933: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/07(日) 23:30:46
修羅場と言っていいのか解らないが。
娘が生まれてからの約一年半は、凄まじかった。
夫の立場から見れば、こっちもしんどかったけど、嫁もしんどかったろう
なと思うこと山盛り。
嫁は元々、健康状態が低空飛行で、低血圧・偏頭痛・生理不順・慢性腰痛
を抱え肉体労働には全く向いてなかった人だった。
そんな妻が産んだのは、元気すぎる女の子。
出産時の骨盤の弛緩がなかなか収縮せず、腰痛が悪化。娘が6ヶ月を回る
頃には抱っこするにも相当な覚悟が要ったと懐古してる。
合わせて健康状態も下降線で、自分が仕事の休みの週末は、半日以上寝て
いないと、月曜日から保たなかった。
で、妻が週半ばで起き上がれないと、自分が休んで娘の面倒を見てた。
普段でも、帰宅(凡そ18時)して、娘の離乳食を作り食べさせ、お風呂に
入れて寝かしつけ(この時点で約22時)深夜までやってるスーパーに買物
に出かけて、帰ってから離乳食のストックを作って寝る。(大体2時)
この間、妻は大体ダウン状態。調子が良いと娘の相手をしてる。
何せ、腰痛と腕力の無さから妻一人では、娘をチャイルドシートに乗せる
こともかなわなかった。当然、日中に買い物にも行けない。
当時、使わなかった有給休暇がプールした分も含めて50余日有ったのだが
その年の年度末には20日を下回っていた。
結局、このままではヤバイと退職し、父の仕事(自営業)を継いで時間に
縛られないようになり、何とかしたけど。