酔っ払い

616: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/12/06(木) 01:47:17.88 ID:pWCOHVEt
文章下手ですが、
築60~70年の、壁が土壁で
ネジみたいなやつを回して閉める鍵のおんぼろ借家に
引っ越した初日が修羅場だった
父親は単身赴任で高校生の弟は友達の家に泊まりに行っていて
家には
私と母と妹二人しか居らず、男手が無かった
引っ越しの片付けに疲れたのでみんなで布団を敷いて寝てたら
深夜に玄関のドアを激しく叩く音と男の怒鳴り声がした
妹達は泣いてるし
みんなでブルブルしながら固まってると
母が『どちら様ですか?』と聞き
男「ここは俺の家だろうが!!」と

227: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/06/25(火) 18:49:30.13 ID:B6f7Z/w+
武勇伝なのかもしれませんが・・・わたしの修羅場
まとめたつもりだけど長くてスミマセン

同僚OLの披露宴&2次会帰りに一緒に参加した同僚と女二人で繁華街でタクシーに乗った。
道が混んでてなかなか進まないでいると前方に車道に出た4~5人のスーツ姿の酔っ払い。
私たちの乗るタクシーがその人達にクラクションを”プッ”(危ないよ、どいてって程度だった思う)とならしたところ、
そのうちの一人が「なんだテメ~」みたいな感じで運転手さんの窓越しにきてごちゃごちゃ言い出した。
運転手さんは「危ないですよぉ」とか言って刺激しないようにしてたんだけど
ほかの仲間2人が加わって3人で絡みだした。
(その時点で私たちは怖くて固まってた)
そのうち相手の一人がタクシーのワイパーを掴んでグニッ!と曲げてしまった。
すると運転手さんは私に向かって「お客さんすいません、110番してもらえますか?」と。
わたし→コクコクコクコクと機械のようにうなずく(同僚後日談)
そして運転手さんはなぜか横にあった缶コーヒーを手に取り車を降りる。
缶コーヒー1本あげてなだめるの?!そりゃ逆効果だ~!と思っていると、
相手が運転手さんの髪をつかんだ。
次の瞬間なんと運転手さんその缶を握ったままパンチ
それ武器?!武器なの!?
そしてあっという間に3人倒してしまった。ホントあっけないくらい。
テレビでみるような大きく振りかぶってウオリャ~って殴りかたじゃなくて
ガシッと掴んでゴンッと殴ると相手はその場にグシャと潰れるような感じ。
イメージしていたケンカと違ってなんか地味だなっていうのが本音

続きます

17: おさかなくわえた名無しさん 2009/01/17 03:08:53 ID:oDcbv2Px
夜10時くらいの、まぁまぁ空いてる電車で、気の弱そうな女子大生みたいな子が酔っ払い三人にからかわれていた。
助ける状況といえば絶対そうなんだけど、痴漢してるわけじゃなし…と様子見してたら、
私の前に立っていた、髪の毛キンキンに派手なメイクのお姉さんがコートの前を開き始めた。
さらに高級そうなシャツのボタンを二つ程外すと、叶姉妹みたいな巨乳が覗き、キュッとくびれたウエスト、
バーンと張ったヒップ、膝丈タイトの下は形のいい足にハイヒール。
うわぁ…と見とれていたら、そのまま酔っ払いのとこに行き、「子供相手におもしろいのォ?」と女の子を背中に庇った。
声も言い方も甘く誘う感じだったので、酔っ払いが調子こいてお姉さんの肩を抱いて「グヘヘヘヘ」と胸に手を伸ばした。
酔っ払いが胸に手を突っ込んだ瞬間、「この痴漢!!」と怒鳴りつけて裏拳でおっさんの顔面強打。飛び散る鼻血。
「何してんの!手を貸しなさいよ!」と周りのリーマンにも怒鳴り、三人とも捕獲されたところで駅に到着。
「警察突き出すから連れてきて!」と女王のようにリーマンに命じ、リーマンたちも「あ、はい」と応じたところで
絡まれていた女の子が「ありがとうございました!私も証言します!」。
車内の拍手に送られて、計8名は下車していきました。

335: おさかなくわえた名無しさん 2009/01/27 20:46:22 ID:74rq5z/W
8階でエレベーターに乗った。
6階レストラン街で酔っぱらったサラリーマン3人が乗り込んで来た。
そのうちの一人が横柄な口調で、操作パネルの前に立っている俺に向かって、
「おい、1階な」
と言い捨ててエレベーターの奥に入って行った。人を押しのけて。

ここで事を荒立てれば、エレベーターに乗り合わせた総勢10人が
みんな嫌な思いをする。そう思った俺は、精一杯の笑顔とほがらかな裏声で
「1階かしこまりましたァ」
の声と共に「閉」ボタンを押した。
エレベーターの中はクスクス笑いとサラリーマンの苦笑いで一杯になった。

誰も嫌な思いもせず、和やかな気分を詰め込んだエレベーターは、
無事に1階を素通りしてB2階に到着した。

このページのトップヘ