息子

752: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/03/02(水) 01:09:48.58
夏に奥さんと5歳の息子が行ったサッカークラブのキャンプの
ときの写真見てたら、浴場のことで奥さんと大喧嘩。
キャンプ場の大きな浴場にみんなで入ったときの写真があって、
子供も大人も男ばっかり。その中に女性は奥さんだけ。
初老の男性と奥さんが二人とも隠さずに向き合って立ち話している
ところが端っこに小さく写ってる写真があった。(大事なところは写ってない)

ちゃんと隠してたか聞いたら、はしゃぐ息子の体を洗ったり、
追いかけたりでとても隠す余裕はなかったとか。

隠さないのは下品だと言ったら、
ほとんど父親が来てたのに行かなかったあんたが悪い。
自分の恥ずかしさより子供のほうが優先でしょ?
そんなこともわからないの?子育てしてないからしょうがないか。
だって。もう頭にきて眠れない。

686: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2014/04/14(月) 16:20:10.56 ID:HQnPUXAS0.net
就職して1年しか経ってない息子が、勝手に車のローン組んで購入してきた
私は会社休んででも解約して来いってキレたら、本当に仕事休んでディーラーに行った
んで、向こうから契約書取り交わしてるから解約できないみたいなこと言われたらしく、今度は消費生活センターに行かせた
で、結局解約金払うぐらいですみそうだけど、息子は旦那ににて頭が弱いと痛感した今日この頃

132: 名無しさん@おーぷん 2015/10/21(水)16:39:42 ID:m1i
男性は実子の命日を忘れるものなのでしょうか。
数年前に愛息子が死にました。昨年までは命日を覚えていたのですが、今年になって「すっかり忘れてた。上司と飲みにいく約束をしてしまった」と言われて呆然。
旦那の兄も十年以上前に亡くなっていて、義母は毎年何かしら行動していますが、義父はすぽーんと忘れていて義母に怒られています。
ちなみに旦那も旦那兄の命日を忘れます。旦那と旦那兄は年が離れていて、幼かった旦那は旦那兄の記憶がほとんど無いため、あまりピンと来ていないのかもと思っていました。
しかし愛息子の命日(土曜日)を忘れるのは許せなく、直帰するように伝えましたが(仕事は午前終了、墓参りに行きたかった)、飲み会を優先されました。
この飲み会は別に仕事絡みの大切なものではなく、気の合う上司と語り合う遊び感覚だと旦那本人から聞いています。
義母もかなり憤慨し、何故こんなところが父ちゃん(義父)に似たのかと旦那を電話越しで説教。
死んでまだ数年、生きていたら小学生になる年齢。旦那は来年小学生だったよな、ランドセルを買おうかと私の顔色を見て頓珍漢な事を言い出す始末。
息子は来年では無く今年小学生になる年齢だと言い返したら何も言わずに就寝。
数日後には記入済みの離婚届を渡された。いつまでも未練たらしくしていたら息子も浮かばれない、次を作ろうよ!でも君がグチグチ言うなら支えきれないと言われました。

415: 名無しさん@おーぷん 2015/09/18(金)11:48:24 ID:PO5
一昨日出張がやっと終わり、4ヶ月ぶりに旦那が自宅に帰ってきた。
パパ大好きっ子の息子を驚かせるべく、息子には内緒で旦那と幼稚園のお迎えに行った。
お迎えに行くとパパを見つけた息子大興奮。
息子「パパお仕事もう行かないの!?(・∀・)一緒にお風呂入れるの!?(・∀・)」
旦那「もうお家に帰ってきたぞー!しかも1週間はパパお休みだからずーっと遊べるぞー!」
うおー!うおー!と謎の雄叫びをあげながら喜んだのはいいが喜び過ぎて過呼吸起こした。
焦るわ。

40: 名無しさん@HOME 2009/05/09(土) 22:06:02 0
息子一歳の記念に家族写真を撮りたくて予約していた。
今朝準備をしていたらトメがアポなし凸。

このトメ、息子が生まれてから自分のことを「ママ」と呼ばせようと必死で
夫が「ママのところに行っておいで」と言えば「あらーママがいいのー☆」と
自分が駆け寄っていったり、「マーマは?マーマ、言ってみ?マ・マ☆」
などとうざいことこのうえなし。私や夫が意地でも「おばあちゃん」と呼ぶので
トメまで意地になってママを貫こうとする。

うわあ…今くんなよ…と思っていたらやはりトメは目をキラッとさせて
「おめかししてどこ行くの?」と。夫が写真館だと答えると「ンマー!行くわあ☆」だって。
運の悪いことに写真館は歩いて数分の場所にあるので車で逃亡もできずしぶしぶ同行させる。

内容は息子2枚、家族1枚の計三枚。無理矢理トメをねじこまれたとしても、
あとでその1枚を除いてアルバムにしてもらえばいいや…と自分を抑えた。

案の定あたりまえのように家族写真におさまろうとするトメ。
カメラマンの女性が「あら? お ば あ ち ゃ ん も入りますか?」てw
トメは息子にだけ向かって「ママも家族だもんねー☆」とほざく。
どうでもよくなった私は無言。夫は「一枚だけだぞ」と譲歩。

カメラマンは矢継ぎ早に「○○くんのママ、もうちょっと顎引いてくださーい」
「おばあちゃんじゃなくてママです!おばあちゃん!背筋伸ばして!」
「はいオッケーじゃ次は 家 族 の み で行きましょうか!」
「おばあちゃんこちらに座って下さいねー(カメラマンの後ろの椅子)」

家 族 の み で撮った写真、私は多分近年まれに見る素晴らしい笑顔だったことだろう。
トメは自分が勝手についてきたくせにぶつぶつ文句を言っていた。
女のカメラマンなんて聞いたことないとか、背景が安っぽいとかw

あそこの写真館はこれからもずっと利用したいと思う。
カメラマンさんありがとうございます!

このページのトップヘ