手術

564: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/01/23 01:00:39
復讐した。女として生きていけないようにした。
妊娠した後に浮気してたことを知って堕胎させた。
それが原因で束縛や監視した。それ以降浮気してないのに妊娠をさせて2回堕胎させた。
3回目の堕胎手術で自然妊娠不可になった。
その後、キチガイのように振舞って離婚した。
全部演技。全部筋書きというか台本だった。

離婚する前に浮気された事を根回ししたので(浮気された時点で色々動いていたが)
俺とあいつ共通の友達に見方は居ない。あいつ側の友達の少なくても1/3も消した。

227: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/06(水) 13:40:47.22 ID:jPT37TXK
1/2
修羅場じゃないが書いてROM専に戻ります。

私が9歳の頃に両親が離婚した。
理由は父親の浮気癖らしいが詳しくは聞いた事がないので分からない。
離婚後、私は父方に引き取られました。
母は20kほど離れた所で暮らしてましたが、私が13歳になった頃に急に引越しをした。
それまでは行き来有ったものの、引越しについては何も知らなかった。
どうも知らなかったのは自分だけで身内は知っていたらしい。
この頃、父は第二の青春を謳歌しており殆ど家には帰って来ませんでした。
帰って来ないだけではなく家にお金を入れなくなり私は学校が休みの都度親戚の家を回ってお手伝いをして小銭を稼いで生活しておりました。
私自身、こんな状態の家に居るようなら、家を出て働きに出た方がマシだと考え、中学卒業と同時に寮付きの会社へ就職し家を出ました。
19歳の冬、何故か母が手術をする夢を見ました。オペ室で横になったまま私に「ごめんね」を繰り返し言っていた夢だった。
それから色々とあり20歳の夏に地元に戻り親戚の家で世話になっていたんですが、ふと叔母にその夢の話をしてしまった。
今思うと何故その夢の話を叔母にしたのか分かりませんが、その話を聞いた叔母が急に泣き出して「お母さんに対して憎しみや怒りはない?と聞いて来たので「分かれた理由も知らないし、何も言えないよ」と答えると、その夢の事について詳しく聞かれました。

181: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/01/20(月) 08:59:30.26 ID:zz36Z5td
手術を受けてドナーから内臓の一つをもらったら急に美人になった事(自分比)。
心配してた移植に伴う病状は軽くてすぐ収まり、後はリハビリだと言う時点で
自分の肌が何だかキメ細かくなり鼻が少し高くなっているのに気付いた。
家族は「手術を受けて精神的に楽になったせい」と言うが 暫くしたらさらに目が少し大きくなっていた。
さらに開脚して手前に肘をつくポーズが出来る事に気付いた。
病院で担当の先生に聞いてみたが「健康になった証拠だよ!」と言われただけ。
衝撃だが腑に落ちない。

355: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/07/06(土) 22:52:17.83 ID:lhb7/D3k
空いているようなので…
何年も前になる月曜の朝、通勤途中の父が事故にあったのが修羅場
相手は夜遊び帰りのハタチ位のフリーターで、前方の車にぶつかりそうになり自分の車をガードレールに擦りたくなくて、センターラインを越え父と正面衝突
幸い父は高級の部類に入るセダンタイプに乗っていたから、SUV車との衝突でも命拾いしたと救急隊員に言われた
病院に駆け付けると見た目に重い怪我はなかったが、首から下が動かないという父
そこからしばらく母と交代で入院に付き添うことになったが、手術の日までが一番大変だった
夜間痛くて眠れない父は、30分とたたずに朝はまだかと時間を尋ね、水分をくれ、手足を揉んでくれ、と一晩中辛そうで…体力的には付添者も辛かった
手術後、加害者が病室に謝罪にきた
手術は成功したがどこまで回復するかは不明で、寝たきりになるかもと言われていた家族は正直追い返したかったが、父は受け入れ、加害者に怪我の有無を尋ねる程に穏やかで驚いた
その後、リハビリをがんばった父は医師も驚くほど回復し、障害は残ったものの無事歩けるようになった
そんな父が初孫を無事に抱くことができたのでカキコ

138: 可愛い奥様 2009/09/22 12:48:18 ID:g26f0rCA0
色々過去の経緯があって書くのがめんどうだから書かないけど。
父が喉頭がんになって 治療方針を話し合ったとき。
 
今手術すれば5年生存率は50%以上です。と医師にいわれた。
(医師は当然「手術すんだろ」という前提で話してる)
「生きても面倒見切れない。生きててもらっても困る。
 だから手術ない。 早めにタヒんでもらいたい」と宣言して治療を放棄した。
医者は「そーですか。じゃーさっさと退院しろ」と言い捨ててそのまま出て行った。

半年後に無事タヒんだけど。
本当のタヒ因は喉頭がんではなく タヒの直前に急に発病した胃がんだった。
私がころしたことにならないように 胃がんになってくれたような気がした。

このページのトップヘ