駅員

23: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2014/02/28(金) 20:47:44.68 ID:6bU/+O2q
女子高生の時頻繁に痴漢に遭遇してた。多分おとなしそうだから
その中でも一番怖かった痴漢?が本当に修羅場だった

私は三半規管がとても弱くて自律神経失調症も当時患っており、電車通学中に
気分が悪くなり途中下車することが多かった
その日も途中下車して、駅のホームで空気を吸ってベンチに座り次の電車を待っていた

その時、隣に男が座ってきた
少しハゲてて、変なマルチカラーのスーツを着てたのを覚えている
「なにしてるの?遅刻?学校行かないの?」
一見普通の声かけのようだけど、その人は完全に顔がイッてた
本能的に殺される!!と思い真冬だったのに汗がぽつぽつぽつと吹き出てきた
声をかけられただけなのに本当に怖かった
固まって身動き出来ない間に男がスカートの上から太ももに何かを当てた
サバイバルナイフだった、刃は出てなかったけれど

ナイフを見た後の記憶があやふやなんだけど、多分その後なんとかして逃げて、
駅員さんに泣きついたんだと思う
気がついたら駅員室みたいな所で泣きながら
パサパサの饅頭食べながらお母さんの迎えを待ってた。多分饅頭は駅員さんがくれた
その後お母さんとお茶したけど気分悪くて紅茶もケーキも食べれなかったのを覚えてる
学校は休んだと思う。
その人は捕まってないし実害もなかったので警察にも言ってない。

今でもその駅で一人でいるのは怖いです
お尻触られるより太もも撫でられるよりあの人に声をかけられたのが一番怖かった
その後社会人になって図太くなり、痴漢を捕まえて突き出したりもした。
それもなかなか修羅場だったけどまた別の話。

957: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/11/25(月) 20:22:15.18 ID:HfunmDS8
電車通学をしていた高校生だったときの事。

その日は英語の期末テスト当日。
テスト勉強が間に合わず、電車の中で必タヒに単語を暗記しようとプリントを睨めつけていた。
かつてないほどの間に合わなさで、本当に気が立っていた中、痴漢に遭遇。
パニックになりつつとりあえず手をつねろうとしたとき、相手が私のバッグでタヒ角になるようにしていたのに気が付いた。
そこですーっと冷静になり、バッグを上に持ち上げると、案の定、すぐ目の前に立っていたおっさんだった。
引っ込んだ手を見て何かのスイッチが入り、「さわんな!キモいんだよ」と反撃すると、鼻息が荒くなり震え出すおっさん。
「警察いく?」と睨めつけたまま聞いても、そのまま鼻息が荒く震えているばかりで、睨む女子高生と震えるおっさんという状況が次の駅に着くまで続いた。

駅でおっさんの荷物の肩紐を掴み下車。「違うんです違うんです聞いてください」「うんわかった。聞こう」「違うんです違うんです違うん(ry」「(ここまできてまだ謝罪の言葉が出てこないのか)」というやりとりをしつつ、改札へつながる階段を下りた。
駅員のいる改札口まで連れて行こうとしたのだが、改札口を目の前にして、それまでおとなしく女子高生に引きずられていたおっさんが逃げようと抵抗し始めた。
さすがに力の差には敵わず、必タヒに肩紐を掴んだまま、「駅員さん助けて!!」と叫んだら、すぐ近くを歩いていた人達が取り押さえてくれた。

37: おさかなくわえた名無しさん 2008/04/24 01:40:40 ID:sXZNCQl+
電車を待っていると駅員さんが近付いて来て「あそこの女性のチャックが開いているので、僕よりも同じ女性から言われた方が良いと思うから教えてあげて欲しい」と頼まれた。
マヌケだなと思いつつ、教えられた女性にチャックが開いている事を伝えると女性は慌ててチャックをチェックするがあいていない。

このページのトップヘ