親戚

715: 名無しさん@HOME 2013/09/08(日) 23:46:51.24 O
流れ豚切で現在進行形の修羅場を書く。同性愛やオタクとかの話でるから苦手な人は飛ばして。携帯からだから見辛かったらスマソ


私・23歳、喪。フリーター。
A・30歳イケメン。会社員
B・25歳イケメン独身。会社員
元嫁・29歳大島優子似。Aの元嫁

私、A、Bは親戚。週に2回は必ず会うくらい親戚間の仲は良かった。

そして5年前にAが婚約を経て結婚。相手は大島優子似で清楚な感じの人だった。

907: 名無しさん@HOME 2012/08/06 20:57:01
両親を亡くして妹と二人暮らしになった時、遠縁の親戚の人が通帳を盗みに来たことかな。
首を絞められたんだけど(妹は祖父の家に泊まっていた)普段温厚な老犬が一人に噛みつき、もう一匹はギャン鳴きして
その騒ぎを聞きつけた近所の人に助けられて事なきを得たけど本当にタヒぬかと思った。
小型犬だったんだけど咬まれたオジサンの足と腕には凄く深い傷が出来ていたらしい。
犬が噛みついたことに対して盗みに来たオジサンの家族や親戚にに治療費を払え!と毎日電話の嵐だったけど、一銭も払わずに今まで来てしまった。
警察に連絡した時も「身内から逮捕者を出す気か!」と親戚中から責められたしあの時は本当に大変だった…。

152: 名無しさん@HOME 2011/02/28 21:39:42
なにをやっても「不出来な嫁」「できそこない」とウトメコトメコウト親戚一同から言われ続け、
旦那は私にでなく義実家連中に「ごめんなさい」と言う。
私には「もっと頑張れよ」

そこで不出来なできそこないは視界にいれたくないでしょーと
義実家のつきあいから消滅してみた。
帰省しない、そもそも旦那帰省の2~3日前から帰宅すらしない。
電話もメールも変更。旦那がもらしたら即拒否してまた変更。

今年のお正月のおせちはスーパーの一番安い出来合いだったらしい。
トメは酒も飲めずお給仕してウトと大げんかして、大変に空気の悪い
お正月で、親戚も挨拶もそこそこに帰ってったみたい。
コウトは彼女を紹介したかったけど、そんな空気で呼べるはずもなく
結婚じたい延期か下手すれば流れそうだって。

あとは、3月で退職予定の旦那をご返品してDQ返し完了です。
次はもっと出来た嫁さん貰えばいいと思うよ!って笑顔全開で言ったら泣かれたw

800: 名無しさん@HOME 2012/11/04 12:59:21
修羅場ってほどではないが、親戚ほど金が絡むとややこしいなと
思った話を。

父方親戚は一番近くて父のいとこで、交流が薄かったので、
年賀状のやり取り程度。顔もよくしらなかった。
父の七回忌に普通に粗供養を送った。
向こうからお礼の電話かたがた「これをご縁にまた親しくお付き合いを・・・。
あなたのお父さんには本当にお世話になりました。」と。
その後その息子の結婚式に招待されることになったり、何となく交流が復活。
折に触れ「あなたのお父さんにはお世話になった、これこれこういうところで・・・。」
と言われて、知らない話ばかりで「ふうん、父さんは影で善行を積んでたんだな、偉いな~。」
と思ってたら、向こうは父がしっかり遺産を残していることもおおよそ把握して
いたらしく、「あなたのお父さんは困ったことがあったら、言ってきなさいと
言ってくれた。だから今あなたに1千万円貸してくれとお願いする。」と。
ナニソレ!?父の口約束はその子も履行義務があるんですか?メダマドコーな論理の展開。
普通ならあなたのお父さんには世話になって恩返しできていないから、あなたに
恩返しがしたい、とかならない?
万一、1千万円踏み倒されてもウチはなんともない。親戚づきあいを維持することを
父は望むかな?と真剣に考えました。父が残した金なんで父ならどう考えるかを
優先してみたが・・・。
むこうの家に訪問した際、掻き入れどきにもかかわらず、小売の家業がさっぱりだったので
「ダメだこりゃ。」と判断する仕事がらみ脳が発動してすっぱり縁切りしました。
十三回忌はもう何も送らない。

804: 名無しさん@HOME 2013/01/27 18:32:59
祖父さんと祖母さんが別々に駆け落ちしたこと
去年の話だけど、祖父さんは通ってた飲み屋の若い女性と駆け落ち

なかなか帰ってこないから、どこかで倒れてるのかと思ったら祖父さんの身の回りの物が少しなくなってて
探さないでくれってハガキが届いた
字が汚いから本人だとすぐ分かって、警察に届けるか親戚でモメてたら駆け落ち相手の親が連絡がはいった
娘が妻子のいる人を好きになって、許されない恋だから遠くで幸せになります
って手紙で、飲み屋経由で家に来てた
まさか妻子どころか、孫もいる爺とは思わなかったろうね
相手の親は不倫心中を心配してた見たいだけど、相手が孫もいる爺さんと知って怒ってた
こちらも全く知らなかったと言うのも信じてもらえなかった

祖母さんは、「爺がいなくなって清々した」
と離婚手続きしようとしたけど、失踪人相手だとすんなりいかないようだった
親戚は親戚で、今さら離婚もないだろう
祖父さんもすぐ正気にもどるから、いい年して離婚なんて言わず待つよう祖母さんを説得していた
ある日祖母さんも消えて、「私も好きな人と暮らします」と置き手紙があった

家は残すけど、お金はおまえ達にはやらない最後の人生を謳歌する

とあって親戚はパニック
祖母さんの好きな人が誰なのか、誰も知らない
祖母さんは、アタックチャンスの児玉さんが好きだった
爺婆そろって駆け落ちするとはね

このページのトップヘ