母子家庭

670: 誘拐修羅場。 ◆c4uYIlpye. 2012/04/25(水) 17:47:52.70 0
フェイク入れながら話します。

私は母子家庭。
母は私生児として私を生んで、育ててくれた。

頭がすごく良くて、高給取りで、娘の目から見てもすごい美人。
当然のように男性から再婚のお誘いがくる。
それでも恋人一人作らず、私だけに愛情を向けて育ててくれた。

で、私が小4のときにプチ誘拐された。
勢いよく車の中に引きずり込まれたんだよね。

すぐに警察に捕まったんだけど、相手は母のストーカーだった。

母がダメなら私で我慢する。とか母の遺伝子を受け継いだ私を育てたい。とか、
私の心を手に入れたら母も手に入れることができる、とか
そもそも私がいるから母が苦労してるんだーとか供述したらしい。

629: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/11(月) 13:48:51.65 ID:H0DnYiJj
赤ちゃん~中2まで母子家庭だったけど、
小3くらいまでは母の彼氏やら、援助男が数人家に出入りしていて
兄と私が密かにあだ名をつけた大関くん(40代くらいの太ったおじさん)が
仲介者の紹介でやってきた。
通常おっさん達は、母を目当てに来ているんだけど
大関くんだけは?私目当てにやってきた(当時、幼稚園年長)
仲介者、母、大関くんは母の部屋で話をしていたけど
ふすまには誰がやったか忘れたけどメロンが通るくらいの穴があいているので
私はそこから堂々と覗いて聞いていた。
20万くらい?かそれ以上のお金を母が受け取り
母は「わかっていると思うけど汚れにはしないでちょうだいね」みたいな事を大関くんに言っていた。
仲介者と母は穴から覗いている私を見て手招きし
私は部屋に入って大関くんと挨拶させられ、よろしくねと言われた。
大関くんは土日に私を連れて、遠い動物園、遊園地、美術館、牧場、海、スケートなど
色々な所へ連れて行ってくれてご飯も食べさせてくれた。
ただ、毎回行く先々で絵を描かれた。
手は繋がれたし、肩車もされたけどそれ以上変な事はされなかった。
1年半くらいそんなのが続いたけど、私の誕生日に遊園地に行った時
「今までありがとう、元気でね」と言われ、それっきり家に来る事はなくなった。
大関くん来ないんだねとは思ったけど、特に母には何も聞かなかったけど
それからしばらくして仲介者が母に、大関くんが亡くなったと話をしていたので
割り込んで、どうして?と聞いたら、病気で亡くなったんだよとだけ言われた。

何が衝撃かと言うと、大関くんだけじゃなくて色々なおっさんが数年間出入りしていて
それが私達は外では話さないけどあまり重大な事だと受け止めていなくて
我が家では普通の光景で、高学年になって、ヤバイ家庭だと気が付いた時だと思う。

146: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/01/28(月) 19:57:05.29 ID:FkYQN02k
もう10年前になる祖父のお葬式
よくも悪くも粋で遊び人だった祖父は、飲みに行った先の女将が母子家庭だと子供にクリスマスや誕生日にプレゼントをあげ、友人たちと飲みに行くなど生活を助けていた
そのせいか色々な人から「お父さん」と慕われ、その人の子供の中には本当のおじいちゃんと思い、実の孫たちと「おじいちゃんは僕のおじいちゃんだぞ!」とよくケンカしていた
そんな祖父だからお葬式には全国から参列者が来たが、その中にひっそりと着物姿で小さい女の子を連れた女性がいた
ずっと後ろで立ち、涙を流す姿に祖父の友人及び親戚が
「あの(祖父)さんだもの。まさか・・まさか!!」
とざわつき、祖母の周りに集まり
「気をしっかりお持ちよ。あたしたちが付いているからね」
「そうだよ。(祖母)さんがこの家の妻なんだからね!!」
と祖母の手を握り励まし始めた
何のことやら?と不思議そうな祖母の横で私の母が女性を見かけ声をかけた
「ちょっと(母)ちゃん!声かけちゃだめ!!」
と色めき立つ親戚と祖父友人たち
しかし実はその女性はご主人が祖父の援助を受けていた一人で、夫の代理で来ていただけだった
泣いていたのは、祖父がずっと何くれなく支えてくれていたことを夫から聞いて、実際に祖父にも会いずっと仲良くしていたからだった
理由が分かって一同安堵でへたりこんでいた

ちなみに祖父の訃報は全国紙にも出したけど、いまだに全国から「お元気ですか?」と手紙が来る
どうやら旅行好きだった祖父は行く先々の母子家庭飲み屋にも子供たちに季節のプレゼントをしていたようです
「あの時の赤ちゃんもこんなに大きくなりました。こちらまで旅行で来たらぜひ遊びに来て下さいね」
と笑顔の写真が送られてくるのを見ると切なくなる

430: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/13(日) 21:53:45.32 ID:Yicn+aN8
数年前、直属の上司にパワハラを受けてたのが修羅場。
「実家暮らしは自立できない甘ったれ」
「お前の仕事のダメっぷりは周囲も呆れてる。誰も何も言わないのは心底お前に失望してるから」
「お前のような存在を育てた親はゴミ同然」
「臭い、汚い、目障り」
こんなことを1年以上、毎日言われ続けた。

何もしなくても涙が出て止まらなくなったり、臭いが気になって何度も自分で上着の臭いを確かめたりもした。
当時母子家庭で、父親タヒ亡時の保険金も微々たるもので、年の離れた弟と要介護の祖母のためにも絶対に仕事は辞められなかった。
自社から客先へ出向する形で上司と私しかいない職場だから誰にも相談できず、耐えるしかなかった。
あいつが異動になる時期が分かっていたから耐えられた。

今思えば暴言を録音してもっと上の上司に訴えれば良かったんだと思う。

最近やっと、フラバも起こさず薬も飲まなくて良くなったから記念カキコ。

436: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/14(月) 22:46:53.22 ID:nBubYwhe
今でもたまに思い出すもう十数年前になる修羅場。

当時私は小学生で、うちは母子家庭という環境。
母は昼はフルタイムで働いて夜も別の仕事をしていたため、ほとんど家に居ないような状況だった。
子どもの面倒を見てくれるような近しい身内も居なかったので、夜は子どもだけで留守番をしていた。
もちろん危険なものには絶対触らない、何かあったらすぐ職場に連絡する、これをキツくキツく言われていたのでしっかり守ってた。

ある日の夜、いつものように留守番をしているとピンポンが。
もう下の兄妹は寝かけていて、わたしも一緒にうつらうつらしていた為ドアには出なかったんだけど、暫くするとまたピンポン。
念のため抜き足差し足で音を立てずにドアスコープを確認すると、そこには大家さんの娘が居て、何かあったのかと思いドアを開けてしまった。(後ですごく反省した)
娘「こんばんは、お母さん居るよね?出してくんない?」
私「お母さん今居ないので、何かあるなら伝言します」
とここで娘がいきなりおかしくなった。
娘「なんで!?なんで居ないのよ!!?本当は居るんでしょさっさと出しなさいよォ!!」

長すぎって言われたので切ります。

このページのトップヘ