんといつまでも一緒 2014/01/23 03:21:15
鬼と2年一緒に暮らしてたけど他にも10年付き合ってるプリがいたことが発覚
実家の母に会いに行くという話はいつも嘘だった。

こないだまた「実家に・・・」と言って出ていったので10年プリの携帯調べといて電話してあげた。
「貴方がお付き合いしてる鬼には他にもプリがいて一緒に暮らしてますが知ってましたか?」


その後鬼から連絡がなくなった。

本妻ではないし訴えられたりもしないだろうからいいんだけど
部屋の鍵だけ返してくれないかな。

120: 恋人は名無しさん 2010/05/25 00:00:52 ID:h048WAYQ0
かなり前の話だけど。巻き込まれ話。

私(私子)が経営する店(親からの相続、支店)によく来ていた常連の人(彼男)と仲良くなってつきあい始めた。
彼男を通じて仲良くなった彼男友人のA男とB子(恋人)。

ある日、彼男とA男とB子で飲もうっていうことで、友人Cの店を目指して4人で歩いてた。
Cの店の近くにある小さな公園にさしかかったところで、A男がいきなり叫び始めたのが聞こえた。
「お前、ころすぞ!」
私子とB子は彼男とA男の少し後ろをついていってる状態で、その日は雨が降っていて傘で隠れていたこともあって何が起こったのか全くわからなくて、
とりあえず彼男とA男のところへ走った。

公園の中で知らない男の人2人を前にしてA男がわめいてる。
「お前、ころすぞ!」
彼男はA男をなだめてた。
「もういいだろ、いい加減にしとけ」
走ってきた私子とB子を見て彼男とA男が、
「行こう」
何事も無かったみたいに歩いてきて、私子とB子はわけわからなかったけど、2人に促されてすぐ近くのCの店に入った。

何があったのか聞こうとする前に、5分も経たないうちにCの店に公園にいた2人の人が入ってきた。
「どうして僕らが殴られなきゃいけないのか、わからないです」
A男に詰め寄ってた。
「僕らが何したんですか」
私子は入ってきた2人を見てごく普通の人だったから、その言葉を聞いてちょっと混乱した。
その当時は、正直A男がいきなり理由も無く人を殴るような人だったとは思っていなかったから。

このページのトップヘ