衝撃

574: 名無しさん@おーぷん 2014/06/10(火)12:36:56 ID:???
ちょっと、いやかなり長い。すまん。

高校生の時に向かいの家には当時小学校低学年の男の子(Aくん)がいたんだけど、
ここの夫婦がしょっちゅう外まで丸聞こえの夫婦喧嘩をやってて
その間外に出されてることが多かった。
それこそ雨の日も雪の日もって感じ。
ある時、台風が近づいてて外は物凄い強風だった日の夜8時頃、
俺んちの父が帰宅したらAくんが外に立ってるのを見つけた。
で、帰宅後「Aくん、うちに連れてきた方がいいんじゃないか」と言い出した。
窓から外を見たら、Aくん何か歌いながら震えてた。
それで父が向かいの家に言って、まぁ部外者が大きなお世話だったかもしれんが
一応年配者として少々説教したらしい。
で、今晩はうちで預かるから話し合うように、みたいなことを言ってきたそうだ。
今だったら児童相談所の仕事だろうが、30年も前で通報なんてことは考えもしなかった。
うちには中学生の弟もいて、3人でトランプみたいな他愛のない遊びをしたが
打ち解けてくると案外人懐こいかわいいやつだった。
翌朝母親が引き取りにきたんだけど「夫が暴力的でこの子を殴ったりしたら大変だから外に出してる。
また迷惑掛けることがあるかもしれないがよろしく」という様な事を言ってた。
その後も何度か夫婦喧嘩があって、その度にAくんは自主的にうちに避難してきた。
俺より弟の方が特に喜んでて、弟ができたような気になってたんだろうと思う。
が、半年ぐらいか(もっと短かったかも)経って夫婦が離婚した。
というより奥さんの方が子供を置いて家を出て行った。
そんな暴力男のもとに子供を置いて出ていくってのが信じられんかった。
それからすぐに父子共に引っ越して行って、何の挨拶も無かったから
何があったのか、その後どうなったのかも分からなかった。
ただしばらくはAくんがどうなるんだろうと少し心配だった。(続く)

888: おさかなくわえた名無しさん 2010/12/07(火) 19:50:22 ID:T5joIKp8
仕事先の人に連れて行かれたオカマバーで、十年ほど前から行方をくらませていた兄と再会した。
お互い目が点になったが、兄には兄の事情があるんだろうし、
向こうも
「もう一生会えないと思ってたわ!こんな所で会えるなんて!」
とか喜んでたから良かった。
お店のオカマのお姉さん達とも仲良くなって、一気に姉が沢山出来た気分。

21: 名無しさん@おーぷん 2016/03/02(水)22:02:12 ID:XcV
今日、自分が両親にとって所謂搾取用の子だった分かって、ビックリした。今まで言われてきて、ん?って思ってたこととか全部腑に落ちてた。
妹が一人いるんだけど、離婚して娘と二人暮らししてる。まだ七五三の写真を撮ってないらしいのよって母から言われて、うちの子は来年だから貯金してるって言ったら、「あんた(私)のとこ着物と写真撮影のプランを安いやつに変えて、妹ちゃんに貸してあげなよ。」って言われたの。
着物は義母とも相談しつつ進めてるから勝手に決められないし、妹にお金貸しても戻ってこないって愚痴ってるの母なんだけどね。だからなんで?意味わかんない。お金ないなら七五三やらなきゃいいでしょうって言ったら引っ叩かれて。
同じ孫なのに、うちの子が我慢すればいいって言われてショックだった。
私は百日写真もないし、七五三は妹と一緒に写ったのしかないし、成人式も着物作ってもらえなくて、写真館でレンタルして写真だけで。結婚する時も結納するだけで文句言われて式はやらなくて。
妹はでき婚なのに親が全部やってあげたけど、私はその時給料の3分の2は家に入れてた。
幼稚園から大学までお金がもったいないからって公立だったけど、妹は高校まで私立でそれも中退。
大学まで出してやったのは、私が家族の面倒を見るだけ稼げる仕事に就くためだったのに!って言われたり。

773: 名無しさん@おーぷん 2016/03/29(火)14:44:07 ID:gOP
関西のそこそこ大きな会社に就職→結婚・転居して、関東の小さな会社に転職した
そこの事務の子達は電話がとても苦手らしく、きちんとした教育をして欲しいと頼まれたので
電話応対をイチから仕込んだ
「しばらくは私の対応を見て、まねしていけばいいよ」
と私が電話応対をメインでやり、そばで見て流れを覚えてもらった

今、10人ほどの事務員が全員関西訛りの標準語になってしまった
標準語をしゃべってるつもりが、イントネーションまでは気にしてなかった
すまんかった

891: おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 21:29:04.49 ID:B9KEo72v.net
家族の死ってのはありきたりだけど、家族(兄)が自殺したことかなぁ。
原因は借金してたことだった。何に使ったのかよく分からん。
最後の持ち金は11円。車のなかに最後に食べたと思しき兄が好きだった
肉弁当みたいな空弁当箱があった。

日々の金に困って母さんの財布からも盗んでたらしい。
就職一人暮らしして何年も会って無かった自分のところにも金借りにきた。
思えばそこで気づくべきだった。

自殺したって聞いて、最初は悲しくなかったけど、遺体を見たら急に悲しくなって
涙が止まらなかった。
どうして気づけなかったのか自分を悔いたし、何とも思ってなかった兄が死んだことに
対してこんなに悲しくなる自分に凄く驚いた。それが衝撃だったかなぁ

このページのトップヘ