結婚

41: 名無しさん@HOME 2013/11/15(金) 16:44:32.50 0
金銭目的で資産家ヒッキーと結婚したのに
妊娠を機に自立すると宣言したのが修羅場

夫とは見合いで結婚した
引き篭もりを絵に描いたような人で
悪い人じゃないんだけど、暗くて他人と面と向かって話せないような人だった
大学在学中に心が折れたそうで、卒業後からほとんど家の中から出ないような生活だったらしい
ニート可という条件は、悉く見合いを断られた夫の両親が自分たちの死後を
心配した結果らしく、「金はあるから一生面倒見てくれる人を!」と
嫁というよりは世話人募集みたいだった
当時の私はお金に困っていたので、ありがたくこの話を受けることにした
夫の人間性はこの際、害がなさそうならいいかと、何かあれば逃げればいいかなって
結婚後、マンションをもらい、二人で生活することになった
私は夫の両親の話を丸々信じたわけじゃなかったので
仕事はやめずに働き続け、家事をしてハウスキーパー代は着服
私も夫も物欲ないので2~3年たつとにやける様な額がたまった
夫とは、次第に慣れたのか、少しづつ会話するようになり
一緒に家事をやったり、時たま外へ出るようになった
何の問題もない日々だったのに、妊娠が発覚して一転、夫が覚醒、
「私のおかげだ、子供に恥じない親になりたい」と突如就職活動開始

740: 恋人は名無しさん 2013/09/12 18:51:59 ID:MZSXqUcF0
結婚して一年平和に過ごせたので、記念に投下
多少のフェイクあり
長文です

スペック(当時)
彼男=元彼、2流国立大4回生、自己愛と(本人は気付いていない)劣等感で歪む。高校は公立のトップ高
私子=私、Fラン国立大3回生、面倒なことが嫌い。中高一貫の難関高出身(落ちこぼれw)

彼男とは、友達の紹介で知り合う。
初めて「???」と思ったのは付き合って3カ月のとき。
彼男が勝手に私子のケータイを勝手に見て「ほかの男とメールするなんてヒドイヨ」とDQNなのことをのうのうと言ってのけるため、私子ドン引き。
それで別れ話を切り出したら、「話し合い」と称して私子の門限(夜11時)に帰してくれない彼男。
私子母「常識ない」「私子のこと大事に思ってないんじゃないの?」と激怒。
とりあえず別れ話は顔見てだよな、と思っていた私子は会って別れようと頑張る。でも帰してくれない、というか車に軟禁!!(力づくで押さえつけられて出られない)
もういい、と着拒すると来るわ来るわロミオメール。別に浮気したわけでも暴力されたわけでもないからいっか、(めんどくさいしw)と放置。(これがすべての誤りの始まり…)
1度目の修羅場(人生初修羅場)

そのうち、彼男の本性が露呈し始める。
当時はデートDVなんて言葉普及してなかった。(鈍感すぎる私、気付かない)
・「男女の友情なんてありえない」→「男友達をすべて切れ」(男友達とは共通の友人がいなかったので、だれか交えて3人で会うとか無理)
・私の父が末期がんに→「俺と父親どっちが大事なの?」
・父の葬式→「俺、顔も見たことない人の葬式行きたくないし、線香もあげにいかない」(このときには将来結婚しようとか言われてた。私は流してたw)
・私、大学卒業し、父も亡くなったので、就職する。→「一人暮らしするなら、俺の大学の近くにして。」→そんなに不自由じゃなかったし、まあいっか。

134: 名無しさん@HOME 2012/10/21 02:56:47
かなり前の修羅場。嫁と結婚直前にカニ目当ての温泉旅館へ行った時の事。
たらふく食って、滅茶苦茶飲んで「さあ!やるぞ」って感じでエッチしたら、妙に嫁のある部分がグチュグチュとする。
嫁も違和感を感じて体を離すと、嫁の股間から大出血!当然布団も手の平3っつ分の血の跡。
呆然とする嫁を抱きかかえてシャワーへ。すると、出血はすぐ治まり痛みも何もない。
一体どこから出血したと思ったら、俺のち○ぽからだった。
すごく恥ずかしい思いをしたが、フロントに電話して病院へ、医者は「ああ、毛切れだね、たまにあるんだ」と言って大爆笑された。
笑い事じゃない!でも、俺も痛みは感じなかった。と言う修羅場でした。

199: 名無しさん@HOME 2011/10/07 15:42:19
従兄弟は田舎の落ちぶれた旧家の跡取り。妹は早くに嫁にでした。
父親はDVもある典型的勘違い親父で数年前に愛人の上で腹上タヒした。
母親は病弱で家で寝たり起きたりで、家業ができないので従兄弟が一人で
頑張っていた。

従兄弟はまあいまどきの女性に嫌われる容姿で、ずんぐりむっくりで
顔はビートたけしもどき。大人しくて、もくもくと家業に励んでいた。
親戚中が心配して見合いをさせるけど、どうにもまとまらない。
三十回はしたんじゃないかと、うちの父親が言っていたがすべて断られた
ようだ。

あんまり断られるので従兄弟も嫌になったのか、見合いをやめて三十後半になった。
ずっと入退院を繰り返していた母親がどうしても孫を見たいと言いだして
また見合いをすることになったけど、普通のお嬢さんじゃうんと言ってくれまいと
遠縁の都会で不倫をして、不倫の子を身ごもって故郷に帰ってきて子供をおろして
実家に住んでいる遠縁の女性に親が言い含めて見合いさせ、やっと結婚する事に
なった。

302: 名無しさん@HOME 2013/09/24 23:22:42
かなり昔の事で元嫁の話
当時、俺は会社の事で忙しく帰宅時間はいつも遅かった
それでも俺の帰りを待っていてくれるいい嫁だと思っていたが
結婚から2年ほど経ったある日に実家に来てほしいと弟に呼ばれた(実家は歩いて10程度)

そこで、子どもたち(弟にとっての甥、2人)を預けに来るのはやめて欲しいと言われた
最初俺は何言ってんだ?と思っていたが話を聞くと以下の事が分かった。

・結婚当初からお昼を毎日食べに来ている
・子どもが生まれてからずっと、子どもの世話をお袋にさせている
・俺が帰ってくるギリギリまで子どもたちを預け、元嫁はエステなどに行っていた(俺は帰る前に必ず連絡を入れていた)
・そのエステ代を求めてくる
・仕事で使うものを荒らされる(実家は自営業で弟が継いでいる)

などなど、出来る嫁だと思っていたらヤバイ奴嫁にしていたと顔面蒼白していたら
俺が実家に子どもを預けろと言ったと元嫁が主張していたことも判明。
そんなことするわけ無いだろ…
学生の頃手伝いとかしていたからあの大変さは分かっているつもりだ
というか、俺の帰宅時間まで起きていたのってそういう事かと地味に納得していた。

このページのトップヘ