恋愛

754: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/23 19:33:29 ID:sbtDWlC+
現在進行形で、衝撃現場。
生まれて初めて記憶を書き変えられる人間と遭ったわ。
心を落ち着かせるために書く。相手は元カノ。

2年前、大学時代から付き合ってた元カノに「他に好きな人が出来た」と振られ、当時は結構落ち込み、
未練たらたらで友達に愚痴ったりもしたが、交際のラスト1ヶ月くらいは浮気してたことが分かると、自分でも不思議なくらい吹っ切れた。
で、この2年間仕事に打ち込んでいたら、業界大手にヘッドハンティングされ、給料が倍くらいになった。
そんな話を土曜日の大学同窓生の忘年会でしたら、出席していた元カノの耳にも入ったらしい。

そしたら、昨日からひっきりなしにメールが来るわ電話が来るわ・・・・・・怖かったけど、一応、出てみたら、
「私たちも来年で三十路だから身を固めても良い年だろう」、「この2年間の努力は本当にすごいと思う。見直した。彼氏として及第点」、
「だから、2年前の貴方の醜態(?)は水に流してあげる」、「とりあえず、明日(つまりは23日ね)はどこでディナー食べる?」

人ってさ、本当に理解できない言動に会うと恐怖を感じるんだな。未知への恐怖っていうのかな? 
これを究明しないと怖いことが起こる!っていう妙な胸騒ぎに駆り立てられて、詳しく話を聞いてしまった。

で、元カノの話のまとめ。
2年前、俺が余りにも不甲斐ないから「俺が」新しい彼氏を容認して別れた。
その間、俺は「元カノのために」相応しい男になるべく努力を重ねた。元カノが認めれば、再び付き合う約束した(してません)。
そして、今は業界でも大手企業のポスト持ちにまでなった→だから、結婚してあげる→とりあえず、クリスマスプレゼントはティファニーね?

本当に怖かった。
俺は彼氏作ることなんて認めてないし、再会の約束だってしていない。
確かに彼女はいないが、元カノへの好意なんてもうカケラもないから、今さら付き合うつもりなんて無い。それをハッキリ告げても、
なぜか涙声で、「まだ足りないって思ってるんだね? もう頑張らなくてもいいんだよ?」と慰めるように言われて鳥肌立った。

で、さっき家の呼び鈴なったと思ったら元カノの姿が・・・・・・今居留守しながらガクブルでこれ書いてる。
家は階層ごとにオートロックだからエントランスから先は来れないけど、マジで怖い。

815: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/05(水) 00:58:38.42
24から30まで結婚していた話をしたい。
親父は、工務店を経営していて、長兄、次兄が跡を継いでいる。
俺は事務仕事が性に合っていたので、資格を取って別の事務所に勤めていた。
父の後輩にあたる人が大きな借金を作って、父の会社に転職してきた。

その人の娘が元嫁で、初めてあったのは、20の時だった。
出会いのない俺と同じ年である元嫁と結婚を周りが願っていた。
元嫁には持病があり働くことも出来ず、治療しないと子供が望めない状態だったので、俺に遠慮していた。
周りの後押しもあり、24の時に結婚した。

元嫁と結婚する時に、こんな私と結婚してくれてありがとう、
もし私と結婚生活が続けられないと思ったら、いつでもこれを出してくださいと
日付がない記入済みの離婚届をどうしてもって渡された。

俺は、元嫁の体を考えて家事の殆どもしたし、元嫁の体に効く保険外の薬も積極的に使った。
その薬の効果もあって、元嫁の体は健常体と変わらない様になっていった、
そんな俺が家事をすることが当たり前になった時に、
酒に酔った元嫁が父の借金で俺に売られたと言って泣き出した。
本当は、恋愛して色んなところの遊びに行って、楽しみたかった。
父とあなたがいなけりゃ、本当に好きな人と恋をしたかった、好きな人と結婚したかったと。
それを聞いてスーッと冷めて行ったんだよね、元嫁は、薬と酒のせいですぐに寝てしまったけど。

206: 1/2 投稿日:2013/06/23(日) 03:54:22.10 ID:ptoNCtfx
登場人物
A子…小柄で可愛いが変わってる。
B子…顔普通で性格は明るい。
私……普通。
A子、B子、私の三人は高校時代からの友達で、部活が同じだったためにそこそこいい仲だった。

高校卒業後、私とA子はともに地元の私立に進学。
B子は地元の国立大学に進学した。
大学一年の夏、A子が大学の同じ部活のA彼と付き合うことに。
私もA彼のことは知っていたので、まあまあ喜んだ。
A子はモテていたが貞操観念が強かったため、誰かに告白されても
「そういうことは結婚するまでしないがいいか」と訊くと
たいがいの男はそこで考え込むか、付き合っても「どうしても駄目か?」などと言ったりして
A子にこっぴどく振られていたのだ。
その点、A彼は私と中学からの知り合いなのだが、A子と同じく
まあ貞操観念のあるやつだったので、A子と合うだろうと思ったからだ。
何より、A子が気になると言っていた男だった。

A子とB子と私の三人で会ったとき、B子はA子の付き合いを聞いて祝福したが、
私とB子の二人で遊ぶときに「A子ばかりずるい」「私も彼氏ほしい」などと
愚痴をよくこぼすようになった。

しばらくして、B子はバイト先の六歳ほど年上のフリーターと付き合いだした。
私にも「もうエッチしちゃった(一ヶ月)」「あんたも彼氏作りなよ」などと言うように。
B子は彼氏ができたのが初めてだったため、なかなかハイになっているようで、
男ができるとこうも変わるのかと驚くほどには派手になった。
このころからA子は、そんなB子に嫌悪感を抱いたらしく、
私とA子、私とB子では会っても、A子とB子、三人で会うことはなくなった。
A子の潔癖?はB子も知っていたのだが、
「固すぎ」「彼氏がかわいそう」と馬鹿にしたような言い方だった。
その後、B子はフリーター彼氏と別れ、数回彼氏をかえるが、
最終的にB子と同じ大学の医学部の彼氏と付き合うことに。

20: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/24(木) 21:42:25.73 ID:7w9pxpXX
誰もいないかな。つい昨日家族全員で修羅場ったので初カキコ。
昨日妹が塾から帰ってくるなり部屋に閉じこもってうわーんと号泣。聞きかねた母親は妹に事情を聞きに行った。
しばらくすると母親が「ふざけるな!」と激怒しながらリビングに戻ってきた。その時点で私めちゃくちゃびびる。
因みに私高3、妹中3、両親共にいい歳。
本文長いと怒られたので続きます。

846: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/23 13:14:46 ID:oru1cPY+
私にとっての元彼の武勇伝。

社内恋愛してた元彼は身長180体重96のガチムチなんだけど優しい・・というより気が弱かった。
ずーっとイジメられっ子だったらしく、対策として体を鍛えまくったんだけど
「体は強くなってもヘタレは治らない」と本人が言っていた。

3.11の時、私は銀行に行ってて、その帰り道で被災した。
地震が一度落ち着いた所で会社に向かい、事務所に着いた時に津波に襲われた。
デスクが流されて私を取り囲み、パニックになって悲鳴をあげて居たら元彼登場!
私を肩に担いで会社の屋上まで避難してくれた。

このページのトップヘ