玄関

419: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/16 17:18:24 ID:Aw1vElHP
自分が小2の時,父の同僚Aが父の名前を騙り主婦B子と浮気してたらしく
とうとう2人で逃げてしまったらしい
ウチは限界集落で近所が遠く,その夜は満月で明るかった
その日は祖父が農作業中に怪我をして状態が思わしくなく両親共に留守

「今晩はやけに犬が吠えるなー」と思ってたらトラックが玄関に突っ込んで来た
台所から玄関の見える家の造りだったので
高1の姉が「弟ら!早くストーブの火ィ消してお隣に行け!!」
意味不だが自分ら兄弟は姉に言われた通り,自分は傍のストーブ消して
裏口から逃げ出した
中2の兄Cが引き返したので姉を迎えに行ったと思いお隣へ向かったが
何故か鍋を抱えた兄が追掛けて来た
「えっ?兄ちゃんなんで鍋持ってるん?!姉ちゃんはどうしたの?!」
「えっ?姉ちゃんは一人で逃げられるでしょ?!」
お隣に駆け込み,おじさんに姉が危険かも知れない旨伝えて
家に行ってもらった

おじさん&お兄さんに聞いたのは
トラックで突っ込んだB夫はそのまま運転席でボンヤリ
B息子はトラックから飛び降り「母ちゃんを出せ!!」と
逃げようとした姉の腕を引張り脱臼させたのだろう
姉に蹴り入れられ&パニック起こした姉に続けて何度も蹴られたんだと思う
気絶してたそうな
お兄さん「お前ん家の姉ちゃんは本当に容赦無いもんなぁ」
姉は兄を見た途端「Cは私よりシチューが大事かい!!」股間に蹴り入れられて
悶絶してたし,連絡受けて帰宅した両親から説教されてた

大人の話はよく分からんが,詐称と不倫は良くないって事と
姉がキレると怖いって事は分かった

587: 名無しの心子知らず 2014/01/24 08:37:25 ID:kyoWoCIN
朝っぱらから泥に凸くらったので厄落としカキコ。
長文で読み難かったらスイマセン

先日隣町のインドに買い物に行った際にばったり会った、同じ町内会だけどあまり顔も合わせない香ばしい泥ママA
うちの娘の買い物した商品(ファンシーグッズ)を見て「うちの娘も好きなの。チョウダイ!」と言われ、一瞬ポカーンとしてしまったらその隙に強奪されたよ・・・
袋ごと奪われたが、Aが走った先にあったベンチに足が引っ掛かり見事に転倒。
品物は取り戻したので、しらんぷりして帰って来た(町内会長さんには報告済み)

その日の夜、泥ママ来訪。
謝りに来たのかと思ったが、今まで散々香ばしい方だったので玄関で対応することにした。
話の内容は「人を転ばせておいて助けないとは何事か!」というお説教。
窃盗したうえに自業自得で転んだだけでしょ?pgrっと相手にしなかったらムキーっとなって
慰謝料代わりにこれもらってく!と玄関に置いてあった文鎮を盗った。

実はこの文鎮は、書道を趣味としてらっしゃるトメさんから頂いたもので、なぜかいつも文鎮をくださるので少々イヤゲモノ扱いされているモノ。
しかも玄関先においていたものは見た目よりすごく重いもの。
皆様お察しのとおり、泥ママは文鎮を取り損ねて文鎮は泥ママの足の上に落下。

サンダル履きだった泥ママの足の指の上にピンポイントで落下したので相当痛かったらしく足を引きずって帰っていった。

445: 名無しさん@HOME 2011/06/26 01:19:37
今朝の出来事ではありませんが初めて書きます。
朝から隣の部屋から男女の喧嘩が聞こえてきました。いつもの事なのでスルーしてたら女性の悲鳴とドスン、ガタンと物凄い音。
普段からモラハラ&DVぽい雰囲気だったのと数ヶ月前に警察沙汰があったので(詳細は知らなかった)関わらなければよかったのに、ヒートアップしてきたので怪我人が出る前に止めねば!
と何故か変な方向にテンパりうっすい壁をノックして『大丈夫ですか~?落ち着いて~!』と呼び掛けるも怒号と騒音で気付かない。壁を叩いて呼び掛けるとより一層叫び声が大きくなりドタドタと物凄い音が聞こえてきた。
こりゃ周りの目も気にならないぐらい暴れてるなと、とりあえず通報だなぁなんてケータイを取りにリビングに向かおうとしたら…
怒号と共にインターホンが鳴りました。フジコッコーどころじゃなかったです。『ぶっころすぞゴルァア!出てこいよ!ォラァアアアア!テメェ△ζαЙ※~!』そして玄関モニターには入れ墨丸出しの裸の男がドアを壊す勢いで叩いてる姿が。

476: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/11/19(月) 16:42:37.33 ID:OuMDzwo3
大変ささやかな内容で恐縮ですが。

自営をやっていた祖父が早くに亡くなったので、祖母は女手ひとつで子供を育て自営を切り盛りしたらしい。
末の孫になる私が物心ついた頃には畳む準備中といった状態だったが、それでも後始末程度の細々とした商いはやっていた。
学校が夏休みの間は仕事がある両親を置いて祖母のところに泊まりに行くことが多かったが、
その際のお手伝いの一環として、たまに来るお客さんへお茶とお菓子を出したりしていた。
多分10歳位の頃だったと思う。たまに来て祖母と商談をしていく人が来たのでいつものようにお茶とお菓子をお出しした。
たまたま祖母は電話中で、声は掛けたがすぐには出て来れそうになかった。
何となくその場に残った私はその人と軽い雑談のようなものをしていたが、途中でいきなりその場に押し倒され、その状態で抱きつかれた。
何がなんだかわからず頭の中が????状態になったところで、祖母が電話を終えて入ってきた。
祖母は血相を変えてその人を怒鳴りつけ、開放されたが相変わらず????となっている私は奥に入るよう厳命された。
その後祖母の家で孫達がお客さんにお茶を出すことはなくなった。
そのお客さんはその後もたまにやってきたが、何故か常に裏口の狭い玄関先で応対するようになり、一度も顔を見ることはなかった。

温和で優しいところしか知らなかった祖母が他人に怒鳴りつけたのも怖かったが、
その時の祖母の心中を考えると、なんというか、脇の甘い孫でごめんなさいという気持ちになる。
長じて彼が出来てもいざそういう状態になるとパニック状態になるのか体が全く動かなくなるので、
何がどうしてそうなっちゃうのかを考えていたらこのことを思い出した。
このこと自体を思いっきり忘れていたということに気がついた際の自分の心がプチ修羅場

このページのトップヘ